レポートインタビュー、記者会見、舞台挨拶、キャンペーンのレポートをお届けします。

『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』平山秀幸監督インタビュー

everest-kami-s-di-500-1.jpg『エヴェレスト  神々の山嶺(いただき)』平山秀幸監督インタビュー

(2016年2月18日(木)大阪にて)


■(2016年 日本 2時間02分)
■原作:夢枕 獏「神々の山嶺」(角川文庫・集英社文庫)
■監督:平山秀幸(『学校の怪談』『愛を乞うひと』『必死剣 鳥刺し』『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』)
■出演:岡田准一、阿部寛、尾野真千子、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、テインレィ・ロンドゥップ、佐々木蔵之介
■公開情報:3月12日(土)~全国ロードショー
■作品紹介はこちら
■岡田准一、阿部寛、平山秀幸監督 合同記者会見のレポートはこちら
■公式サイト:http://www.everest-movie.jp/
■コピーライト:(C)2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会



日本映画史上初エヴェレスト・ロケ敢行!
不安や恐怖より原作の力強さに圧倒された平山秀幸監督

 

everest-kami-pos.jpg山に魅入られた孤高の登山家・羽生丈二(阿部寛)と、彼の生き様を追うカメラマンの深町誠(岡田准一)との、世界最高峰エヴェレストを舞台に描いた熱い人間探求のドラマ。登頂への執念と力強い躍動感が響いてくる、日本映画史上かつてないスケールの映画は観る者を圧倒する。
 

エヴェレストを舞台にした壮大なドラマ・夢枕獏原作の「神々の山嶺」の映画化は過酷な撮影を余儀なくされ、長い間映画化は困難と言われてきた。その難関に挑んだのは、登山への興味もければ重労働も苦手という平山秀幸監督。前作『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』(11)の熱帯ジャングルでの撮影から酷寒のエヴェレストという厳しい環境での撮影が続いたが、見事山岳映画の金字塔を打ち立てた。オファーを受け原作を手にした時には「自分の苦手なことがいっぱい詰まっていそう」と躊躇したそうだ。だが、それよりも原作の持つ力強さや面白さに惹かれて、「これは何がなんでもやり遂げたい!」と決断。


everest-kami-s-di-240-1.jpgそこで、「やるからにはエヴェレスト撮影しよう!」と、2014年5月、試しにプロデューサーや脚本家ら5人でヒマラヤ登山の拠点ナムチェバザール(標高3,440m)へと向かう。高山病にもならず無事に帰って来られたので映画製作を決行することになったという。主役の深町誠には武闘派でスポーツ万能の岡田准一、羽生丈二にはストイックな役作りで定評のある阿部寛、さらに羽生のかつての恋人・岸涼子には尾野真千子というパワフルなキャスティングが揃い、エヴェレスト・ロケから撮影はスタート。2015年3月、いざ世界最高峰のエヴェレストへ。


everest-kami-500-4.jpg30名の日本人とネパール人のスタッフ、総勢120名は10日間かけて登ったり下りたりを繰り返す高度順応をしながら5,200mのゴラクシェプへ。その道中、岡田准一と阿部寛の二人は自然の力によって次第に山男の顔になっていったらしい。また、山屋さんという登山のエキスパートの存在は、役者への登山家としての精神面や肉体面のフォローをはじめ、「分からないことはすべて山屋さんに聞いて!」と監督にとっても頼もしい存在となる。ゴラクシェプに到達してからは、その近辺のアイスフォールや岩壁などで3週間にわたり撮影。山屋さんの指示に従って安全を確保しながら撮影に臨めたが、現場への行き帰りが大変危険で怖かったという。天候によってはすぐに-20℃以下になったり、強風に吹き飛ばされそうになったり、地上の半分の空気しかない場所での激しい演技は、岡田准一や阿部寛は無論、スタッフにとってもかなりの難行苦行となったようだ。


everest-kami-s-di-240-3.jpg映画化困難とされた原作について、「原作をそのまま映像化すると6時間はかかるので、政治的なことや恋愛の部分を削って、男と男の人間ドラマを中心にした」。そして、「なぜ山に登るのか?」という問いについては、「自分の中ではまだ整理しきれていない」。ロケ場所へ行くだけでも命懸けの仕事をやり遂げて、「今となっては、よくエヴェレストまで行ったな。この映画の製作自体が大冒険だった」と述懐。もう一度やりたいかと言う問いには、「今度はラクして行く方法を考える(笑)」と。同時期に韓国も映画撮影を行っていたが、近隣の街からヘリコプターで往復していたそうだ。


また、撮影終了後の4月25日に発生したネパール大地震については、「エヴェレスト・ロケを先行したお陰でこの映画を完成させることができたが、協力してくれたネパール人スタッフの多くも被災しているので、地震に遭わなくて良かったなどとはとても言えない」。さらに、「予定していたカトマンズでの上映会もまだ実現できていない。1日も早い復興を願うばかり」と、ネパールの被災者への気遣いを滲ませた。


岡田准一が、阿部寛が、平山秀幸監督をはじめとする撮影スタッフが命懸けで撮影した渾身作『エヴェレスト神々の山嶺(いただき)』は、3月12日(土)から全国ロードショーされる。

(河田 真喜子)