レポートインタビュー、記者会見、舞台挨拶、キャンペーンのレポートをお届けします。

舞台挨拶の最近の記事

PureJapanese-bu-550.JPG

孤独に生きてきた二人が出会ったとき、抑えていた狂気が目覚める。

男の狂気を描く、バイオレンス・アクション・ムービー

映画『Pure Japanese』


■日程:2022年1月12日 (水)

■場所:新宿バルト9 スクリーン9(新宿区新宿3丁目1‐26 新宿三丁目イーストビル13階)

登壇者(敬称略):ディーン・フジオカ(41)、蒔田彩珠(19)、坂口征夫(48)、松永大司監督(47)

■MC:伊藤さとり



PureJapanese-pos.jpg映像・音楽・ファッションなど様々なカルチャーシーンで活躍するディーン・フジオカ(『空飛ぶタイヤ』『海を駆ける』)が企画・プロデュースを手掛け、さらに主演も担う『Pure Japanese』1月28日(金)に全国公開となります。


『朝が来る』で渾身の演技を披露し、映画界が注目する若手女優・蒔田彩珠をヒロインに、国内外で数々の映画賞を受賞した『トイレのピエタ』、『ハナレイ・ベイ』の松永大司監督によるタッグが実現。そんな松永大司が監督、脚本は『合葬』の小林達夫による完全オリジナル作品。そして共演者として、別所哲也渡辺哲金子大地村上淳嶋田久作といったヴァラエティに富んだ個性派俳優たち、さらにDDTプロレスリングプロレスラー・元総合格闘家として活躍する坂口征夫が参加!


この度、本作の完成を記念し、完成披露舞台挨拶が開催され、本作の企画・プロデュース、主演を担ったディーン・フジオカ、共演の蒔田彩珠、坂口征夫といった豪華キャスト陣に加え、メガホンをとった松永大司監督が登壇いたしました。


PureJapanese-bu-240-1.JPG企画・プロデュースを手掛け、さらに主演も担うディーンは「シンプルに感動しています!」と完成披露舞台挨拶の開催をよろこび、「素晴らしい出会いに恵まれ、このクルー(仲間たち)と一緒に、企画立ち上げから、脚本完成、撮影オールアップ、ポスプロなど、都度都度フレッシュな感動と向き合ってきました」としみじみ語り、「まずは、お客様に観ていただくこの場所にたどりつきました!」と感謝を伝えた。「言い出しっぺなので、責任を持って最後までやり遂げることこそが、自分がやるべきことだと思っていました」と映画作りを振り返り、スタッフ、キャストだけでなく、作品を観る観客も、仲間、同志のような気持ちでいると明かすディーンに会場から労いの拍手が贈られた。

 


 

 


PureJapanese-bu-240-2.JPG蒔田は撮影中のディーンについて「自分の役だけでなく登場人物全員の役のことを考えていらっしゃいました。真っ直ぐ作品と向き合っている姿がかっこよかったです」とにっこり。蒔田のコメントに少し照れた表情を浮かべながら「現場の指揮は監督に任せて、撮影中は役者として立っていたいという思いでした」と振り返ったディーンだったが、「(現場で仕事を)お願いした人に委ねることが信頼の表現の形だと思っていました。ただ、溢れる思いが(自分の中に)あったのでしょうね。さまざまな場面でその想いが滲み出ることはありました」と微笑んでいた。ショットガンを使用したアクションシーンに挑戦した蒔田が「女子高生のアユミには自分と近いところが多いと感じていました。怖い人たちとやりあうシーンは、刺激的でした(笑)」と地元のヤクザ長山組を率いる陣内を演じた坂口を見つめ微笑むと、「すみません、怖い人で」と坂口がお詫びをする場面もあった。


PureJapanese-500-3.JPG坂口はディーンの姿から、ただならぬ決意と覚悟と侍を感じたという。「すべてにおいて真っ直ぐなんです。話をしていても、芝居をしていても。自分は曲がってばかりなので(笑)、憧れの目で見ていました」と思いを伝えると、ディーンは「恐縮です」と深々とお辞儀をした。坂口の出演は映画の勝敗を分ける大きな要素だったと説明したディーン。俳優同志のアクションは、怪我をしないようにと考え、もう一歩踏み込めない部分があるのですが、坂口さんからは“当ててくれないと困る”と言われて(笑)。その言葉が僕にとっては安心感でした」と改めて感謝を伝えた。坂口の佇まい、肉体に“強い”という説得力があるからこそ、胸を借りて思いっきり演じることができたと明かしたディーン。「坂口さんが積み上げてきたレガシーみたいなものをお借りした形です」と解説した。佇まいについては松永監督からも言いたいことがあったようで、「坂口さんは現場で本当に組長みたいになっていきました。コロナで食事に出かけられないので、坂口さんはロビーでお酒を飲んでいたのですが、気づくとそこに組の人たちが集まっている(笑)。アクションシーンの撮影でも同じ光景が見られて。アクションシーンの撮影後、ディーンさんの周りにはトレーナーの方たちが集まり、坂口さんの周りには組員がいました」と笑わせた。また、坂口は「ディーンさんってこんなに体大きかった?」と驚くことが何度もあったという。松永監督が「撮影から東京に戻ってきて、体を鍛え直したんですよね?」と坂口にツッコミを入れると、「負けていられない、という思いで鍛え直しました」と返していた。


PureJapanese-500-1.jpgタイトル『Pure Japanese』については、「現代社会においての日本人ってなんだろう」という考えがきっかけだったという。そこから、日本人っぽいという表現を検査キットによって数値化できたらというアイデアに至ったという。そのような側面もありつつ、作品としてはバイオレンスではあるが、アクション映画というエンターテイメントとして楽しんでほしいという思いも伝えていた。イベントではタイトルにちなみ「自身のピュア」について語るコーナーも。坂口は「撮影中の自分」と回答。その理由を「長山組一同、どうやったら立石(ディーン)を倒せるのか、組長としてひと肌脱ぐというピュアな気持ちで現場にいました」とコメント。蒔田は「まだ、ピュアだと思います」と微笑み、「撮影現場などで上司からきつい指導を受けている人を見ると、一緒に悲しい気持ちになったりします」とピュア度を説明していた。ディーンは「ピュアでいたいと思います」とアピール。「自分が作るものに対してピュアでいれたらいいなと思いながらやっています」と仕事、作品作りへの姿勢を表現した。そんなピュアな姿勢で仕事をするディーンについて松永監督が「ディーンさんは“こういう人と一緒にモノを作れたらいいなと思える人”です。日本のトム・クルーズになってほしい」と提案すると会場は大きな拍手に包まれる。松永監督のこの言葉に「責任重大」と照れながらも「引き続き、地道に一歩一歩、ピュアな精神で作品を作り続けていくこと大事だと思っています」と決意を述べた。


イベント最後に“今年の抱負”を訊かれたディーンは「コロナに負けないでがんばりましょう!」と力強く呼びかけた後、「コメント準備していなかったので、なんだか普通のことを言ってしまったような気もします」と少ししょんぼりとしながらも、作品に関しては「初めてのことなので、いろんな思いがあふれちゃいます。素敵なチームで作った作品です。ぜひ、楽しんでください」と笑顔で呼びかけ、挨拶を締めくくった。


PureJapanese-550.jpg

★作品概要

【ストーリー】日光大江戸村で働く立石大輔(ディーン・フジオカ)は抜群の身体能力の持ち主だが、社交性がなく、一方日本の文化に傾倒している変わった男で、周囲からは距離をおかれていた。忍者ショーでも任されているのは、立ち回りではなく効果音担当。神社で人知れず、非科学的なトレーニングに勤しむのが日課だった。同僚の送別会が行われたパブには高校生でありながら、年齢をごまかして働くアユミ(蒔田彩珠)、アユミが祖父・隆三(渡辺哲)と暮らしている土地一帯を県議・黒崎(別所哲也)と結託し、中国人ブローカーに売り払ってしまおうと画策している地元のヤクザ長山組・陣内(坂口征夫)、佐伯(二ノ宮隆太郎)らの姿も。P(ure)J(apanese)キットという、日本人の純度を図る試薬が出回っていた。結果が50%と中途半端な数字だった佐伯は腹を立て、江戸村の忍者たちにも検査を強いる。その場での検査を拒否した立石だったが、自宅でPJキットを使用してみると、数値は100%。何故か湧き上がる高揚感。


立石はショーである役に参加することになるが、アユミたちが見に来ているとき、派手に失敗してしまう。立石が立ち回りをできないのは過去に参加していた撮影現場でおこった事故によるトラウマで暴力に対するリミットをかけているのであった。アユミの家には相変わらず嫌がらせが続いていた。ある日、隆三が怪我をし、入院する。アユミと立石は黒崎の仕業だと思い込み、黒崎の事務所に乗り込むが、しらをきられ怒りを爆発させた立石は黒崎事務所を破壊する。立石は初めてアユミに己の暴力を肯定される。アユミの家の敷地は重機が搬入され、強引に掘削が着手される。アユミは立石に助けをもとめ、立石は今まで封印してきた暴力衝動を爆発させるのだった。


出演:ディーン・フジオカ 蒔田彩珠/渡辺哲 金子大地 坂口征夫(DDTプロレスリングプロレスラー・元総合格闘家)村上淳 嶋田久作 別所哲也
監督:松永大司(『ハナレイ・ベイ』『トイレのピエタ』『ピュ~ぴる』) 
脚本:小林達夫(『合葬』)
企画・プロデュース:ディーン・フジオカ 
製作:アミューズ 
企画・制作協力:ブリッジヘッド
制作プロダクション:ザフール 
配給:アミューズ 
配給協力:クロックワークス 
クレジット:©2021「Pure Japanese」製作委員会

公式サイト:https://purejapanese-movie.jp/

2022年1月28日(金)全国ロードショー


(オフィシャル・レポートより)

IMG_0218.jpg
 
「前田監督は私の10倍ぐらいエネルギッシュ」松井怜奈、単独初主演作の魅力を語る。『幕が下りたら会いましょう』公開記念大阪舞台挨拶
(2021.12.5 テアトル梅田)
登壇者:松井玲奈(主演)、前田聖来監督 
 
 私たちには「戻りたい夜」が多すぎるーーー。切ってしまった妹からの最後の電話、母が隠し続けてきた秘密、そして自分自身が向き合うのを避けてきたこと。突然の妹の死をきっかけに、今一度なおざりにしてきたことに向き合い、自分の人生の幕を上げようとする劇団主宰者の姿を描く『幕が下りたら会いましょう』が、12月3日よりテアトル梅田で絶賛公開中だ。
 
 
★幕が下りたら会いましょう_メイン.jpg
 
  12月5日に同館で行われた公開記念舞台挨拶では、本作が初単独主演となる松井玲奈、同じく本作が初長編作となる前田聖来監督が登壇した。現在は小説家としても活躍し、マルチな才能を発揮している松井は、大阪での舞台挨拶は久しぶりと前置きしながら、
「大阪で映画を見てくださったお客様に会えたのがうれしい。その作品が自分の主演作であることがとても光栄です」と喜びを表現。一方、オリジナル脚本で初の商業映画を撮った前田監督はビッグチャンスすぎて奇跡的だったと振り返りながら、
「松井さんに主演をしていただき、全国で映画が公開され、大阪で観ていただけるのがまだ信じられない気持ち」と感動醒めやらん様子。
 

