レポートインタビュー、記者会見、舞台挨拶、キャンペーンのレポートをお届けします。

2013年11月アーカイブ

busikon-b550.jpg「大阪大好き!」上戸彩、高良健吾ご機嫌舞台挨拶『武士の献立』(松竹映画)

(2013年11月28日(木)大阪ステーションシティシネマにて)

ゲスト:上戸 彩、高良健吾

(2013年 日本 2時間01分)
監督:朝原雄三
出演:上戸彩、高良健吾、西田敏行、余 貴美子、夏川結衣、成海璃子、柄本佑、緒形直人、鹿賀丈史、ふせえり、宮川一朗太、猪野学、海老瀬はな、浜野謙太、笹野高史/中村雅俊(語り)

2013年12月14日(土)~全国ロードショー (12月7日(土)~石川先行ロードショー)

★作品紹介⇒ こちら
★公式サイト⇒ http://www.bushikon.jp/

(C)2013「武士の献立」製作委員会

 


★「大阪大好き!」上戸、高良ご機嫌舞台挨拶


 

busikon-b3.jpg松竹の正月映画『武士の献立』(朝原雄三監督=12月14日公開)の有料試写会が11月28日(木)夜、大阪ステーションシティシネマで行われ、即日完売した満員のファンの前で主演の上戸彩と高良健吾が舞台挨拶、一風変わった女性上位のホームドラマ時代劇をアピールした。

――― 最初のご挨拶。
上戸彩:
大好きな大阪に来れて、こうしてご挨拶が出来るのが嬉しいです。
高良健吾:僕も大阪は大好きです。ノリが違いますね。

―――“おいしい時代劇”ですが、台本もらってどう感じましたか?
上戸:
台本読んで、時代劇だけど強い女性だなと思いました。そこが珍しくて楽しい。いい台本をもらえて良かったです。
高良:「包丁丁サムライ」は知らなかったけど、(主人公)安信の気持ちは分かりました。

busikon-b5.jpg―――上戸さんは年上の役ですが。
上戸:お
料理上手で味覚も抜群の春です。見られた方が「上戸もこうなんだろうな」と思ってもらえて、ポイントアップしそうです。テレビドラマ「半沢直樹」からこの映画と、“いい奥さん”役が続いているので、私もそれを目指したいです。
―――高良さんは?
高良:
安信は料理が好きじゃなく、他にやりたいことがあった人です。この役は実在の人物で、その時代のレシピを参考にした料理が沢山出てきます。

―――料理の映画だから包丁の練習などは?
上戸:
江戸時代は包丁の長さも違います。私は(撮影の)1週間前に包丁が出来てきて、家で野菜をサクサク切って、慣らしていました。

高良:僕はインの2か月前から包丁さばきと殺陣はやっていました。重さも切れ味も違うし、江戸時代は座って料理するので、セットで特訓しました。
上戸:高良さんは魚1匹さばけるようになったんですよ。
高良:彼女も出来るようになりましたね。手元まで映してましたが、吹き替えなしです。
上戸:普通、ドラマだと2段ぐらいまで作って後はカラだったりしますが、この映画では7段重ねぐらいでも全部入ってましたよ。映らないところでも、料理の先生が全部作って下さいました。

busikon-b4.jpg―――金沢や能登へロケ撮影では?
高良:
日本海独特の空と海を見られたのが最高でした。ロケでは殆どホテルだったのですが、夜に美味しい魚介類をいっぱい食べました。
上戸:心が洗われましたね。美味しい空気とご飯をいっぱい食べました。アップの日に飲んだ地酒も美味しかったです。高良さんはいつの間にか消えてましたけど――(笑)
高良:上戸さんがどんどんついでくれるので、つい――(笑)

―――加賀百万石の映画ですが、大阪もかつては天下の台所と言われました。お二人は大阪は?
 上戸:
三角公園の甲賀流のたこ焼きですね。大阪に友人がいるので御堂筋線でたこ焼き屋巡りもしました。お好み焼きもいいし、最初にナベで胃袋をつかまれましたね。
高良:僕も大阪にいとこがいるので、たこ焼きは大好きで、よく食べています。
上戸:大阪駅でイカ焼きを売っていて、これがまたすごく美味しんです!

