レポートインタビュー、記者会見、舞台挨拶、キャンペーンのレポートをお届けします。

2020年1月アーカイブ

CATS-550.jpg

人生が変わる。極上のエンタテイメント!

スペシャルライトアップ、グランフロント大阪に登場! 

全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され 続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」。イギリスを代表する詩人T・S・エリオットの詩集を元に、「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」等の 大ヒットミュージカルを手がけた制作陣の奇跡の作品が、遂に実写映画化!2020 年1月24 日(金)より日本公開となります。 


この度、映画の公開を記念し、『キャッツ』のスペシャルライトアップがグランフロント大阪「うめきた広場」に登場! JR 大阪駅北口正面に広がる「うめきた広場」は、大阪のシンボルとして幅広い方が集う憩いの場となっております。その顔とも言える 大階段ではシーズナル企画として様々な巨大影絵を展開していますが、なんと映画との取り組みは初!! 2020年最大の話題作『キャッツ』の、新たな「インスタ映えするフォトスポット」として注目を集めています! 階段を通ると、サプライズの演出も! 
 


CATS-s-550『キャッツ』スペシャルライトアップ_グランフロント大阪.png

映画『キャッツ』 グランフロント大阪 スペシャルライトアップ 概要 

■期間:2020 年 1 月 17 日(金)~2 月 29 日(土)
日没後~ ※日程は予告なく変更になる場合がございます。

■場所:グランフロント大阪 うめきた広場 大階段 <大阪市北区大深町 4-1>


CATS-500-1.jpg

『キャッツ』

■監督:トム・フーパー(『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』『リリーのすべて』)
■脚本:リー・ホール(『戦火の馬』『リトル・ダンサー』)/トム・フーパー
■製作総指揮:アンドリュー・ロイド=ウェバー/スティーヴン・スピルバーグ/アンジェラ・モリソン/ジョー・バーン
■キャスト:ジェームズ・コーデン/ジュディ・デンチ/ジェイソン・デルーロ/イドリス・エルバ/ジェニファー・ハドソン/イアン・マッケラン/テイラー・スウィフト/ レベル・ウィルソン/AND フランチェスカ・ヘイワード
■コピーライト:© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 
■公式 HP: https://cats-movie.jp/ 
 

2020年1月24日(金) ~全国ロードショー

一生に一度の体験を、スクリーンで。 <オリジナル字幕版/極上吹替版> 


(オフィシャル・リリースより)

his-bu-550.jpg

 
(2020.1.17 なんばパークスシネマ)
登壇者:宮沢氷魚、藤原季節 
 


his-550.jpg 『愛がなんだ』で昨年若い層を中心に圧倒的な支持を得た恋愛映画の名手、今泉力哉監督。その最新作で、人気急上昇中の宮沢氷魚、藤原季節を迎えて描く新たなる愛と決意の物語『his』が、1月24日(金)より全国ロードショーされる。
 
 本作が映し出すのは同性の二人の熱き恋の日々ではなく、それぞれの道を歩んでいたかつて恋人の二人が、再会してからの日々だ。ゲイであることを知られるのを恐れ、岐阜県白川町に移住し、静かに暮らしていた井川迅(宮沢氷魚)の前に、かつての恋人、日比野渚(藤原季節)が6歳の娘・空を連れて突然現れるところから始まる物語は、それぞれの過ごしてきた年月を超えて新しい関係を築いていく姿を、村人たちとの交流を交えながら映し出していく。親権を争う法廷シーンを含め、若い二人にはなかった悩み、家庭を持ったことでぶち当たる壁をリアルに描きながらも、その壁を超えようとする彼らの生き方が静かな感動を呼ぶ。
 