IMG_0208.jpg

 コロナ禍での脚本打ち合わせや読み合わせは全てオンラインだったというが、かえって密に連絡を取ることができたという二人。脚本の早い段階からラストシーンが決まっていたことから、前田監督がラストへの思いを語り、そこに至るまでに麻奈美がどういう行動をし、どういう気持ちになれば、そのラストにたどり着けるかを重点的に話し合ったという。松井は「脚本に書かれていない麻奈美のバックボーンを知ることができ、私にとってもいい時間になりました」と撮影までの期間を振り返った。
 
 
 
   初めての本格的な演出にとにかく必死だったと撮影を振り返った前田監督は、
「松井さんはオンラインでお会いした時から今まで、ずっとお姉さん的存在で、私がうまく伝えきれない部分も噛み砕き、うまく消化した上で演技してくれる。私が言いきれなかったことを理解してやってくれることが多く、それにたくさん支えられました」
一方、松井はその熱量に言及し、「私の10倍ぐらいエネルギーがあり、質問するとシーンの意図や、答えをすごく多く出してくれました。エネルギッシュだと思うし、撮りたいものがはっきりしている。私はずっと『監督、元気だな』と思っていました」とお互いの存在を陽と陰と表現しながら、熱量の高い撮影の様子を語った。
 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3a2e.jpg

 自分の感情を出すのが苦手な性格の麻奈美役を演出するにあたり、感情が表に出る瞬間、出ない瞬間をセリフではなく、真波の行動や表情で映像にのせたかったという前田監督。感情をそぎ落とす演出の中、唯一違うイメージを要求したことも。「『恋がはじまるキラキラした感じを出してほしい』と突然言われました」という松井の演技は、「呼びかけられて『はい!』と振り返りながら言うワントーン高い声。松井さん自身が50%ぐらい入っています。麻奈美が東京に行って、浮き足立っている感じがほんの少しあればいいなと思って演出しました。もう一度見直してみてください!」と唯一のキラキラシーンをアピールする一幕も。

 さらに長年、麻奈美を支えてきた劇団の看板女優、早苗との友情について話が及ぶと、松井は「二人はお互いの足りない部分を補い合っている存在です。例えばクマのプーさんは楽観的で、一方、いつも一緒にいるピグレットは心配しすぎな性格ですが、ずっとお互いで補い合っているような関係。自分の中ではシンパシーを感じています。自分の足りないところを補ってくれる人がいるのを“プーさん理論”と勝手に呼んでいますが。みなさんにもそれを伝えたい」と持論を初披露した。
 
 

幕が下りたら会いましょう_サブ4.jpg

 
プーさん理論が思わぬ反響を呼び、名残惜しい中での最後の挨拶で「麻奈美は、周りと距離を取る孤独な存在ですが、一人で寂しいと思っていても母親や早苗、妹の尚などの視線に気づいていないだけ。視線を常に向けてもらっているという人の温かさに改めて気づくことができました。ご覧になった皆さんにとっての、足りない部分を補ってくれる大切な人を見つけてほしいです」(松井)
「家族に対しての思いを馳せる瞬間もあれば、演劇にフォーカスすると友情関係や30歳という年齢で、これからの人生をどう生きるかという大人の葛藤も見えます。色々な見え方をすればいいなと思って作りましたので、この映画を観て、何かを持って帰り、心の片隅に置いてもらえたら嬉しいです」(前田監督)
と、その思いを観客に伝えた二人。演劇やシスターフッド、そして尚を取り巻く環境にはハラスメント的な要素を取り入れながら、自分の本当の気持ちを自分なりのやり方で表現しようと前を向き始める麻奈美の姿を、ぜひ映画館で目撃してほしい。
(江口由美)
 
<作品情報>
『幕が下りたら会いましょう』
(2021年 日本 94分)
監督・脚本:前田聖来 
出演:松井玲奈、筧美和子、しゅはまはるみ、日高七海、江野沢愛美、木口健太
12月3日(金)よりテアトル梅田、なんばパークスシネマ他絶賛公開中 
公式サイト→http://makuai-movie.com/
(C) avex entertainment Inc
 
 

musico-bu-550.JPG

井之脇海、大ファンのピアニスト角野隼斗から

一足先に誕生日のお祝いに生演奏のプレゼントを!

「主演映画を多くの方に観てもらえて、

さらに生演奏まで26歳最高のスタートになりそうです」


■日程:11月22日 (月)

■場所:TOHOシネマズ日比谷 スクリーン5

登壇者(敬称略):井之脇海、松本穂香、ゲストプレゼンター 角野隼斗

■MC:伊藤さとり


 

musico-logo-2 (2).jpg


musico-550.jpg文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を2度にわたり受賞している漫画家・さそうあきらによる音楽シリーズ三部作の最終作『ミュジコフィリア』(第16回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作)が全国公開中!主人公・漆原朔を、本作で長編映画初主演となる井之脇海!朔の異母兄・貴志野大成には、山崎育三郎、朔に想いを寄せるヒロイン・浪花凪を、松本穂香が演じる。そして脇を固める阿部進之介川添野愛、さらに石丸幹二神野三鈴濱田マリといったベテラン勢が作品にさらなる厚みをもたらす。脚本・プロデューサーは『太秦ライムライト』の大野裕之が担当し、監督を務めたのは、『時をかける少女』『人質の朗読会』などを手掛け、自身も京都生まれである谷口正晃


この度、本作の公開を記念し、公開記念舞台挨拶を実施し、主演の井之脇海、共演の松本穂香が登壇し、さらにゲストプレゼンターとして大人気ピアニスト角野隼斗が駆けつけました。


musico-bu-240-1.JPG主演作が公開となった今の心境について井之脇は「今までは、番手は関係ない。主演でもセリフのない役でも、取り組み方は変わらないと思っていました。映画が公開されて、たくさんの方から“映画観たよ”“よかったよ”と声をかけていただくことが増え、知り合いからのメールもたくさん来ていて、“主演してよかった”と思うようになりました。映画に携わる身として、自分が主演する作品が公開される喜びを噛み締めています」と明かし、深々とお辞儀をした。


セリフは京ことば。関西出身の松本から井之脇へのアドバイスはあったのかという質問に松本は「アドバイスは……特にありません。私は関西出身というだけでアドバイスするなんておこがましいと思ったので。井之脇さんが何度もセリフを練習して“どうかな?”“大丈夫かな?”と確認してくるので、“大丈夫だと思います”と返事をするくらいでした。私(のアドバイス)は全然必要なかったと思います(笑)」と撮影を振り返る。これに対し井之脇は、「たくさん練習しましたが、不安はありました。お芝居で気持ちが優先し発音やアクセントにズレが出てしまうといけないので“合ってる?”とその都度、確認してもらいました。“大丈夫ですよ”と優しく答えてくれるので、本当に助かっていました」と感謝を伝えた。同じく関西出身の共演者・阿部進之介については「役柄同様、撮影以外でも僕を振り回してくれました(笑)。“その関西弁違うやろ!”って。松本さんからは飴と鞭の飴をたくさんいただき、阿部さんからは鞭でビシバシ叩かれていました」と笑顔を浮かべていた。


musico-bu-240-2.JPGNHK連続テレビ小説「ひよっこ」以来、2度目の共演となる2人。井之脇は「『ひよっこ』では、松本さんが所属するコーラス部の指導者役でした。部員が20人くらいいるコーラス部の中でも、松本さんの強いパワーを感じていたので、いつかガッツリ一緒にお芝居をしたいと感じていました。今回、松本さんが演じる凪をみたときに“あのとき感じたパワーは間違いじゃなかった”と実感しました。凪として投げてくれたパワーに呼応してお芝居ができました。ありがとうございました」と再共演のよろこびを語った。


一方の松本は「井之脇さんが演じていた雄大先生(が指導するとき)のモノマネをみんなでやっていました。実際にお話しする機会がほとんどなくて、思い出と言えばモノマネをしたなぁという薄い思い出しかありません(笑)」とおどけつつ、「今回、映画を撮影し、舞台挨拶では4回ご一緒したのですが、思っていた以上に真っ直ぐで芯のある素敵な方。そういう一面を知ることができて、またご一緒できたらいいなと思っています」と微笑み、2人で顔を見合わせて照れる場面もあった。


musico-500-2.jpg山崎育三郎との共演について井之脇は「異母兄役の大成にピッタリで、現場ではどの瞬間を切り取っても大成としていてくれたのでありがたかったです。撮影中だけでなく撮影以外でも、いつも優しいお兄ちゃんとして僕のことを見守ってくれました」と支えになっていたことを明かす。松本は「私は現場でみなさんとすぐに仲良くなれるタイプではないんです。山崎さんは人見知り全開の私に積極的に、そして優しく話しかけてくれました。“みんな、ソフトクリーム買ってあげるよ!”とか、声をかけてくれて……、おいしくいただきました(笑)。優しくて面倒見のいいお兄ちゃんという印象です」と山崎の現場での振る舞いに触れた。


イベントにはそんな山崎からのビデオメッセージが上映された。公開を祝うとともに、11月24日生まれの井之脇へ、“ハッピーバースデー”をアカペラで披露し、その美声に会場では大きな拍手が鳴り響いた。山崎のメッセージを受け井之脇は「共演の思い出とか、お互いの印象を語るものと思っていたので、答えをいろいろ準備していたのですが、まさかの“ハッピーバースデー”に感動しています」とコメント。山崎の美声に感動しすぎて「感想がまとまらない!」とアタフタしながらも「とにかくうれしいです」と満面の笑みを浮かべた。

 

musico-bu-240-3.JPG

さらに、ゲストプレゼンターとしてピアニストの角野隼斗が登場し、井之脇と松本に花束をプレゼント。第18回ショパン国際ピアノコンクールのセミファイナリストでもあり、 “Cateen(かてぃん)”名義でYouTubeでも活動する角野の大ファンだという井之脇は「動画で観ている人だ!」と大興奮。「角野さんはこんな音、絶対鳴らせないという音を鳴らすんです。音のひとつひとつに魂が感じられて、本当に大好きです」と喜びを爆発させた。トイピアノで「トルコ行進曲」を弾く動画で角野の虜になったという井之脇。「コロナ禍の支えでした」と伝えた。


12日(金)より先行上映されている京都で映画を観たという角野の「音楽とは何かを考えさせられました。葛藤がありながらも本当に音楽を楽しんでいる純真な姿に“これこそ音楽”と改めて感じました。音楽についていろいろなことを考えさせられた作品です。素晴らしかったです」という感想に井之脇は「音楽を経験している方に“音楽とはなにか”“音楽をやる意味”のようなものが届くといいなと思っていたので、映画をそのように受け取ってくださり、とても光栄です」と感無量の様子だった。


イベントでは角野が「角野隼斗 Happy Birthday To Everyone 12の調によるバースデイ変奏曲」を生演奏。圧巻の演奏に、井之脇、松本は大興奮。会場は割れんばかりの拍手に包まれた。松本は「体にじんわりと(感動が)来ています。テーマパークに来たみたいな(ワクワク気分の)感じがします」と感想をコメント。井之脇は「僕も映画の中で(天性の音楽の才を垣間見せる役として)ピアノを弾いていますが、それとは比べものにならない奥行きを感じて……。大ホールで聴いているようなスケール感に圧倒されています。主演映画の公開をたくさんの方に観ていただき、今日この舞台挨拶で育三郎さんのアカペラ、角野さんの生演奏とたくさんの素敵なものを受け取り、26歳最高のスタートになりそうです」と喜びを伝えた。


musico-pos.jpg最後の挨拶で角野は井之脇に「改めまして、映画公開そしてお誕生日おめでとうございます。お祝いできて嬉しかったです。いつかセッションしましょう」とニッコリ。松本は「この映画を通して “音楽って底知れない、こんなにパワーがあるものなんだ”と感じています。楽しく観ていただけたらいいなと思います」と笑顔で語った。井之脇は「この映画での舞台挨拶は今日で5回目ですが、行く会場、行く会場で温かいお言葉をいただいきました。初主演映画をたくさんの方に観ていただいただけでも嬉しいですが、今日は誕生日までお祝いしていただき、本当にありがとうございます。この映画は、音楽が大好きな人たちがぶつかり合いながらも成長していく物語です。理屈じゃないパワーがあります。コロナ禍でこの2年ほど、なかなか思うように本音がぶつけられない時期が続いています。しかし、そういう時期を経験した私たちだからこそ、(心に)届くものがあると思っています」と作品の魅力を改めて語り、イベントを締めくくった。


監督:谷口正晃
出演:井之脇海 松本穂香 山崎育三郎 川添野愛 阿部進之介 石丸幹二 濱田マリ 神野美鈴
配給:アーク・フィルムズ
2021/日本/113分
©2021musicophilia film partners
©さそうあきら/双葉社

 TOHOシネマズ日比谷 他 全国絶賛公開中!