busikon-b2.jpg―――B級グルメばかりだと、ずいぶん安くつきそう。大阪はお気に入りですか?
上戸:
大阪の人はすごく温かいですね。
高良:そう、会話が全然途切れなくて、終わらない。
上戸:大阪でのライブだと、考えなくて済みます。お客さんから相の手が入るし、(ここで場内から声援が入り二人が手を振って応える)。こんな楽しく挨拶できるところが素晴らしい。

―――これから上映ですが、最後にひと言を。
高良:
こんなに手を振ってもらえるのは他の府県ではないことです。まっさらな状態で楽しんでください。素敵な料理が随所に出てくるので、危険な時間帯になるかもしれません。身近な人に美味しいものを作ってあげたい気持ちになるかもしれません。時代劇だけどテンポが早くて見やすい映画なので楽しんで下さい。
上戸:私にとっては8年ぶりの主演映画です。女性を立ててくれる素敵な映画です。

 


●映画『武士の献立』

主役は“包丁侍”。手にするのは同じ刃物でも剣ではなく包丁。3年前に大ヒットした『武士の家計簿』のそろばん侍に続く“姉妹編”と言える。

busikon-2.jpg北陸・加賀藩の料理方・舟木伝内(西田敏行)が優れた味覚と料理の腕を持つ春(上戸彩)に惚れ込み、息子・安信(高良健吾)の嫁に、と熱望する。気が強いのが災いして一度婚家から戻された春だったが、伝内の強い要望で再び嫁ぐことを決意する。だが、江戸からはるばる加賀にやってきた春を待っていたのは料理嫌いの跡取り息子。今も「剣の腕前こそ武士の値打ち」と修業に精出す親不孝者だった。春は“古だぬき”と揶揄する夫に苦労しながら料理指南を始める…。

busikon-6.jpg舟木伝内と安信親子は加賀藩に実在した包丁侍で、彼らは当時の“レシピ集”「料理無言抄」を残した。この古書をもとに、武家や庶民が実際に食べていた料理を再現した、時代劇には珍しいグルメ映画でもある。出戻りの春が控えめながら活発なキャラクターで父伝内を助け、夫安信を指導する。『家計簿』同様『献立』も時代劇というよりもホームドラマだ。

『武士の献立』は加賀騒動を背景にし、お家騒動に安信が巻き込まれ一家がピンチに陥る波乱もある。藩主の後押しで藩政改革を目指す大槻伝蔵(緒形直人)に安信らが共鳴するが、藩主が急死、実権を握った保守派の重臣(鹿賀丈史)は改革派一掃を命令する。若い安信は血気にはやって改革派一党の決起集会に加わろうとするが、春は夫の刀を抱いて逃げてしまう。

安信に叱られるのも覚悟のうえでとっさに出た春の「家を守る」行為だった。結果、安信は難を逃れ、春は父伝内から厚く感謝される…。

       (安永 五郎)

 

 

subetehakimini-b550.jpgsubetehakimini-2.jpg『すべては君に逢えたから』木村文乃、東出昌大登場!「なんば光旅」イルミネーション点灯式&舞台挨拶(2013.11.15 なんばパークスシネマ)
(2013年 日本 1時間46分)
監督:本木克英 
出演:玉木宏、高梨臨、東出昌大、木村文乃、本田翼、市川実和子、時任三郎、大塚寧々、小林稔侍、倍賞千恵子
2013年11月22日(金)~新宿ピカデリー、大阪ステーションシティシネマ、梅田ブルク7、なんばパークスシネマ、神戸国際松竹、OSシネマズ神戸ハーバーランド、MOVIX京都、T・ジョイ京都他全国ロードショー
公式サイト⇒http://wwws.warnerbros.co.jp/kiminiaeta/