 1月17日、なんばパークスシネマで開催された『his』舞台挨拶付き先行上映会では、上映前、主演の宮沢氷魚、藤原季節が登壇。「みなさんと楽しい時間を共有できれば」と語った宮沢の後で、藤原は北海道出身ながら「まいど!」と見事な関西弁の挨拶を披露し、今にも漫才が始まりそうな勢いを見せた。
 

his-bu-miyazawa-240-2.jpgーー 共同生活について?
 ロケ地となった白川町の一つのロッジで10日間共同生活したという二人は、「朝から晩まで一緒にいるのに寝るときまで一緒かと最初はすごく嫌だった」(宮沢)そうだが、遅い時間までの撮影の後も、「あと30分話したら寝ようかといって、1時間ぐらい話し込む。毎日そんな感じでした」(藤原)と次第に二人でいることに馴染んできたという。その体験は演技をする上でも大いに役立ったそうで、宮沢は「迅と渚は、最初は何年も会っていないので距離感があった。それが最初の僕と季節君とのリアルな距離感でしたが、順撮りだったので、(共同生活で)僕たちが仲良くなっていくことが役にも反映された」と撮影を振り返った。
 

his-bu-fujiwara-240-2.jpg
 
 

 一方、ある日突然、白川町で暮らしている迅を、娘を連れて訪れる渚を演じた藤原は「24時間一緒にいたからこそ、氷魚君がいない時間を感じることができました。いなくなって初めて存在の大きさを知ると思ったし、白川町のロケが終わった後、東京ロケは一人で撮影しなければいけなかったので、気持ちが重かったですね」と離れることの寂しさを役に重ねたという。
 


 
 
his-bu-miyazawa-240-1.jpg

ーー キャラクターと似ている点は?
  寡黙な迅を演じた宮沢は、「迅は僕に似ている。僕は悩み事を自分で解決したい人間で、人に相談したくてもできず、自分で追い詰めてしんどくなってしまうが、迅もそういう瞬間があり、共感できました。僕はクォーターなので、インタースクールにいた頃はオアシスだったけれど、そこから一歩出るとすごく辛く、生まれたアメリカでも日本人は…と言われ、自分の居場所はどこにあるのか悩んだ時期がありました。だから生きづらさってなんだろうと常に考えながら迅を演じていました」と自身の境遇から迅の気持ちを掴んでいったエピソードを明かした。


一方、一見奔放に見える渚を演じた藤原は、「氷魚君はストレートで裏表がなくとてもピュアで、僕は物事をこねくり回して考えてしまうのですごく羨ましく感じるが、渚も迅に対する羨ましさがあるのではないか。一見発言が軽く見えたりする裏にある臆病さや弱さがあり、自分に似ていると感じた」と渚役との共通点を明かした。
 

 

his-bu-fujiwara-240-1.jpgーー お互いについて感じたことは?
 「季節君はとにかく熱く、真剣に物事に向き合う男。彼の台本を初めて見た時に、ページがちぎれそうなぐらいボロボロで、書き込みがたくさんしてあって、本当に素敵な役者さんだな思った。役者としてこうありたい」と藤原について語る宮沢。一方藤原は、「宮沢君は内側から発光しているような人」とお互いの魅力を表現した主演の二人。


 最後に「愛に溢れていて、答えがない作品。それぞれ考えることは違うと思うし、それがある種の正解で、疑問に思うことを聞いてほしいし、考えるきっかけになってほしいと思います」(宮沢)、「この映画を経て、自分は変わることができたし、自分の気持ちに正直に生きられるようになってきたと思っています。自分の近くにいる人を大切にできるような人間になりたいですし、この映画の登場人物を好きになってほしい。また嫌いだというのも愛情表現です」(藤原)と観客に熱いメッセージを送った。


 デビューアルバムが発売されたばかりの注目新人、Sano ibukiによるエンディング曲「マリアロード」が優しく包む、新しい形の愛の物語。自分らしく生きたい全ての人に送りたい作品だ。


(文:江口由美、写真:河田真喜子
 

<作品情報>

his-pos.jpg

『his』
(2020年 日本 127分)
監督:今泉力哉
出演:宮沢氷魚、藤原季節、松本若菜、松本穂香、外村紗玖良、中村久美、鈴木慶一、根岸季衣、堀部圭亮、戸田恵子他
1月24日(金)よりなんばパークスシネマ、シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸他全国ロードショー
(C) 2020 映画「his」製作委員会
 
 
 
 
 
 

諏訪監督1(シネルフレ江口).jpg

被災した街にある時間の層は、「写真には映らないけれど、映画にはなる」と思った。

『風の電話』諏訪敦彦監督インタビュー

 