(オフィシャル・レポートより)

zuttohitori-bu-550.jpg

田中みな実「周りに何を言われようとも自分が信じたまま、

たくましく生きていこうと思える作品です」

おかざき真里先生からのメッセージ&イラストも!
 


■日程:11月20日( 土)

■場所:新宿バルト9 スクリーン9(新宿区新宿3丁目1‐26 新宿三丁目イーストビル13階)

登壇者:田中みな実、市川実和子、松村沙友理、徳永えり(敬称略)

■M C:伊藤さとり(敬称略)



zuttohitori-550.jpg現代を生き抜く女性の抱える不安、寂しさ、希望をていねいに描いたおかざき真里原作「ずっと独身でいるつもり?」がついに映画化し、全国公開中!本作は、無傷では生きられない現代の女性へ贈る<わたしたちの物語>。


この度、本作の公開を記念し、公開記念舞台挨拶を実施し、主演の田中みな実をはじめ、市川実和子松村沙友理徳永えりが登壇いたしました。なお、ふくだももこ監督は本日体調不良のため、イベントを欠席となりました。


冒頭、田中が「観ていただいたお客様ですよね?いかがだったでしょうか?」と笑顔で問いかけると、会場は大きな拍手に包まれる。「実際に映画を観ていただいたお客様と対面するのは初めてなので、ちょっと違う緊張感で今、ここに立っています」と挨拶。「楽しんでいただけたようで、本当によかったです、ありがとうございます」とお辞儀した。

市川は「朝早くからお越しいただきありがとうございます。みなさんのお顔がキラキラしているのを見ることができてとてもうれしいです」と微笑んだ。

松村は「作品を早く観てほしいとずっと思っていましたが、いざ公開の日を迎えるとこんなにもドキドキするものなんだなと感じています」と緊張気味に挨拶。

徳永は会場を見渡しながら「こんなにたくさんの方が観てくださったと思うと、感無量です」と感謝の気持ちを伝えた。

体調不良のため欠席となったふくだ監督からは手紙でメッセージが届き、MCが代読。「この映画があなたやあなたの隣にいる誰かの心に届きますように」とこのご時世に映画が公開することを「奇跡」としつつ、よろこびを語った。


zuttohitori-bu-tanaka-240-1.JPG映画が公開された今の心境を訊かれた田中は1ヶ月前に完成披露試写会をやらせていただきましたが、そのときとはまた違う高揚感と言いますか、緊張感がある中で、今日この日を迎えました。昨日、いつも行っているお魚屋さんで『公開おめでとうございます』と言われたりして。こんなにみなさん(映画公開を)知ってくださっているんだなということがとてもうれしくて。しかも今日はこんな朝早い時間にもかかわらず満席で観ていただけたことをすごく幸せに思います」と感激の様子だった。


映画のタイトルにちなみ、「ずっと続けていること、ずっとやめられないことは?」という質問に田中は「領収書の整理をその日のうちにすること」と回答。さらに「ためてしまうと大変だから毎日仕分けするようにしています」とし、「毎日やらないと気が済まなくなっていて、整理しやすくするために(領収書をためないように)お財布を小さくしたりしています」とやめられない理由と続けるコツを明かした。「領収証どうしてる?」と訊かれた松村は「たまってます」と苦笑い。市川も「私は(領収書の整理も含めて)“いつかやる”といってやらないのがやめられないです」とにっこり。徳永は「お財布の話が目からウロコでした。大きい長財布を使っているので、すぐにやめます」と宣言していた。「整頓上手ですね」という市川の言葉に田中は「なんでもしまう癖があります」と回答。「何も出しっぱなしにしないので、うちは何もないです」と綺麗に片付いている様子を明かした。


zuttohitori-bu-ichikawa-240-1.JPG市川は田中のコメントを聞きながら「自分とは全く違う、真逆だと思いました」とコメントしつつ「唯一続けられていることがモデル業です。限界までいきたいなと最近思うようになりました」と語り、がんばるために体重計を買って、“体作りをしたいと思っている”と、宣言。市川から「ズボラでも続けられる美容法を教えて」とリクエストされた田中が「お風呂上がりにしばらく裸で過ごし、クリームとかをたっぷりと塗り込むこと」と答えると、「裸でいて寒くないんですか?」と驚く市川に「部屋を加湿するのがおすすめです」としっかりと美容のコツを伝えていた。「加湿!そうか」と納得した市川は「できることからはじめてください」という田中のアドバイスに「はい!」と元気に答えて会場を和ませた。

 

zuttohitori-bu-matsuura-240-1.JPG睡眠がやめられないことだという松村は「お休みの日は20時間くらい寝ています」と告白。「いくらでも寝られる」という松村に「ちょっと心配だよね」という田中だったが、市川は「そのうち寝られなくなるから大丈夫」と微笑む。すると松村は「そう思ったのですが、母は今でもよく寝られるそうなので、もしかしたら遺伝かもしれません。一生寝れちゃうかも(体質なの)かも」とおどけた表情を浮かべていた。「寝ることは肌にいいって言いますよね?」とMCがフォローすると田中は「(美容に良いのは)適度な睡眠ですよね(笑)。7時間とかよく言いますけれど」とコメントし、「お腹空いたりしないの?」と松村に質問。「まったく空かないです」とケロッとして笑わせた。
 

zuttohitori-bu-tokunaga-240-1.jpg変顔がやめられないという徳永は「すぐふざけちゃうんです。舞台挨拶や撮影のときはちゃんとしているのですが、カットがかかると変顔をしたくなるんです。張り詰めた空気がおもしろくなってすぐ変な顔をして、写真とかもすごくふざけてしまうので、マネージャーさんにも“こういう写真は使えない”って怒られることもよくあります」と微笑む。田中が「今、(変顔)していいですよ」と促すと「そう言われると思ったのですが(笑)、今はこのモードでちゃんとしたままでいかせてください」と徳永がお願いする場面もあった。


イベントではサプライズでおかざき真里先生からのお手紙&キャスト似顔絵イラストを紹介されると、田中は「原作があるものは原作の先生が(映画を観て)どう思われるのか、というのが演じる側としてはとても気になるものなので、おかざき先生のメッセージを聞いてホッとしています」と安堵の様子。イラストを描いてもらったことはほとんどないという田中は「持って帰って、家宝にします!」とよろこびを爆発させた。イラストを見つめながら市川は「ちゃんと特徴を捉えてくださり、ありがとうございます!」とニコニコ。松村は「先生の他の作品も大好きなので、続編期待しちゃうぞという気持ちです」とし、「今日も、スパイシーピンクちゃんで来ました」とイラストと衣装のリンクについても触れた。徳永は「とても綺麗に描いていただいてすごくうれしいです。役に共感してくれたという先生の言葉に安心しました」と微笑んだ。


最後の挨拶で、田中は「この映画は、結婚している、していない、子どもを産むとか産まないとか、そういうことにとらわれず、周りに何を言われようとも、自分が信じたまま、たくましく生きていこうという作品になっています。そんなことを感じながら楽しんでいただきたいです」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。
 


●オフィシャルスチール&おかざき先生からのイラストデータはこちら⇒


zuttohitori-田中みな実&ふくだ監督.jpg

(田中みな実とふくだももこ監督)

<ふくだももこ監督からのメッセージ(全文)>

このご時世に無事、映画が公開されること、奇跡みたいなんてよく言いますが、本当に奇跡なんです。どうかこの映画が、あなたや、あなたの隣にいる誰かの心に届きますように。観終わった後、新宿の街を風のように、かろやかに歩くあなたの姿を想像しながら"一緒に生きていこうね"と、エールをおくります。

PS.もしベビーカーで困っている人がいたら、まみのように迷わず「手伝いますよ」と声をかけてください。そうやって世界は、少しずつ良い方向に変わっていくと信じています。

 

<おかざき真里先生からのお手紙(全文)>

このたびは素敵な映画に仕上げていただき誠にありがとうございます。ご覧になったみなさんの背中をそっと押してくれるような、少し勇気が出るような、そんな気持ちになってくれると嬉しいです。

田中みな実さま:主演が決まった時、私はもちろんですが大学生の娘が「すごい!」ととてもはしゃいでいました。柔らかい空気をまといつつ、凛とした背中を広い世代に見せていただける存在感が素敵すぎました。

市川実和子さま:CUTiEで育った私にとって、憧れの存在でした。そしてその頃からお変わりない輝きがすごい。出演していただき本当に嬉しいです。

松村沙友理さま:原作にはない役ですが、今から漫画を描くならぜひ登場させたいキャラクターでした。今風だけれど難しい役どころ、映画の中で「スパーシーピンク」な存在、とても素敵でした。

徳永えりさま:子育てをしている身として、鎖骨が砕けるくらいうなづきました。独身もお母さんも同じ人間なのだと、説得力のあるキャラクターをありがとうございます。

みなさま本当にありがとうございました。
 


『ずっと独身でいるつもり?』

原作:おかざき真里(原案:雨宮まみ)「ずっと独身でいるつもり?」(祥伝社フィールコミックス) 
出演︓田中みな実 市川実和子 松村沙友理 徳永えり 稲葉友 松澤匠 / 山口紗弥加 / 藤井隆 / 橋爪淳 / 筒井真理子
監督︓ふくだももこ  脚本:坪田文 
音楽:池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)  
主題歌:にしな「debbie」(WARNER MUSIC JAPAN)
配給︓日活
公式サイト︓https://zuddoku-movie.com/  
公式twitter︓ @zuddokumovie  公式instagram︓@zuddokumovie
(C)2021日活

全国絶賛公開中!


zuttohitori-pos.jpg

【ストーリー】

10年前に執筆したエッセイから一躍有名作家となった本田まみ(田中みな実)、36歳、独身。女性の幸せの価値を赤裸々に綴り、読者の支持を得たが、それに次ぐヒット作を書けずにいる。世間の需要に応えつつも、作家として迷走中にあるまみは、自身の年齢に対して事あるごとに周囲から「ずっと独身でいるつもり?」と心配されている。さらに、配信番組でのまみの発言に「空っぽになった」と感じ、失望する元ファンの由紀乃(市川実和子)。夫への小さな不満を抱えながらインスタ主婦を続ける彩佳(徳永えり)。パパ活女子として生計をたてつつも、若さを失うことに怯える美穂(松村沙友理)。異なる生きづらさを抱える4人が踏み出した小さな一歩とは?
 