作品レビューはコチラ
(C) 2013 「すべては君に逢えたから」製作委員会

subetehakimini-i1.jpg~クリスマス気分のなんばパークスに『すべては君に逢えたから』遠距離恋愛カップル役、木村文乃、東出昌大が登場!~

この冬一番クリスマス気分に浸れるロマンチック群像劇、『すべては君に逢えたから』が11月22日(金)から新宿ピカデリー、大阪ステーションシティシネマ、梅田ブルク7、なんばパークスシネマ他で全国公開される。2014年に開業100周年を迎える東京駅やその周辺を舞台に、10人のキャストが織りなすさまざまな「愛」のアンサンブルが展開する。ラブストーリーから親子愛、そして胸の奥にしまいこんだ過ぎ去りし日の想いまで、誰もがどこかで共感できるストーリーが魅力だ。中でも一番リアルなエピソードは、津村拓実役の東出昌大と山口雪奈役の木村文乃演じる「遠距離恋愛」。仙台支社で建築現場を担当している会社員と東京で仕事に打ち込むウェディングデザイナーの想いがすれ違ったり、逢いたいときに逢えない切なさがジンジン伝わってくる。

 

 

subekimi-i1.jpg同作品が公開されるなんばパークスシネマのあるなんばパークス内光の滝(2階グレイシアコート)で行われた「なんば光旅」イルミネーション点灯式では、東出昌大と木村文乃がライブアーティストの青山テルマと共にスペシャルゲストとして登壇、観客と共にカウントダウン点灯を行った。クリスマス気分がグッと盛り上がるイルミネーションの下で行われたトークショーでは、現在ドラマ撮影中で大阪に滞在している東出昌大がオフの日は淀川で釣りをしたり、鶴橋の美味しいお好み焼き屋など大阪グルメを堪能しているエピソードが続々登場。木村文乃に「大阪のおすすめ場所を教えてください」と聞かれ、「大阪城に行ったことがないなら、絶対に行った方がいいですよ!」とおススメする場面もあった。クリスマスの物語という設定ながら実際の撮影は6~7月の蒸し暑い時期に行われ、大変だったという裏話も披露し、本当のカップルのような笑顔いっぱいの2人を前に観客からも熱い歓声が飛び交っていた。

点灯式の後行われた試写会の舞台挨拶でも和やかな雰囲気で観客に手を振ってみせた東出昌大と木村文乃。等身大の2人の魅力が感じられる『すべては君に逢えたから』舞台挨拶の模様をご紹介したい。
 



subetehakimini-bh1.jpg(最初のご挨拶)
木村:こんばんは。木村文乃です。こんなにたくさんの方に観ていただけるなんて、とても幸せです。今日は短い時間ですが、よろしくお願いします。
東出:津村拓実役の東出昌大です。今日は寒い中わざわざありがとうございます。楽しんでいってください。

 

━━━大阪でお気に入りの場所は?
木村: (東出に)教えてください!
東出:新世界のあたりは昔からあまり変わっていないような昭和な街並みは歩いていて面白いです。中之島もきれいだし、面白いところはいっぱいあります。
木村:今日は夜も大阪にいるので、美味しいご飯が食べられる店も教えてほしいです。
東出:打ち上げでお好み焼きに行くって。全然関係ない話でごめんなさい!

 

━━━お2人は東京と仙台の遠距離恋愛中の恋人役ですが、すぐに役に入りこめましたか?
東出:等身大(24歳ぐらい)の男の子が仕事で一生懸命になっていて彼女にちょっと気遣いができない。よくあるパターンだと思うので、その代表みたいになれればいいなと思って演じました。
木村:今まで割と個性がはっきりして、つかみやすい役どころが多かったのですが、今回仕事と恋を頑張っている普通の女の子は今まで演じたことがなかったので、逆に悩んだりもしました。監督とお話させていただいたとき「(雪奈は)普通の女の子だから、日頃木村さんがやっていることをどんどん取り入れていきたいので、提案してほしい」とおっしゃっていただきました。現場では「私だったらこうするだろうな」と思うことを取り入れながら、役を組み立てていった感じです。