  東日本大震災後、岩手県大槌町在住のガーデンデザイナー・佐々木格さんが設置した「風の電話」。大事な人を亡くした人たちが、もう一度語りかけたい言葉を伝える場として、3万人を超える人がこの場所を訪れているという。この「風の電話」をモチーフにした諏訪敦彦監督(『ライオンは今夜死ぬ』)の最新作『風の電話』が、2020124日(金)~なんばパークスシネマ、神戸国際松竹、MOVIX京都他全国ロードショーされる。

 

  津波で家族も家も失い、広島の伯母の家で暮らしている高校生ハルが、様々な人との出会いから生きる力を取り戻し、故郷、岩手県大槌町の風の電話を訪れるまでを、ハルの目線で描いた感動作。ハル役には、今最も注目され、出演作が目白押しのモトーラ世理奈。同世代の中でも類を見ない独特の存在感で、生きる目的すら失っていたハルの心の揺れや成長を体現している。脇を固める西島秀俊、西田敏行、三浦友和ら俳優陣に加え、クルド人一家が登場するシーンは、リアルなエピソードを取り入れ、今の日本を映し出すドキュメンタリー的側面も見せている。本作の諏訪敦彦監督に、お話を伺った。

 

 


 

生きろというメッセージは、『ライオンは今夜死ぬ』と通底している。

――――前作の『ライオンは今夜死ぬ』のインタビューで、諏訪監督は「ジャン=ピエール・レオと『生きていることは素晴らしいという映画にしよう』と話した」と語っておられましたが、本作は、「生きていることが素晴らしいと思えるまでの映画」とも言えます。 

諏訪:主人公、ハルの心は瀕死の状態で、なぜ生きているか分からなかった。でも、生きろというメッセージは『ライオンは今夜死ぬ』と通底しています。ずっとハルという少女の目の高さから、ただ見ていくわけですが、言葉で励ましても意味がないとみんな分かっているのです。三浦さんが演じる公平は、泣き疲れたハルを自宅に連れ帰り、ハルが「大槌から・・・」と言った時も、根ほり葉ほり聞かないでただ「食えよ」と言う。それは、生きていればいいんだというメッセージだと思うのです。

 

――――諏訪監督は広島ご出身で、広島でも映画を撮影されていますが(『a letter from hiroshima』)、最初から広島をスタート地点と決めていたのですか?

諏訪:僕がこのプロジェクトに参加した時点にあった原案は、一人の少女が熊本で被災して父を亡くし、風の電話の存在を知り、大槌町まで旅をするというものでした。ただ昨年は西日本豪雨が起き、日本は次々と被災地が生まれているので、当初の予定を変更し、岡山のあたりもロケハンに行きました。その時点では広島である必要はそんなに強くなかったですが、三浦さんが演じる男性の母を演じた別府康子さんは広島県出身で、面接でお会いした時に、偶然自身の原爆体験の話をされたのです。その時の罪悪感が演劇を始めるきっかけになったとおっしゃっていたので、ぜひその話を映画の中で話してほしいとお願いしました。それがある意味、広島から旅をスタートさせるきっかけになったと思います。

 

 

kazenodenwa-550.jpg

 

被災した街にある時間の層は、「写真には映らないけれど、映画にはなる」と思った。

――――東日本大震災から8年経ったからこそ描けたと思うことは?

諏訪:日本で撮るのは久々なのですが、僕が意識していたのは日本という国の風景を撮るということでした。撮影時、西日本豪雨から1年も経っていなかったのですが、報道ではあまり語られなくなっていましたから、そこまで被害が残っているとは思わなかった。でも実際には、ただ道路が通っているだけで、あとは被害を受けた跡が生々しく残っていたのです。逆に、ハルの故郷、大槌町の場合は、震災から8年経ち、すっかり街の様子が変わってしまった。震災の傷跡自体は見えないのです。でも8年前までの体験はハル自身の中に残っているし、色々な時間の層が街にはある。これは写真には映らないけれど、映画にはなると思いました。福島でも撮影しましたが、やはり異様な風景です。繁華街を離れると、倒壊した建物は整備され、新しい建物も建っていますが、空き地が多く、スカスカで、人もいない。フェンスの向こうは帰宅困難地域になっているわけです。そのように、簡単には映らないけれど、いろいろな層があることを映画で表現できるはずだということが、僕にとって重要なポイントでした。

 