(オフィシャル・レポートより)

 
 

sayonaraamerika-bu-550.JPG

日時:11 月 12 日(金)16:50~17:10
場所:大阪ステーションシティシネマ スクリーン 1

登壇者:細野晴臣、佐渡岳利監督



「ボーっと生きて来た」と自虐トーク連発の細野晴臣さん

その世界観にいま魅了される理由(わけ)

 

一昨年の2019年に、なんと音楽活動開始から50周年を迎えた細野晴臣さん、74歳。ロック、フュージョン、テクノポップにワールドミュージックなど、ジャンルを超えた唯一無二の世界観で音楽ファンを魅了してきた。そんな細野さんの2019年5月から6月にかけてニューヨークとロサンゼルスで行われたアメリカツアーを収めたドキュメンタリー映画『SAYONARA AMERICA』が11月12日(金)から全国にて公開されている。貴重なライブ映像の興奮と共に、観客の反響やコロナ禍での最新トークを盛り込んだ、気負わずいつも自然体の細野さんの魅力あふれる作品となっている。


sayonaraamerika-bu-ho-240-1.JPGその公開初日、大阪で開催されている細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 – 2019」(会場:グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ)に合わせて大阪滞在中の細野晴臣さんと佐渡岳利監督による舞台挨拶が開催された。低い声で落ち着いた語りをする細野さんは、相変わらず自虐気味に飄々としている。「突き詰めることはない。周りの協力でもって、こんなことになってびっくりしている」と、展覧会や映画公開で急に多忙になってきたことに意外な驚きを見せる。確かに、この映画を観ると、細野さんを知らない人でもファンになると思う。「細野ムーブメント」到来はこれから!


1947年生まれの細野さんは、戦後怒涛のように入ってきたアメリカンカルチャーの洗礼を強く受けてきた。今回のライブでは、アメリカへの感謝の意を込めて、懐かしのアメリカ音楽を細野流のアレンジで演奏。「アメリカでアメリカの古い音楽を演奏するのは不安でしかなかった。ステージに上がるまで大丈夫かな?と思っていたら大歓声で迎えてもらえて、あれ?ここ大阪かいな?と思ったほど」だったとか(笑)。


そうしたカバー曲は、アメリカ人にとって新ジャンルの音楽のように新鮮に受け止められているというから面白い。その反響の大きさにも「びっくりしました。油断しちゃいかんな」と驚くと共に今後の演奏活動に自制を滲ませた。また、長年彼の活動を追ってきたというコアなファンの存在に、「もっと早く言ってよ~!」と古希を過ぎて受ける賞賛の嵐に喜びを隠せないご様子。


sayonaraamerika-550.jpg本作のタイトルについて細野さんは、「アメリカでのライブ中に感じていた“さよならアメリカ”。それがコロナ禍でアメリカへ行けなくなって、益々その思いが高まってきて、そのタイトルにしたんです」。コロナ禍で演奏活動が出来なくなって、「バンドメンバーと当時を振り返ると何だか遠くに感じられて、ピリオドが打たれたような気がしました」と、当時の演奏を振り返ることによって、今後の活動の指針を見出しているようにも思えた


sayonaraamerika-500-2.jpg佐渡監督は細野さんのことを「“マスター・ヨーダ”みたい」と表現する。本人は至って自然体だが、ステージ脇で演奏を撮影してきた佐渡監督は、「観客の反応をビシビシと体感していました」。また、「観客の観方・聴き方が素晴らしい!」とその反響の大きさを興奮気味に伝えた。そうした観客のコメントは細野晴臣というミュージシャンを客観的に捉えていて奥深い。本作が単なる記録映画ではなく、細野さんの音楽の魅力と共に、人を惹きつける人間性と未来への可能性を指し示していることに勇気付けられる、そんな作品に仕上がっている。


sayonaraamerika-bu-ho-240-4.JPG「散歩は欠かさない」という細野さんは、初めての大阪での長期滞在中に天神橋商店街も歩いたという。「東京より大阪の方が歩きやすいですね。何だか外国みたい…特に、中之島公園が素晴らしい!あの景観はフランクフルトみたい。沢山の古い橋がそのまま残っていて風情がありますね。大阪に住みたい!」(拍手)。また、「自分はわりとボーっと生きてきました。周りの人たちの協力でこんなことになって、まだピンと来てないです。何がいいんだか分かりませんが、大阪から始まったムーブメントに感謝しています。これからは、大阪のことを考えて生きて行きます」と大阪を大絶賛!

東京生まれ東京育ちの細野さんだが、お世辞を言う様な方ではないので、そのお言葉は素直に受け止めて、心から感謝したいと思います。(拝)

 



『SAYONARA AMERICA』(『サヨナラ アメリカ』)

sayonaraamerika-pos.jpg

◆出演・音楽:細野晴臣
◆監督:佐渡岳利『NO SMOKING』(19)
◆プロデューサー:飯田雅裕『NO SMOKING』(19)
◆制作プロダクション:NHK エンタープライズ
◆企画:朝日新聞
◆配給:ギャガ
◆原題:HARUOMI HOSONO SAYONARA AMERICA/サヨナラ アメリカ/2021 年/日本/日本語・英語/カラー/ビスタ/5.1ch/83 分
◆©2021“HARUOMI HOSONO SAYONARA AMERICA”FILM PARTNERS ARTWORK TOWA TEI & TOMOO GOKITA

 



(文:河田 真喜子 写真:オフィシャル)

M0930-1 (2).jpg


“音”と“感情”が溶け合い、心を震わせる珠玉の青春群像劇!

音楽コミックの伝説的傑作がついに映画化!!

 

井之脇海(『サイレント・トーキョー』『俺の家の話』

松本穂香(『この世界の片隅に』『みをつくし料理帖』 

 山崎育三郎( 『青天を衝け』『エール』


 

8f1961bdf0104603.jpg

原作は、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を2度にわたり受賞している漫画家・さそうあきらによる同名作品。音楽への深い愛情と知識に溢れ多くのファンを魅了し、『神童』『マエストロ!』に続く、音楽シリーズ三部作の最終作『ミュジコフィリア』(第16回⽂化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作)が2021年11月12日(金)京都先行公開、翌週11月19日(金)に全国公開を迎えます。

主人公・漆原朔は、若手実力派として活躍をつづけ本作が長編映画初主演となる井之脇海!朔の異母兄・貴志野大成には、ミュージカルからドラマ、映画と幅広い活躍を見せる山崎育三郎。そして朔に想いを寄せるヒロイン・浪花凪を、透明感溢れる歌声で物語をエモーショナルに彩り、本作の主題歌も担当する松本穂香が演じる。脚本・プロデューサーは『太秦ライムライト』の大野裕之が担当し、監督を務めたのは、『時をかける少女』『人質の朗読会』などを手掛け、自身も京都生まれである谷口正晃。風景と音の街、京都で<ミュジコフィリア(音楽に情熱を注ぐ者たち)>が奏でる青春の協奏曲。皆さんの心へ、新しい「音楽」をお届け!


この度、本作の公開を前に、9月30日(木)に全編ロケが行われた京都でのプレミア舞台挨拶を実施いたしました!イベントには、主演の井之脇海ほか、松本穂香、山崎育三郎、谷口正晃監督が登壇し、ロケ地での思い出や本作への想いを語りました。
 


映画「ミュジコフィリア」京都プレミア舞台挨拶 概要

【日付】:9月30日(木)

【劇場】:TOHOシネマズ二条

【登壇者】:井之脇海/松本穂香/山崎育三郎/谷口正晃監督(敬称略)



冒頭の挨拶で、井之脇は「初めて一般のお客様に観ていただく機会なので、映画をどのように受け取っていただけるのか楽しみにしています」とニッコリ。松本は「思っていた以上のお客様が入っていてちょっと驚いていますが、とてもうれしいです」とお礼を述べた。山崎は「短い時間ですが、みなさんに楽しんでいただきたいです。よろしくお願いいたします」と会場を見渡してお辞儀をし、谷口監督は「感無量です。京都での撮影では、たくさんの方に支えていただき、ようやく完成した作品なので、感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝を伝えた。


musico-main.jpgのサムネイル画像京都での撮影について、撮影のため1ヶ月近く京都に長期滞在した井之脇は「京都を堪能しました。どのロケ地も歴史的な流れ、自然の中にも時間を深く感じられる街だと思いました。予告にも登場する賀茂川の中洲で朔が演奏し、凪が歌を披露するシーンがあるのですが、こんな素敵な景色を見れているのは僕と凪役の松本さんしかいないんだなとか思いながら、とてもうれしくなりました。景色を存分に味わいながら撮影することができ、京都の街には感謝しかありません」とうれしそうに振り返った。大阪出身の松本は京都によく足を運んでいたことを明かし、「ずっと観光地ばかり行っていました。今回は賀茂川や、大文字山など京都の新しい一面を撮影を通して見ることができて幸せでした。井之脇さんがおっしゃっていた賀茂川での撮影は、いろいろなことを感じながらお芝居ができ、すごくいい経験になりました」としみじみ語った。山崎は「役柄的にいろいろなロケ地には行けなかったんです。大成は、ホールと学校での撮影がほとんどでしたので……」とちょっぴり残念な表情を浮かべつつ、「中でも泉涌寺(せんにゅうじ)での撮影はとても印象的でした。夜の撮影で、泉涌寺をバックにオーケストラの前で指揮をするシーンです。圧巻の景色なので注目してください」とおすすめした。京都出身の谷口監督は「音楽を志すアーティストたちが、音楽を奏でたり、壁にぶつかりながらエネルギーをスパークさせるようなシーンが多い作品です。パワーや魅力のある場所で芝居をしたり演奏シーンを撮りたいと思っていました。賀茂川、大文字山や泉涌寺、無鄰菴(むりんあん)などでの撮影は、役者の皆さんの芝居をより掻き立てるものになったのではないかと思っています」と満足の表情を浮かべていた。なお、泉涌寺、無鄰菴での映画撮影は本作が初となる。


musico-sub3.jpg映画初主演となる井之脇は「撮影中は言わないようにしていましたが、やっぱり不安やプレッシャーはありました。素敵なキャスト、スタッフのみなさんのおかげで撮りきることができたことを心から感謝しています。今日、初主演作をはじめてお客様に観ていただく瞬間に立ち会えることを心からうれしく思います」と撮影当時の気持ちを明かした。ピアノを弾く役については「役者を15、6年やってきましたが、僕の役者人生のターニングポイントとなったのが、12歳の頃に出演した黒沢清監督の映画『東京ソナタ』です。それまで習い事感覚でお仕事をしていたのですが、撮影でプロの現場の厳しさや自分の不甲斐なさを感じて、“この仕事を極めたい”と思った作品です。そのときの役がピアノを弾く天才少年でした。小さい頃にピアノをやっていましたが、ピアノから少し離れていた時期で、作品のためにまた練習を始めました。そして時は流れていつかやるだろうと思っていた初主演作でピアノを弾く役をいただきました。ピアノは僕の人生の中で切っても切れないものですし、とても深い縁を感じました。主演のプレッシャーもありましたが、ピアノが一緒だったので気持ちも楽になり、乗り越えられた気がします」としみじみと振り返った。