 

subetehakimini-bk2.jpg━━━撮影中はお2人で役作りを話し合われたりしましたか?
東出:つきあって3年ぐらいかなとか、プロフィールは話合ったりしましたね。撮影中はNGもほとんどなかったです。
木村:2人が揃っての撮影は、思い切り楽しいか、思い切りしんどいシーンでしたが、同い年ということもありフランクに接していただいたので、壁がなく演じることができました。
東出:楽しいときが初日で、後はずっとケンカのシーンを撮影してましたね。

 

━━━東出さんは本作が初の恋愛映画だそうですが、いかがでしたか?
東出:本当にこの映画が初の恋愛映画でよかったなと思います。東京駅での撮影初日は夜中の1時から5時ぐらいまでの撮影で、木村さんとはほぼ初対面だったので「好きな食べ物は何?」と聞いたら、「タコ」と言われたのでこちらも夜中ならではのハイなテンションで「タコ!?変わってるね」と何度も同じことを聞いてしまいました。申し訳なかったです。
木村:一緒の撮影初日からそんな感じだったので、遠距離恋愛の話ですが大変ということはなく、すんなりと演じることができました。

 

subetehakimini-b2.jpg━━━実際に演じてみて「遠距離恋愛」について感じたことは?
東出:「遠距離恋愛のいいところ」なんて自分は遠距離恋愛をしたことがないので考えたことがなかったのですが、雪奈のセリフで「遠距離恋愛のいいところ」を言われていたときは聞いていて気持ちよかったです。
木村:私自身、遠距離恋愛をしたことがないので「どうなるんだろう」と思いながらの撮影でしたが、今回は雪奈という役と私がどれだけリンクできるかが大事でした。初めて出来上がった作品を観たときに「私が遠距離恋愛するなら、こうなるんだ」と思いました。きっとこのままになるのだと、観てはいけないものを観てしまったような気分でしたね。

 

━━━女性なら共感できるシーンがたくさんありますよね?
木村:好きだからこそ伝えたい想いがあるのに言えなくて、溜めて言うということがなかなか難しいと思うんです。でも雪奈は想いを伝えることができる人なので、女性は観ていて気持ちいいのではないかと思います。

 

subekimi-b1.jpg━━━では、最後のメッセージをお願いいたします。
木村:クリスマスの東京駅を舞台にしたストーリーではありますが、本当にそれぞれの登場人物の想いが詰まっているので、ラブストーリーという一つのくくりではなく、たくさんの愛情が詰まった映画として色々な方に楽しんでいただけると思います。この作品を観た後に大切な人に逢いたくなったり、誰かに想いを伝えたくなったり、きっとそういう気持ちになっていただけると思うので、そのときはそのままの気持ちで一歩踏み出してみたら、きっとこの映画の結果のように奇跡が起きると思います。ぜひ楽しんでください。
東出:(木村の方を向いて)素晴らしい役者さんなので、今後とも木村さんのことをご贔屓のほど、よろしくお願いします!(江口由美)

BADBOYS-550.jpg漫才コンビか!?『劇場版 BAD BOYS J-最後に守るもの-』爆笑舞台挨拶

~息もぴったり!中島健人(Sexy Zone)&重岡大毅(関西ジャニーズJr.)の爆笑舞台挨拶~

ゲスト:中島健人(Sexy Zone)(19歳)、重岡大毅(関西ジャニーズJr.)(21歳)
(2013年11月3日(日)TOHOシネマズ梅田にて)