――――流された跡がそのままのハルの実家や、出会う友人の母など、大槌町でハルが体験することは、確かに時間の層を感じさせましたね。

諏訪:ハルが大槌町に帰った時、震災で亡くなった友達のお母さんと偶然出会います。8年ぶりなので成長したハルのことが一瞬分からなかったけれど、ハルだと分かった瞬間に8年前と現在が繋がった。「大きくなったね」と言った瞬間にそのお母さんにとっての8年間が押し寄せてくるのです。自分の娘は生きていたらどうなっていたのか、こんなに大きくなっているかもと思うと、見えない悲しみが押し寄せてくる。そういう見えない時間を映画で表現することは意識しました。

 

 

kazenodenwa-500-1.jpg

傷だらけの日本でも、人々は毎日生きている。そのことを讃える視点から見ていきたかった。

――――一方、ハルが大槌町に着くまでに出会う人たちは、それぞれが傷を追っている人たちではあるけれど、ハルの心を少しずつ開く役割を果たしています。

諏訪:ヨーロッパだったらもっと危険な目に遭うと思いますが、日本は少女の旅をみんなで助けてくれる。優しいですよね。少女の旅と言えば、テオ・アンゲロプロスの『霧の中の風景』など、色々な困難を乗り超えて成長していく物語を想像しがちです。でもこの映画は悪い人が立ちはだかるような物語にはしたくなかった。こんなに傷ついている少女が、生きる力を与えていく人たちに出会う。ハルが生きる力を得ていくのに、映画が寄り添うようにしました。ロケハンで日本中を巡りましたが、どこも傷だらけ。今に始まった話ではなく、遥か前から日本は傷だらけなのです。それでも人々は毎日生きていますから、そのことを讃える視点から、日本を見ていきたいと思いました。

 

――――モトーラ世理奈さんはオーディションでのキャスティングだそうですが、その魅力は?

諏訪:モトーラさんは、西田敏行さんや三浦友和さんなどの大ベテランと共演していますが、緊張しているように見えなかった。インタビューでも共演について聞かれるそうですが、西島さんと話をした記憶がないと言うのだそうです。「ハルは話をしたけどね」と。最後の大槌町にある電話ボックスも、「私は入っていません。ハルが入ったんです」と言うのです。西田さんは「あの歳で、受けの芝居ができるのはすごい」とおっしゃっていましたし、三浦さんも「久々に映画女優を見た」と絶賛でした。

 

kazenodenwa-500-2.jpg

西島さんが悩んだクルド人とのシーンも、モトーラさんは自然に馴染み、嘘がなかった。

――――大ベテランを唸らせる演技だったのですね。男たちに絡まれているのを助け、大槌町まで連れていった森尾を演じた西島さんは、一番長く現場で一緒だったと思いますが。

諏訪:西島さんは「彼女は嘘がない」と表現されていました。西島さんが演じた森尾は、背景が難しい役なので、森尾が震災時にボランティアで助けてもらったというクルド人一家と再会するシーンはすごく悩んでいたのです。映画でもメメットさんが入国管理局に突然連行され、1年以上帰れないと家族が話していましたが、あれは本当の話で、その中で、俳優としてどういればいいのかに悩んでいた。でもふとモトーラさんを見ると、ハルとしてそこで自然に馴染み、しかも嘘がなかったのです。

 

――――ハルと森尾がクルド人一家と思わぬ交流となるシーンでは、一家の娘さんとハルが意気投合し、今までずっと無表情気味だったハルに、笑顔が生まれるのが印象的でした。今の日本の現実を映し出すシーンでもあります。

諏訪:メメットさんは、福島にも実際にボランティアに行っていたそうです。みなさん役者ではないですから、ボランティアでお世話になった人が訪ねてくるシーンであることを説明し、一緒に1時間過ごしてもらいました。モトーラさんには、同世代の女の子同士のガールズトークが重要だと思ったので、メスリーナちゃんと事前に二人で会ってもらいました。彼女はどこか、素の自分に戻っている部分があったかもしれません。移民はヨーロッパでは当たり前の問題ですが、日本も見えないだけで隣人として、身近にいるのです。

 

kazenodenwa-pos.jpg

モトーラさんは、常に周りの環境や、一緒にいる人のことを考え、それが演技を作るというやり方ができる人。

――――ハル役に対し、モトーラさんはどのようなアプローチをしたのですか?