役作りについて松本は「上映前なので、余計なことを言ってハードル上げたくないかもと思っちゃいました」と微笑みつつ、「感覚で生きている女の子の役なのですが、歌を歌ったり、ギターを弾いたりと、初挑戦のことが多かったのですが、みなさんに助けていただきながら撮影を乗り切りました。井之脇さんにはいろいろ話を聞いてもらい、気持ちを共有しながら進められたので、とても楽しい気分で撮影を終えることができました」と語った。ダンスのシーンについては「独特の表現をする女の子なので、ダンスというよりは、おもしろいシーンだなという感じで楽しんでいただけたらと思います」と笑顔を浮かべた。


musico-sub1.jpg天才作曲家という役について山崎が「そのままやればいいかなと思いました」と自信たっぷりに語ると会場は大きな拍手に包まれた。恥ずかしそうに「嘘です(笑)」と否定した山崎は「すごく孤独を感じ、気持ちを押し込めているキャラクターで、あまり笑わないんです。朝ドラ『エール』の撮影直後だったので笑わないように心がけるのがちょっと大変でした。僕と似ていないキャラクターなので、彼自身に共感できる部分はほとんどなかったのですが、音楽家としての彼にはすごく共感するところが多かったです」と説明した。


印象に残っているシーンについて井之脇は「予告編に登場する賀茂川のシーンと、朔と大成の兄弟がぶつかり合うシーンです。山崎さんと二人でお芝居していて理屈じゃない部分で反発する兄弟がどこか繋がれたような気がしました。山崎さんと僕の芝居の熱量を感じていただけるシーンになっているので、注目してください」と観客に呼びかけると、山崎も「僕もあのシーンが一番印象に残っています。台本を読んだときはどのように表現しようかと考えたけれど、終盤の撮影だったので、いろいろ積み重なって二人の関係性もできていたので、自然に演じることができました。魂と魂のぶつかり合いができたシーンです」とおすすめした。松本も「台本でしか、朔と大成の二人の関係を見ていなかったので、出来上がった映像から“(二人は)こんなふうになっていたのか”と知ることができました」と振り返り、「大成のプレッシャーとかいろいろな感情が溢れ出るシーンは、誰が観ても共感できるし、グッとくると思います」と微笑んだ。


musico-sub2.jpg谷口監督も「朔と凪の賀茂川のシーンはもちろんですし、朔と大成の二人のスパークシーンを撮影したときには、映画の核となるものが撮れたという手応えがありました。あと、ピアノの下から凪がニョキっと顔を出すシーンは、原作にもある表現です。なんでもかんでも原作をなぞるわけではないですが、漫画的なシーンではあるのですが、抑制しすぎないで表現したほうが良いと思いました。チャレンジではあったのですが、やってみたら見事にハマって。リアリズムな表現ではないけれど、ちょっとポップで弾んだ感じが出た良いシーンだと思っています」と撮影を振り返った。


また原作の魅力について谷口監督は「いろいろな音楽が出てきます。とりわけ現代音楽に光を当てているところにおもしろさを感じました。その存在は知っていても、あまりよく知らないジャンルでした。現代音楽をやっている人たちのあり様、おもしろおかしい人がいたり、こだわりの強い人がいたりということ、人からどう思われても自分が良いと思ったものを探究するという姿が、どこか京都の人と通じるところがあると感じました。東京や他の街がどうであれ、うちはうち、みたいなところとか(笑)。また、古典的なものを守りながらも、革新的なものを受け入れる、生み出してしまうというところ、京都と現代音楽の関係性が京都出身の僕自身もストンと落ちてくるように理解できたという点です」と答えた。


M0930-1.jpg最後の挨拶谷口監督は「現代音楽と向き合い、凪との出会いや大成との関係を通して、朔の閉じていた(心の)扉が開いていく物語です。劇中のように、人と人が交わって、ぶつかり合うエネルギーにより、何か新しいものが生まれるような環境が早く戻ってくることを切に願っています」とコロナ禍でのディスタンスに触れた。山崎は「音楽も人も同じで、共感したり共有したり寄り添うことで、温かい気持ちになれたり、伝えることができます。自分の殻に閉じこもらないで人と関わっていく、そんなメッセージを受け取っていただけたらうれしいです。京都の魅力が満載なので、ぜひ堪能してください」と思いを伝えた。松本は「まだまだ不安とか残る状況で、鬱憤とかいろいろ溜まっているとは思いますが、今日は純粋に映画を楽しんでいただきたいです。笑って楽しい気持ちになっていただければうれしいです」と微笑んだ。井之脇は「いろいろな人と出会い、音楽を通してぶつかり合い、関係を深めていく朔の姿が丁寧に描かれています。音楽に向き合う様々なキャラクターたちと、同じような悩みを持つ方たちの後押ししてくれるような映画になっていると思います。初主演映画は僕にとって大切な作品になりました。ぜひ多くの人に観ていただきたいです」と挨拶し、舞台挨拶を締めくくった。
 


監督:谷口正晃
出演:井之脇海 松本穂香 山崎育三郎 川添野愛 阿部進之介 石丸幹二 濱田マリ 神野美鈴
配給:アーク・フィルムズ
2021/日本/113分
©2021musicophilia film partners
©さそうあきら/双葉社

2021年11月12日(金)京都先行公開

11月19日(金) TOHOシネマズ日比谷 他 全国ロードショー
 


(オフィシャル・レポートより)

 
 
 
 
 
 
 

WP.jpgのサムネイル画像

 

パンデミック以降世界最大級の超豪華プレミア開催!

ダニエルボンドの最後のプレミアにキャスト、製作陣、主題歌ビリー・アイリッシュ、

ウィリアム王子夫妻、チャールズ皇太子夫妻もご来場で有終の美を飾る!

 

全世界待望「007」シリーズ 25 作目、前作『007 スペクター』から実に 6 年の時を経てシリーズ最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。度重なる公開延期の末、007 ご当地のイギリスがついに全世界、最速の現地時間 9 月 30 日(木)から公開される。日本でもほぼ同時公開となる 10 月 1 日(金)に上映されるが、この度、公開に先駆け英・ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで、本作恒例のワールドプレミアを実施致しました。


当日は、本作でジェームズ・ボンド役が最後となる主演ダニエル・クレイグはもちろん、最凶の敵サフィン役のラミ・マレック、ボンドの恋人マドレーヌ役のレア・セドゥ、ボンドの相棒となるキューバの工作員アナ・デ・アルマス、00 エージェントのラシャーナ・リンチ、ダニエルボンドシリーズおなじみのQ役ベン・ウィショー、マネーペニー役のナオミ・ハリスら本作のキャストが豪華勢ぞろい。


シリーズ史上初の米国人監督であるキャリー・ジョージ・フクナガ監督、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン、さらに主題歌「No Time To Die」でグラミー賞最優秀映像作品楽曲賞を受賞したビリー・アイリッシュと兄のフィニアス、音楽担当のハンス・ジマーもレッドカーペットに登場。

さらに、007 ワールドプレミアといえば恒例の“英国ロイヤル”ゲストとして、チャールズ皇太子とカミラ夫人、ウィリアム王子とキャサリン妃も来場!


映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 ワールドプレミア 詳細

■日程(現地時間):9月28日(火)

■場所:ロンドン/ロイヤル・アルバート・ホール

現地時間:16時50分(日本時間29日(水)AM0時50分)~レッド・カーペットスタート

■ゲスト:ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、アナ・デ・アルマス、ラシャーナ・リンチ、ラミ・マレック、キャリー・ジョージ・フクナガ(監督)、バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン(プロデューサー)、ビリー・アイリッシュ(主題歌)/ウィリアム王子&キャサリン妃、チャールズ皇太子&カミラ夫人、ジェイソン・モモア、ジュディ・デンチ、ジェイ・ケイ、ハリー・ケイン、エマ・ラドゥカヌ


【ワールドプレミアレポート】

いよいよイギリスでの公開を 9 月 30 日(木)に控えた現地時間 9 月 28 日(火)に本作の舞台ともなるイギリスの・ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されました。アルバート・ホールはイギリスのヴィクトリア女王の夫であるアルバート公にささげられた演劇場で、1871 年の開場以来、多くのイベントが行われ伝説的人物を生み出し、「ザ・ネイションズ・ヴィレッジ・ホール」と呼ばれる由緒あるホール。アルフレッド・ヒッチコック監督の『知りすぎていた男』の劇中での舞台にもなった場所です。今回、コロナ禍の規制で 150 人ほどの人数に制限されていた会場には、通常のプレミアとは異なり、会場での試写に招待されたスーツやドレス姿のファン、中には医療関係者の招待客も見られました。


会場の前には、80 メートルほどのレッドカーペットが鮮やかに敷かれ、マーチングバンドが歴代のボンド映画のテーマソングを奏でて行進をし、ムードを盛り上げます。また、ボンド映画に欠かせないアストンマーチンの DB5 や V8などの車、トライアンフなどのバイクなどが展示され、気分が最高潮に高まる中、ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、アナ・デ・アルマス、ラシャーナ・リンチ、ラミ・マレック、キャリー・ジョージ・フクナガ監督、バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン、ビリー・アイリッシュらがレッドカーペットに登場。更に、ジェイソン・モモアや、女性初で 3 代目のMを務めたジュディ・デンチらも駆けつけ、会場は大いに沸きました。


【日本のファンに向けて】

会場ではキャスト、監督、プロデューサーらは日本のカメラの取材に応じました。本作で 15 年間演じ続けてきたジェームズ・ボンド役を遂に卒業するダニエル。度重なる公開延期を経て、いよいよダニエルボンドの集大成である本作が公開されることについて「僕たちは映画を観る観客のために映画を作るわけで、それこそが僕たちがボンド映画を作る理由なんだ。幅が30フィート(=9.1メートル)のビッグスクリーンで観てもらいたいね。一同が待ったわけだが、待ったのは幸いだった。もちろんコロナ禍で様々なことが止まってしまったので、もし他の形で公開になったならそれは仕方のないことだっただろうが、この日を迎えられたことに本当にホッとしているよ。」と、ようやく公開を迎えることができることに安堵の表情を見せました。


また、コロナ禍において世界的にも久々の華やかなイベントについて「刺激が強すぎる(笑)。でも素晴らしいよ。ここまで来られたことにとても興奮している。僕はただみなさんにこの映画を観てもらえるのが待ちきれないだけだ。」と、興奮した様子で語り、日本で公開を心待ちにしているファンへ「日本のファンのみなさん、日本に行けないのが残念だ。日本はこの地球上で僕が最も好きなところのひとつなんだ。(日本語で)アリガトウゴザイマス!また近いうちに会えることを祈っているよ。」と、日本へのツアーをできなかったことを残念がるとともに、再び訪れたいとコメントを寄せました。