(2013年 日本 1時間37分)
原作:田中宏「BADBOYS」(少年画報社 ヤングキングコミックス刊)
監督:窪田崇  脚本:桑村さや香  音楽:牧戸太郎
主題歌:「BAD BOYS ~movie remix~」Sexy Zone (PONY CANYON) 
挿入歌:「世界で一番 孤独なLover」乃木坂46 (Sony Music Records)
出演:中島健人(Sexy Zone)、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、橋本良亮(A.B.C-Z)
岩本照・深澤辰哉・渡辺翔太(Snow Man)、重岡大毅(関西ジャニーズJr.)、
安井謙太郎・萩谷慧悟・森田美勇人・諸星翔希・七五三掛龍也(ジャニーズJr.)
橋本奈々未・白石麻衣・生駒里奈・松村沙友理(乃木坂46)/佐野和真、柿澤勇人/トリンドル玲奈、板野友美

2013年11月9日(土)~TOHOシネマズ六本木、TOHOシネマズ(梅田、なんば、二条、西宮OS) ほか全国ロードショー

公式サイト⇒ http://bbj-movie.com

 ©劇場版「BAD BOYS J」製作委員会


 

~中島健人(Sexy Zone)映画初主演!ヤンキー役をカッコよく楽しむジャニーズのメンバーたち~

 

今年4月の放送開始と同時にティーンの話題をさらった、中島健人(Sexy Zone)の初主演TVドラマ[BAD BOYS J]が、遂に映画化された。広島の覇権を争う3つのグループ、極楽蝶・ビイスト・廣島ナイツは、格闘を通じてある種の友情で結ばれ均衡を保っていた。そこへ新たな強敵エデンが現れ、過去の確執と裏切りが交錯する中、最強の男を誇る壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる。

Sexy Zone中島健人が演じるのは“極楽蝶”のトップ・桐木司。広島最強チーム“ビイスト”を率いる段野秀典にKis-My-Ft2の二階堂高嗣。ホスト風イケメン集団“廣島ナイツ”のリーダー・ヒロにA.B.C-Zの橋本良亮。ジャニーズ3グループの奇跡の競演が実現! そして、元極楽蝶のメンバー小野沢圭太に関西ジャニーズJr.重岡大毅が映画からの参戦する。ケンカの強さやルックスのカッコよさだけじゃない。友情あり、恋愛あり、ヤンキー映画とは思えないスウィートな魅力満載の熱い青春映画だ。

 映画初主演となる中島健人(Sexy Zone)と、自称「ポップ&キャッチー」の重岡大毅(関西ジャニーズJr)がキャンペーンのため特別上映会で舞台挨拶を行った。二人が会場に現れるや否や、風圧を感じられる程の絶叫が鳴り響き、さらに、ステージ上の二人は息の合ったコンビぶりで、会場を大いに沸かせた。写真を紹介できないのは残念だが、漫才師顔負けの二人の掛け合いをお楽しみ頂きたい。


〈最初のご挨拶〉 (敬称略)
中島:
皆さんこのような素敵な場にお集まり下さいまして、誠にありがとうございます。「極楽蝶」のリーダー:桐木司役の中島健人です。よろしくお願いします。
重岡:小野沢圭太役の重岡大毅です。大阪はホームなので、この映画を持って来られて嬉しく思います。

――― 重岡さんは大阪が生んだスターですよ!
中島:
大阪のスーパースターですよ!
重岡:記者さんたち、今の書いて下さいよ。
中島:何を言っても返しができる、重森くんは…。
重岡:重岡です!長いことやってるんやから、そろそろ覚えて!

――― 仲いいですね、お二人は?
中島:
5年前からの友達なんですけど、いろんなウソをつかれたりしています。入所して2年目に「オレ5年目だからさ」と言っていたのですが、1年後「ホントは2年目なんだよね」と言ったり。
重岡:東京は初めてだったので、なめられたらアカンと思ってそう言いました。でも申し訳ないと思いつつ1年引っ張りました。

――― ネタバレしない程度に、映画の見所を教えて下さい。
中島:
広島トップ3の3人のカッコ良さもありますが、劇場版からの新キャラクターの重岡大毅くん演じる小野沢圭太と岩本照くん演じる川中陽二と桐木司との三角関係というか、どこか少女漫画のようなスウィートな映画です。単なるヤンキー映画ではなくね。
重岡:男の人も女の人も楽しめると思います。

――― デートムービーにいいかも?
中島:
男性の方は、オレたちに恋するかも?