諏訪:ハル役は、モトーラさんにとって最もやりづらいものだったようです。彼女は家族が大好きなので、小さい頃の絵本ですら、家族が別れるような悲しい話は嫌だったみたいです。だからこの台本も読めなかったし、オーディションも実は来たくなかったのだと、後々教えてくれました(笑)ハルは、昔は自分と変わらない女の子だったはずだということを起点として、ハルに近づけていきましたね。モトーラさんは、事前に人物像を構築するのではなく、その場に行き、相手を感じることによって、自分を表現するというリアクションができる俳優です。常に周りの環境や、一緒にいる人のことを考え、それが演技を作るというやり方ができる人なのです。

 

――――確かに、非常に自然な演技で、黙っているシーンが多いにも関わらず、目が離せませんでした。モトーラさんが苦労したシーンはあったのですか?

諏訪:大声で感情を吐き出すシーンは、彼女も悩んでいましたが、声を出すのが大変かと思いきや、そこで何を言うべきか悩んでいたというのです。「ここで、(お父さん)会いたいよと言ってしまったら、最後の風の電話で何を言うのか。そこまで取っておいた方がいいのではないか」と。その時は、「風の電話にたどり着くまであと3週間あるので、その時何を言いたいかは、その時にならなければわからない。だから、今の思いを吐き出して」と伝えて、後はあの本番の通りになりましたね。

 

――――風の電話は、大事な人を亡くした人にとって、誰にも言えない思いを伝えられる場所として、本当に必要で、かけがえのない場所だと思いました。実際に風の電話で撮影をして感じたことは?

諏訪:ラストシーンが成立しなければ、どうにもならなかった。今思えば、本当に無謀だったと思います。でもあのシーンは全てモトーラさんに任せました。最終日の撮影は、天候不良で2日延ばしたのですが、すごい突風で、晴れているのに木が揺れて、風で雲が流れ、光がどんどん変わっていく。モトーラさんに神様がついてくれているような、奇跡が起きている感じがしました。

 

 

言葉に出して話しかけることで、自分が変われる「風の電話」。モトーラ=ハルの中で起きた瞬間を映画で撮ることができた。

諏訪監督2(シネルフレ江口).jpg

――――モトーラさんに任せたという風の電話のシーンは、ハルの家族に言いたい言葉が溢れると同時に、これからも生きるという強い意思表示が現れ、彼女の旅を通じての成長を強く感じさせました。

諏訪:彼女は本番前まで、風の電話(ボックス)には入りませんでした。一度目のテイクは言っていることが嘘のように思え、うまくいかなかったようです。二度目のテイクの最後にハルは「私も会いに行くよ」と言います。私も会いに行くということは、私は死ぬということ。それを口にした途端、ハルの中に「私は死ぬのかな」という問いが生まれた。今死ぬのかな、今は死ねない、だからそれまでは生きる。だから、「今度会うときは、おばあちゃんになっているかもね」と変わっていくのです。最初は、死んで会えるなら、会いに行きたいと思っていても、自分がそれを口にすることで、自分が変わっていく。モトーラさんは真っ白の状態で風の電話に入っているので、自身の中で、そういう展開が起こるとは思わなかった。それこそが“風の電話”なんです。

 

――――ハルにとって、自分の思いを口にすることで、それを客観的に受け止め、試行錯誤できる空間だったのですね。

諏訪:僕は監督なので、撮影時に「カット」や「もう一度」と言う権利があるのですが、このシーンはモトーラさんがカットかどうかを決めるべきだと思いました。二度目のテイク後に「できた?」と聞き、「できたと思う」と言ってくれたので、撮影終了になりました。言葉に出して話しかけることで、自分が変われる。それが俳優のプロ的な演技の中で起きる瞬間を、この映画では撮ることができたのです。

(江口由美)

 

 


 

『風の電話』(2020年 日本 139分) 

監督:諏訪敦彦

脚本:鵜飼恭子、諏訪敦彦 

出演:モトーラ世理奈、西島秀俊、西田敏行(特別出演)、三浦友和他

2020124日(金)~なんばパークスシネマ、神戸国際松竹、MOVIX京都他全国ロードショー

公式サイト⇒http://kazenodenwa.com/

(C) 2020映画「風の電話」製作委員会

月別 アーカイブ