続いて、本作のメガホンをとったキャリー・ジョージ・フクナガ監督は「祝う時が来たと感じるね。大いに安堵しているし、とにかくいい気分だよ。」と感無量のコメントを寄せます。実は、フクナガ監督は日本(札幌)に半年間住んでいたこともあり、「ぜひまた日本に行きたいよ。日本に行くというのはプレスツアーの中でも最も好きなことなんだ。実は本作の撮影が終わったあと、行こうとしていたんだが、日本はかなり早い段階でロックダウン(※監督のコメントです)となってしまった。」と、日本へ訪れることを心待ちにしていることを明かし、「ボンド映画を楽しみにしていらっしゃる日本のみなさん、本作を楽しんでくださることを心から願っています。近いうちに会えますように。」と、日本のファンに向けてメッセージを贈りました。


ボンドにいつも振り回されながらも健気に支え、ボンドに秘密兵器を与える Q 役のベン・ウィショーは「日本のみなさん、こんにちは!2年も経ったあと、ついにこの映画をみなさんに観てもらえる機会が訪れたと言えることが嬉しい(笑)。気に入ってもらえることを祈っているよ。そしてビッグスクリーンでぜひ観てもらいたい。この映画はそのために作られたのだから。ありがとう。」と、2 年の時を経て遂に観客に観てもらえる日が来たことを喜び、大きなスクリーンで観て欲しいと語りました。


『007』シリーズに欠かすことのできないプロデューサーのバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンの 2 人は「私たちがここロンドンにいるというのはとても重要なことです。かれこれ60年前にボンドが始まったのはこの地であるわけですからね。本作はダニエルの最後の作品ですから、彼とのお別れを良い形でお祝いしたいと思うのです。」と、ボンド発祥の地であるロンドンでワールドプレミアを開催すること、そして最良の場所でダニエルボンドとのお別れをお祝いしたいと語ります。


続けて「本作を劇場で観てもらえるようにと、我々は2年間もずっと待ち続けたんです。映画館で観るべき映画で、そのようにプロデュースしてきました。監督であるキャリーをはじめ、本作に携わった一同は、映画館で観ることを念頭に置いて作ったのです。ですから観客のみなさんにぜひ映画館でご覧頂きたいと思います。」と、コロナ禍の中でようやく映画が公開されることとともに「ダニエル・クレイグはもちろんのこと、このパンデミックを乗り切るために尽力された前線で働く医療従事者のみなさんをも称えるものなのです。彼ら、そしてこの困難なときに私たちの安全を守るために努めてこられた世界中の人々に敬意を表します。」と、世界中の人々に賛辞を贈りました。


最後に「日本に行くことができないのが残念です。日本に行くというのは、私たちにとっていつもツアーのハイライトなのですから。毎回素晴らしい体験で、みなさんには歓迎していただいてきました。ボンド映画を愛してくださっているのを知っていますので、いつも喜んで訪れています。また別の機会にお会いしましょう。ありがとう。」と日本のファンに向けて温かいメッセージを寄せました。


ゲスト達は、フォトセッションやメディアへのインタビュー、ファンとの交流、ステージでのインタビューに答え、会場へと移動。カーペット上が静かで厳かな雰囲気となった後、ウィリアム王子とキャサリン妃が登場し、待ち受けていた本作のプロデューサーであるバーバラ・ブロッコリとマイケル・ウィルソンと談笑するシーンも。その後、チャールズ皇太子とカミラ夫人が登場し、プロデューサー4 人がエスコートし、兵隊が左右に並ぶ中、会場へ。


幾度となく公開延期を乗り越え、2 年の公開延期を迎える本作。そして、遂に15年にも及ぶダニエルボンドの集大成となる本作の公開にふさわしいワールドプレミアとなりました。

時は来た。是非、今週末は劇場の大きなスクリーンでダニエルボンドの雄姿を見届けていただきたい。


◆海外の映評<速報>

「ダニエル・クレイグはスリリング且つ感動的にジェームズ・ボンドを演じきった!」-Deadline

「最後のシーンはシリーズ作品史上、最も感動的で胸が張り裂けそうだ」-The playlist

「ダニエル・クレイグは華麗さと怒りそして愛で観客を圧倒した!」-The Guardian

「全く新しい手法でボンドの全ての魅力が詰め込まれている」-CNN.com

「007 というヒーローに人間味を持たせた見事な作品」-Empire Magazine

※上記海外の映評は、日本時間 9 月 29 日(水)正午現在のものです


 


『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

007NTTD-pos.jpg

【STORY】
ボンドは 00 エージェントを退き、ジャマイカで静かに暮らしていた。しかし、CIA の旧友フィリックスが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。誘 拐された科学者の救出という任務は、想像を遥かに超えた危険なものとなり、やがて、凶悪な最新技術を備えた謎の黒幕を追うことになる。
 

監督:キャリー・ジョージ・フクナガ  
製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン
脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・ジョージ・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ
出演:ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト、アナ・デ・アルマス、ラシャーナ・リンチ、ラミ・マレックほか 
主題歌:ビリー・アイリッシュ 「No Time To Die」
公式FACEBOOK:www.facebook.com/JamesBond007
公式TWITTER:@007  
配給:東宝東和 
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

2021年10月1日(金)~全国ロードショー


(オフィシャル・リリースより)

mydady-ive2-550.JPG

■日 時: 9月23日(木・祝)

■会 場: TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン9

■登壇者: ムロツヨシ、奈緒、中田乃愛、永野宗典、金井純一監督(敬称略)

■M C: 本多力(敬称略)



mydady-pos.JPGCCCグループのカルチュア・エンタテインメント株式会社と、株式会社蔦屋書店が主催し、これまでに、 『嘘を愛する女』 、『哀愁しんでれら』 等、多くの良質な作品を世に生み出してきた映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM(以下、TCP)」 の2016年準グランプリ受賞作品『マイ・ダディ』が、本日9月23日(木・祝)に公開致しました!本作の主人公・御堂一男を演じるのは、役者を始めて25年・今年45歳を迎えた俳優 ムロツヨシが、満を持して映画“初”主演をつとめ、愛する娘を救おうと奔走する、お人好しで誠実な父親を演じました。娘<ひかり>役には第8回「東宝シンデレラ」オーディション ファイナリストの新星・中田乃愛が演じています。また、ムロツヨシ演じる一男の妻であり、ひかりの母・江津子役には奈緒が出演。さらに、毎熊克哉臼田あさ美永野宗典、「平成ノブシコブシ」の徳井健太小栗旬光石研ら個性豊かな俳優陣も集結!本作にて監督・共同脚本を務めたのは、映像作家でもある金井純一。主題歌を、日本のトップアーティストが集結したドリームバンド・カーリングシトーンズが担当!

この度本作の公開を記念して、初日舞台挨拶が開催され、主演のムロツヨシ、妻役の奈緒、娘役の中田乃愛、永野宗典、金井純一監督が登壇した。

 



冒頭の挨拶でムロは笑顔を浮かべながら、「上映後なのでみなさん、作品の世界観に入っているところ申し訳ないのですが、マスコミの取材が入っている(舞台挨拶)なので、今から、ムロ、ふざけます!」宣言。奈緒は「今日、ムロさんたちはいくつか舞台挨拶をされた後ですが、私はここからの参加となります。作品の素晴らしさを伝えられるようにがんばります」とニッコリ。中田は「映画をご覧になってくださり、本当にありがとうございます。1人でも多くの方に作品をアピールしたいと思います」と微笑みながらも気合十分の様子。永野が「早速ですが『マイ・ダディ2』を待っています」と早くも、続編を期待していることを明かし、「本作でやり残したことを、ぜひ、リベンジさせていただきたいと思います。今回以上に気合を入れて役作りをするつもりです」とコメントしたところで、ムロが「この人は何を言っているのでしょうか? よくわからない挨拶で始まっていますが、大丈夫ですか?」とMCに確認し、舞台挨拶開始早々笑いを誘う場面も。金井監督は前の舞台挨拶で栄養ドリンクを飲んだことを明かし「気合を入れて(舞台挨拶)頑張ります!」と意気込みを見せた。


映画公開100日前から、作品にまつわる話をTwitterでつぶやいてきた金井監督は「公開初日の前日、昨日のつぶやきは最後の5行の頭文字がムロツヨシになるようにしてみました。でも、残念ながら誰もそれに気づいてくれなかったようで」と寂しそうな様子。「凝りすぎたラブレターを出したのにフラれてしまった、そんな気分です」とうつむきつつも、「今日から100日後が1月1日なので、ぜひ、主演のムロさんには年末の某歌合戦にゲスト出演していただき、そこでも映画を宣伝していただくといういい流れにしたい。それくらい長く上映してほしいと思っています」としっかりアピール。このコメントにムロも「まだ(某歌合戦からは)オファーは来ていませんが、出たらしっかりアピールします」と答えていた。


mydady-550.JPG初主演映画についてムロは「金井監督の夢から生まれた物語です。企画をし、映画を撮影し、公開された今日までが99。そして、無事公開された映画をお客様が観て、感想が生まれて100になる。ここで100点の映画になるんです。そのことをとてもうれしく思うと同時に悔しい気持ちもあります」と語りながら、一席空き状態の客席を見渡す。「僕は、“満席”が好きな男です。この状況下ではこれが満席と頭では理解していますが、やっぱり本当の満席ではないのが残念です」と強調。「いつか、この状況が落ち着いて、いろいろな宣言が解除され元の状態に戻ったら、どんな手を使ってでも、本当の満席の景色をここにいるキャストみんなに見せてあげたいです」とし、「どんな手を使っても、たとえお金を払ってでも!」とコメントしたところで、「ん?俺、お金払うの?」とおどけつつ、「それでもいいと思えるくらい本当の満席にしたいです。それを実現するために、この映画をロングランにすべく、これからも宣伝活動をしていきます」と宣言。「悔しさはありますが、今日、この状況下で映画を観に来てくださったみなさまには改めて感謝します。ここはアツくいかないと!と思っていたので、かなりアツく語らせていただきました」と説明する場面もあった。


mydady-sub2.jpg初の母親役について奈緒は「ずっとやりたかったし、憧れでした。母親役を家族がテーマの映画でやらせていただくことは、緊張もしたけれど、責任を全うしないといけないという気持ちでいっぱいでした」と振り返る。撮影前にムロから「(中田)乃愛ちゃんのこと、きっと奈緒ちゃんも好きになると思う、と聞いていました。その言葉通り、3人で会ったとき一瞬で乃愛ちゃん、の虜になりました。そこからはムロさんと2人でずっと(娘に)デレデレでした」とし、「乃愛ちゃん、そして子役の子、“ひかり”を演じた2人に引っ張ってもらって映画の中で母親役として立つことができました」と感謝を述べていた。ムロは赤ちゃんが生まれたシーンの撮影を振り返り、「撮影中、すごく印象に残ったシーンでした。自然と奈緒ちゃんとおでことおでこを合わせて心の距離が縮める、そういう演技ができたことがうれしかったです。初日までこの気持ちは言わずにおこうと思っていました。今日、やっと言えてよかったです。ポスターにもなっている素敵なシーンです」と奈緒との夫婦役に大満足の様子だった。中田は「試写を観た家族に感想を言ってもらえたのがうれしかった」とニッコリ。ムロが「久しぶりに会ったら、髪がのびていてよかったよ。17歳の女の子が髪を剃るなんてね」としみじみ語る中、中田は「特にそこは……」とサラリ。劇中さながらの父娘のやりとりに会場からは笑い声も。ムロが「まだ、思春期なのかな?」と戸惑いの様子で尋ねる場面もあった。


mydady-ive2-500-2.JPGムロとの共演について奈緒は「イメージ通り、やさしくておもしろい方でした。本当に会いたかった方なので、初日は少し緊張しすぎて無愛想だったかも」と反省しつつ「柔らかい空気を作ってくれる素敵な方。すぐに打ち解けられたのはムロさんのおかげです」と感謝の言葉を述べた。ムロがまだ奈緒を知らなかった頃、撮影スタジオですれ違ったときに、同じ撮影組でもないムロから「おつかれさまです」と挨拶されたこと、奈緒がまだ福岡に住んでいた頃に、「muro式.」の千秋楽を見に行っていたこと、その際に客席バックで撮影した写真に奈緒が映り込んでいたことなど、縁を感じずにはいられないエピソードもバンバン飛び出していた。


mydady-ive2-500-3.JPGここで、“家族のつながり“を描いた本作にちなみ、「マイ・ダディ」を作ろう!と題して、映画のタイトルパネルを全員で作成することに。永野が「マ」、中田は「イ」と「・」、ムロが「ダ」、奈緒が「デ」、金井監督が「ィ」の作成を担当し、できあがったパネルを手にフォトセッションを行った。