――― 重岡さんは地元大阪で公開されるお気持ちは?
重岡:
今回はヤンキー役なので、イメージが違うと言われるかも?ボク、基本ポップでキャッチーなんで!
中島:それ初めて聞いたんですが、流行らそうと思ってる?
重岡:うん、「ポップ&キャッチー」でね♪ 普段出さない男の部分を全力で出しました。自分でも映画見てびっくりしたので、皆さんも「こんな映画なんや~」と楽しんで頂けるのはないかと思います。
中島:凄いですよ!映画の中の重岡くんは、メチャメチャカッコイイですよ。今回初のモンキー役です!(爆)
重岡:ヤンキーだよ!スウィートモンキーやない!

――― 中島さんの大阪のイメージは?
中島:
にぎわってる感じ。グリコのマークの近くで写真撮ったり、その近くの本屋のカフェへ行きました。

――― 東京との違いは?
中島:
エスカレーターで立つ位置の違いかな?大阪は右側ですね。今日も左側に立っていたらオッチャンがつっかかって来て、(鼻にかかった声で)「健人、どけや」と大毅くんが注意してくれました。
重岡:オレ、そんなに鼻声か?鼻炎やんか、完全に!?
中島:オレ、シゲのものまねマジ得意!
重岡:うまいねん、それが~!ちょっと悪意感じるんやけど…?

――― 大阪は万博の時イギリス方式を導入して左側通行にしたらしいです。
重岡:
オレたち関西人は「おイギリス」ですか?
中島:じゃ、東京は?
――― アメリカ式ですね。
中島:
ヘイヘイヘ~イ!(重岡くんとハイタッチ)
重岡:欧米か!?

――― 重岡さんが中島さんを大阪のいい所に連れて行くとしたら?
重岡:
天王寺動物園ですね。この映画でダークな健人をいっぱい見てしまったから、動物見て「ああゾウさん可愛い!」とか言っているピュアな中島くんを見て癒されたい。
中島:嬉しいですね。でもボク、わざわざ天王寺動物園へ行かなくても、常に隣りにモンキーいるから!?
重岡:モンキーちゃう!まっいいや、モンキーで…。

――― 広島弁は難しかったですか?
重岡:
みっちり練習しました。特にイントネーションが難しかった。
中島:怒った時に広島弁が出て、普段は標準語を使い、メリハリを付けました。
重岡:ボクは声が高いので、声を低く抑えるのにも苦労しました。
中島:皆さんびっくりしますよ。これがシゲ?ヒゲじゃなくて!?
重岡:ヒゲがアップするんか?誰が見たいねん、そんな映画!?

――― ホント、いいコンビですね~?
重岡:
びっくりするわ、ホンマに~!
中島:ボクがこんなになれるのは、シゲといる時だけですから♪

〈最後に〉
中島:
(大声で)「皆さん、楽しんでいきますか~?」
観客:YEAH!
中島:熱い作品に仕上がっています。女の子にも見やすく、青春を味わえるような、いつまでも心に残るような映画ですので、どうかお楽しみ下さい。
重岡:全員の青春がつぎ込まれている映画になっています。随所にスウィートな場面が散りばめているので、男の人も女の人も楽しめる映画だと思います。よろしくお願いいたします。

 


 

大阪出身の重岡大毅に中島健人がツッコミを入れるというコンビぶりで、会場はドッカンドッカンと爆笑の連続で大いに盛り上がった。映画の内容は広島を舞台にしたヤンキー物語。3つのグループが覇権を争うといっても、本当は熱い友情で結ばれた仲良しだったり、大学を目指す彼女との恋物語があったり、とにかく登場する男の子も女の子もコミックから抜け出たようなカッコ良さと可愛らしさだ。同じ広島舞台の『仁義なき戦い』とは程遠い世界で、安心して見ていられる映画。

(河田 真喜子)