最後の挨拶で金井監督は「すごく楽しい時間を過ごせました。今日からがスタートです。この映画を全国に広めていただけたらうれしいです。ムロさん、そしてみなさんと走り続けたいと思います」と力強く語る。永野は出身地・宮崎県での上映館がないことに触れ、「この映画を観た人生と観ない人生では生き方が大きく違ってくると思います。作品からのメッセージを受け取るためにも、宮崎県の上映をお願いいたします!」と懇願。中田は「1人でも多くの人にこの作品が届いてくれたら、それだけでとてもうれしいです」と笑顔を浮かべ、奈緒は「これからもっともっといろんなところに届くといいなと思っています。みなさんの力を貸してください」と呼びかけた。ムロは「この状況下での公開をネガティブに考えず、何かしらプラスにしようと思っています。実現するのが、明日になるのか、1ヶ月後になるのか、1年後になるのか、10年後になるのかわからないけれど、状況が許せば、必ず“本当の満席”にしたいと思っています。それが実現する日が来るまで、いろいろな作品で頑張り続けます。そして、“ムロは満席好きなんだよな。あいつの作品なら観に行ってもいいかな”と思っていただけるように、これからも頑張っていきます。このような状況下ですが、みなさん、どうか毎日笑って過ごしてください。そして、この作品がロングランになるよう、クチコミで広げてください。ほめてください、けなしてください、みなさまの一言が誰かの“観てみようかな”に繋がります。誰かに繋げてください!」と締めくくり、イベントは幕を閉じた



出演:ムロツヨシ 奈緒 毎熊克哉 中田乃愛 臼田あさみ 徳井健太(平成ノブシコブシ) 永野宗典 光石研
監督:金井純一
脚本:及川真実 金井純一
制作プロダクション:ROBOT
主題歌:カーリングシトーンズ「それは愛なんだぜ!」
幹事:カルチュアエンタテインメント
配給:イオンエンターテイメント
コピーライト:©2021「マイ・ダディ」製作委員会

◆公式HP: https://mydaddy-movie.jp/

2021年9月23日(木・祝)~ 全国ロードショー
 


(オフィシャル・レポートより)

supersentou-550-2.JPG

“紅白の向こう側”として実現した主演作がついに公開!


【日時】 2021年9月11日(土)

【場所】 新宿バルト9 シアター9

【登壇】 後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭、小林綾子、小林幸子、前川清、佛田洋監督(敬称略)


3年連続NHK紅白歌合戦出場を果たした、後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭からなるスーパー銭湯のアイドル『純烈』が2021年秋、満を持して銀幕デビューいたします!スーパー戦隊&仮面ライダーシリーズだけでなく『美少女戦士セーラームーン』、映画『魔界転生』(2003年)、『男たちの大和/YAMATO』(2005年)など数々のヒット作を生み出した特撮研究所の佛田洋がメガホンをとり、銭湯や、ライブ会場とも一味違う、純烈の新たな一面をお届け!また4人中3人が戦隊ヒーロー出身である純烈が、温泉を守るヒーローとなり、スクリーンからみんなの心を温めます。

 

そしてこの度、映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』の公開を記念し、本作の公開記念舞台挨拶を実施し、純烈より、後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭、小林綾子、小林幸子、前川清、佛田洋監督が登壇した。

 

supersentou-240-2.JPG

冒頭の挨拶で小田井は、現在コロナ禍でファンと直接会って交流する機会が減っていることに触れつつ「今回は役者という形で純烈の姿をお届けしています。直接会えない時期が続いていますが、今はぜひ、劇場で純烈の元気な姿を観ていただいて、楽しんでほしいと思います」とニッコリ。白川は「ファンのみなさんとお会することができない期間を過ごしており、寂しく感じていますが、直接会えなくても一緒に楽しめる作品を作れたことをうれしく思いますし、とてもありがたいと感じています」と感謝の気持ちを述べる。後上は「Twitterで映画についての感想コメントを見つけると、うれしくなってついつい“いいね”ボタンを押してしまいます。“いいねボタン”を押し続けたせいなのが、制限がかかってしまうほどでした(笑)」と感想コメントがたくさんあったことを伝えつつ、「僕から“いいね”がついたことをよろこんでくださるファンの方もいて、こうやって世界が広がっていくんだなあと実感しています」としみじみ。酒井は、「純烈のグループ結成から、さまざまなタイミングで手を差し伸べていただいた、先輩方お二人に出演していただいたことに改めて感謝します」と小林(幸)と前川に深々とお辞儀し、さらに「(小林)綾子さんには、(演技に関しては)ド新人の後上の相手役をしていただき、奇跡のキャスティングが実現しました。“おしん”の綾子さんに、とんでもないお願いをしてしまいましたが、スクリーンの中で躍動していただき、ほんとうにありがたかったです」と感謝の気持ちをのべた。


supersentou-240-3.JPG後上の芝居について訊かれた小林(綾)は、「とても自然なお芝居をされる方でした。センスあると思いますし、全く問題ありませんでした」と太鼓判。さらに「一番活き活き演じていたのはパラパラのシーンです」と見どころも明かしていた。小林(綾)は撮影現場では純烈とのトークも楽しんだようで「みなさん、気さくに話しかけてくれるし、話題豊富でおもしろかったです。マダムの方たちの心を掴む技を持っている方たちだと思いました」と絶賛した。


女王・フローデワルサを演じた小林(幸)は、「私史上、一番大きくなっています」と劇中でのサイズ感を解説し、「子役の頃からこれまでいろいろな役を演じてきましたが、こんなにたくさんの変顔を披露したのは初めてです」と熱弁。「無理を言っちゃってすみません!」とお詫びする佛田監督に対し、小林(幸)は、「私も楽しくなっちゃってどんどんやっちゃいました」と笑顔を見せていた。純烈の人柄、努力、さまざまな積み重ねが今回の映画に繋がったとし、純烈の今までを知っているからこそ、出演オファーに即OKしたことを明かしした小林(幸)。感慨深い様子を見せたかと思えば、「衣装は自前でと言われたので、女王様の衣装なんてあったかなと思ったのですが、紅白の衣装が良いということでした。でも、私の役は女王様ではなく妖怪なのよね。ということは、紅白の衣装は妖怪の衣装だったのかしら、なんて思ったりしました(笑)」と振り返り、笑いを誘う。そして再び真面目な表情に戻ると、「バカバカしいことを本気になってやるところが本当にすごい」と純烈の作品への向き合い方を褒めつつ「第二弾、第三弾とできるといいね、がんばってね」と大先輩らしいエールをおくる場面もあった。


supersentou-240-4.JPGこれまでの純烈をずっと知っているという前川は、「紅白に出るグループになったし、いろんなことに挑戦している純烈と、僕も一緒に成長していきたいと思っています。こんなにいろいろなチャンスを与えられていただいているグループはいないと思います。これからも一緒に楽しんでいきたいですし、もちろん“純烈、もっとがんばれよ!”という気持ちでいっぱいです」とうれしそうな表情を浮かべていた。


フローデワルサは、若さを得るためにイケメンのエキスを摂取しているという役どころ。若さの秘訣について質問しようとしたMCが「若づくり」と言い間違えそうになると、純烈総出ですかさずツッコミを入れる場面も。気になる若さの秘訣について、小林(幸)は「応援してくれる方たちの笑顔と歌うこと」と回答。白川は「仕事をし続け、みなさんに見られること」とコメントし、美しく?!あり続けるためにパックなどにも興味を持っていることを明かしていた。


supersentou-240-1.JPG最後の挨拶で後上は「映画が公開され、みなさんからの感想をたくさんいただき、ヒーローになった実感が湧いてきました。これからもみなさんと一緒に『純烈ジャー』を育んでいきたいです」と意気込む。白川が「諸先輩方、ファンのみなさんに支えられてきた純烈が、ついに映画に主演しました。観れば観るほど味がでる“スルメイカ”のような、匂い立つような映画です」とコメントすると「味じゃなくて、匂いかい!」とツッコミが。「平均年齢が高いからね(笑)」と笑顔を浮かべた白川は「騙されたと思って映画館に足を運んで楽しんでください」と呼びかけた。小田井は「役者として活動していたので、映画を作ったからにはぜひ劇場で観てほしいという気持ちがあります。可能であれば、劇場に足を運んで、スクリーンで純烈の勇姿をみていただきたいです」と思いを伝えた。酒井は「『純烈ジャー』で全国のお風呂屋さんを笑顔にしたい、盛り上げたいと思っています。演歌ファン、特撮ファン、温泉ファン、いろいろなファンの方たちが楽しめる作品ですので、ぜひ、映画館で観てください」とおすすめし、イベントは幕を閉じた。


【ストーリー】
supersentou-pos.JPGムード歌謡グループ「純烈」の4人は、今日もスーパー銭湯アイドルとして温浴施設でマダムたちを歓喜させていた。そんな中、浴場で不審死が発生。警察による捜査の結果、事件性はないと判断されるも巷では「連続イケメン温泉失踪事件」が多発していた。温浴施設を守るヒーロー・純烈ジャーでもある酒井一圭(純バイオレット)、白川裕二郎(純レッド)、小田井涼平(純ブルー)の3人は、純烈ジャーではない後上翔太には秘密で事件の調査を始める。そして、ついに「温泉の向こう側」で女王として君臨するフローデワルサ(小林幸子)の仕業だと突き止めるが、彼女の圧倒的なパワーに3人は太刀打ちできない!一方、なぜ自分だけが蚊帳の外なのかと思い悩む後上…。硬い結束で結ばれた純烈に危機が訪れる――。彼らは本当のヒーローになれるのか?

 


■出演:後上翔太 白川裕二郎 小田井涼平 酒井一圭 小林綾子 出口亜梨沙 ふせえり 中島ゆたか しのへけい子 山本康平 松下恵 岩永洋昭 松本享恭 白又敦 龍真 栄信 宮澤佑 鈴村健一(ナレーション) ・ 小林幸子(特別出演) ・ 前川清(特別出演)
■監督:佛田洋 脚本:久保裕章 
■アクション監督:竹田道弘 サウンドデザイン:桑原秀綱  
■キャラクターデザイン:野中剛  
■企画協力:山本康平 製作:與田尚志  
■エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫 塚田英明  プロデューサー:中野剛
■主題歌:純烈『NEW(入浴)YORK』(日本クラウン) 
■製作・配給:東映ビデオ  
■製作プロダクション:特撮研究所
■クレジット:©2021 東映ビデオ 上映尺:83分
公式サイト:junretsuger.com
■公式Twitter:@junretsuger   
■公式Instagram:junretsuger

2021年9月10日(金)より全国公開中


(オフィシャル・レポートより)

mydady-ive-550-2.JPG

<TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM 2016 準グランプリ受賞作品>


■日 時: 8月23日(月)

■会 場: イイノホール

■登壇者: ムロツヨシ、奈緒、毎熊克哉、中田乃愛、永野宗典、寺岡呼人、金井純一監督(敬称略)



CCCグループのカルチュア・エンタテインメント株式会社と、株式会社蔦屋書店が主催し、これまでに、 『嘘を愛する女』 、『哀愁しんでれら』 等、多くの良質な作品を世に生み出してきた映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM(以下、TCP)」 の2016年準グランプリ受賞作品『マイ・ダディ』が、9月23日(木・祝)に公開致します!本作の主人公・御堂一男を演じるのは、役者を始めて25年・今年45歳を迎えた俳優 ムロツヨシが、満を持して映画“初”主演をつとめ、愛する娘を救おうと奔走する、お人好しで誠実な父親を演じました。娘<ひかり>役には第8回「東宝シンデレラ」オーディション ファイナリストの新星・中田乃愛が演じています。また、ムロツヨシ演じる一男の妻であり、ひかりの母・江津子役には奈緒が出演。さらに、毎熊克哉臼田あさ美永野宗典、「平成ノブシコブシ」の徳井健太光石研ら個性豊かな俳優陣も集結!本作にて監督・共同脚本を務めたのは、映像作家でもある金井純一。主題歌を、日本のトップアーティストが集結したドリームバンド・カーリングシトーンズが担当!


この度本作の公開を記念して、ジャパンプレミアイベントが開催され、主演のムロツヨシ、妻役の奈緒、娘役の中田乃愛、毎熊克哉、永野宗典、本作の主題歌を担当するカーリングシトーンズのリーダー・寺岡シトーンこと寺岡呼人、金井純一監督が登壇した。


mydady-ive-500.JPGインスタライブ用のカメラにピースしながら笑顔を浮かべるムロ。冒頭の挨拶で「主演をやらせていただきましたムロツヨシです!このご時世、イベントなどでは声を出して笑ってはいけないという風潮がありますが、笑い声が響かなくても僕がおもしろくないわけではありません。おもしろかったら拍手で気持ちを表現していただければと思います。30分楽しませたいです!」と意気込みを語りイベントはスタートした。

奈緒は「撮影が止まってしまったこともありましたが、クリスマスシーズンにクリスマスの画が撮れたりできました。結果的に、本当に幸せな映画になったと思います」とニッコリ。

「この挨拶で何を言おうか考えていたのですが、僕自身、お客様の前での舞台挨拶は、かなり久しぶりです。たくさん写真撮られながら、お客様の前であいさつできるのは、すごくいいことだと思っているところです」と感激の様子の毎熊だったが、準備していた挨拶内容を忘れてしまったと苦笑。

中田は「公開直前のイベントです。この映画をたくさんの方に、観ていただくために精一杯紹介していきたいです」と深々とお辞儀した。

中田が挨拶する様子を、まじまじと見つめていたムロが「ちゃんと言えた!ちゃんとあいさつできました。うちの娘です」と胸を張ると、会場は大きな拍手に包まれた。

永野が「給油を一筋に考えた役を一生懸命やりました」といきなり役へのアプローチを語り出す場面もあり、冒頭の挨拶から会場は和やかなムードに包まれた。

本作の主題歌「それは愛なんだぜ!」を手掛けた寺岡はムロと一緒に試写を観たことを明かし、「ラッシュなども観ていたはずなのに、声を出しておいおい泣きました」と告白。さらに「素敵な作品に関われたことをとてもうれしく思っています」と満足の表情を浮かべた。

金井監督は「こんな豪華な場所での試写で、たくさんのみなさんに観ていただけうれしいです。今日は寺岡さんもいらっしゃって、初日舞台挨拶よりも豪華になっているような気がします」と胸を張った。

mydady-550.JPG

中田と親子を演じたことについて「父親になったことがないですし、何より嫌われたくない、という気持ちが先走っていました。撮影が延期となったタイミングで、思い切って連絡先を交換して、“父より”“娘より”を文末につけたメール、親子ごっこのような会話をずっと続けていました」と振り返るムロ。「(メールの中で)お父さんってよんでくれるんですよ」と終始目尻を下げるムロに対し中田は「ムロさんが寄り添ってくださったので、役をまっとうできました」と感謝する場面も。途中、ムロが「僕と(母親役の)奈緒ちゃんから誕生日プレゼントを“2回”もらったことは言わなくて大丈夫だよ。最初はエプロンだったよね。うんうん」とお礼をおねだりされると「今年は文房具セットをもらいました」と笑いを堪えながら報告していた。


ムロとの初共演について奈緒は「ムロさん本当に誰も緊張させない座長でいてくださって、思っていることをすべて口に出す方。だからこそ、他のみんなも言いたいことを言えるという雰囲気になっていました。初めてとは思えないくらいのチーム感があった現場です。それはムロさんが作り上げてくださったと思います」と振り返った。

ムロとの共演が多い永野は「今回の映画で、改めて孤独が似合う男だなと思いました。僕たちの前ではいつもファニーで明るいのですが、作中での孤立する姿に嘘がない。佇まいの真実が強烈に印象づけられて、役者としての振り幅を感じました。彼の生き様がそのまま反映された記録映画のように感じました」と解説した。

ムロとは2回目の共演という毎熊は「前回は優しい先輩、今回は怖いなという印象でした」役柄上、今回はなれなれしくしないようにと心がけていたという毎熊は「前回とは違うムロの印象に、ワクワクしました」と明かした。深夜ドラマでの共演後に毎熊のファンになったというムロは、今作での共演シーンを振り返り「毎熊くんとでないとできない“もぞもぞする”シーンがあります」と独特の表現で解説。「ストーリー上、それほど大事じゃないアイテムにこだわり演じる毎熊くんの姿を観て、“こんな役者好きだな”と改めて思いました」とムロが語るシーンは、ぜひ本編でチェックしてほしい。


主題歌の制作について「金井監督から、最後の曲はロックサウンドで明るく終わりたいというオファーがありました。カーリングシトーンズは、シリアスなラブソングは書けないタイプで(笑)。でも、ロックサウンドで明るくという曲はすぐにひらめきました。僕らしかできないラブソングができあがりました!」と胸を張る寺岡。金井監督は「オファーを受けてくれたこと自体に現実感がありませんでした。神曲です。今、話しながらも主題歌になっていることを信じられないです」と、レジェンドたちが関わってくれたことに感謝していた。楽曲の配信ジャケットにも登場しているムロは「これ以上ない曲が出来上がりました。泣きました」と何度もお辞儀しお礼を伝える場面もあった。

 



ここからは、ムロの役柄が牧師であることにちなみ、<ダディお悩み相談室!>と題し登壇者の悩みをムロが解決するというコーナーに。映画のタイトル『マイ・ダディ』にかけて、登壇者が「マイ・○○」という形でお悩みを告白。

金井監督のお悩みは「マイ・おつまみぃ」。家で飲むときのおつまみのローテーションに悩んでいるという金井監督に対し「“はんごろし”という野沢菜をすごく辛く漬けたやつがおいしいです!」とおすすめ。

永野は「マイ・ポテンシャル」とお悩みを挙げた理由を、金井監督から「本番が弱い」と言われたからと明かす。ムロは「本番前のテストで全部出し切るタイプだから、本番に弱いと言われているだけ。テストで出しきらないことを覚えましょう」と的確にアドバイス。

続いて寺岡が「マイ・飲酒」と答え、「家飲みが増えて、太りがちです」というお悩みには「僕も、飲みに行けないから太りがちです。でも太ることはできないので、気が向いたときにすぐに運動ができるようにヨガマットを敷きました。2日くらいは、やってみましたが、今はヨガマットの上で飲んでいます」と苦笑。さらに飲みにいけない寂しさから夜中に急に悲しくなることを明かし、「“つたー”って涙が流れるんです」と逆にお悩みを明かす場面もあった。

寺岡のお悩みが解決したのか疑わしい中、続いてのお悩みは毎熊の「マイ・スキン」。「また焼けたねと怒られます」と役者あるあるを告白。「いいスキンセットないかなと思いまして」という毎熊に「聞く相手間違ったね」とのこと。日焼け止めトークが思いのほか長引き、終わりが見えなくなると毎熊が「この答えはあまりよくないなと思っていたんです」と反省する場面もあった。

中田のお悩みは「マイ・トーク」。「ムロさんみたいに思ったことをすぐ話せるようになりたいです」という中田に「口下手なままでいい。そのままでいて! こなれて嘘ばっかりついている人間にならないで!」と懇願し、笑いを誘うと、

続く奈緒は「マイ・アンブレラ」と回答。傘を100パーセントの確率で忘れてしまうという奈緒には傘をやめ、カッパにすることを提案し「僕があなたのカッパを買います」と宣言する形で、コーナーを締めくくった。



mydady-ive-550.JPG無事に登壇者全員の悩みを解決したムロは、最後の挨拶で「このお話を生んでくれてありがとうございます」と金井監督に感謝を述べる。続けて「愛の映画です。いろんな愛の形があるということ、愛を提示してくれる映画です。ほんとにおもしろく泣いてしまう映画です。公開まで1ヶ月を切りました。公開時、世の中がどういう状況になっているか分かりません。“映画館に行って!”とは大声では言えない時代ですが、映画の存在はぜひ知ってほしいです。ある1人の役者が25年かけてたどり着いた初主演した素晴らしい作品です。ムロツヨシ、主演やりました、ありがとうございます! 」と最後にまとめたムロに、割れんばかりの大きな拍手が送られ、イベントは幕を閉じた。


この後行われたマスコミ向けのフォトセッションが終了すると、改めて、ステージで来場者に向けて挨拶をしたムロ。「いい形で、映画を広げてください」とお辞儀をするムロ。会場はこの日一番の拍手に包まれた。



出演:ムロツヨシ 奈緒 毎熊克哉 中田乃愛 臼田あさみ 徳井健太(平成ノブシコブシ) 永野宗典 光石研
監督:金井純一
脚本:及川真実 金井純一
制作プロダクション:ROBOT
主題歌:カーリングシトーンズ「それは愛なんだぜ!」
幹事:カルチュアエンタテインメント
配給:イオンエンターテイメント
コピーライト:©2021「マイ・ダディ」製作委員会

◆公式HP: https://mydaddy-movie.jp/

2021年9月23日(木・祝)~ 全国ロードショー
 


(オフィシャル・レポートより)

月別 アーカイブ