レポートインタビュー、記者会見、舞台挨拶、キャンペーンのレポートをお届けします。

「劇場はちょうど地獄サイズ」長瀬×クドカン、鬼メイクの撮影秘話を披露!『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』舞台挨拶 @TOHOシネマズ梅田

TYTD-bu-550-2.jpg

「劇場はちょうど地獄サイズ」長瀬×クドカン、鬼メイクの撮影秘話を披露!『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』舞台挨拶 @TOHOシネマズ梅田
(16.6.17 TOHOシネマズ梅田)
登壇者:宮藤官九郎監督、長瀬智也
 

~長瀬が熱演!「ロック×鬼×地獄」の最高にバカバカしい、ふりきれコメディー~

 

TYTD-550.jpg

長瀬智也が7年ぶりに主演を務める宮藤官九郎監督最新作、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』が6月25日(土)より全国東宝系で劇場公開される。好きな子にキスもできぬまま不慮の事故で地獄行きとなってしまった普通の高校生・大助に“鬼特訓”を加えるのが、長瀬演じる地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる赤鬼のキラーK。歌舞伎のような鬼メイクで、「マザーファッカー!!!」と連呼しながら、大助にギターの“鬼特訓”をする一方、ヘルズのライブではオリジナル曲を多数熱唱し、ロック映画として見応えがある本作の、正に要となっている。
 

TYTD-bu-kudo-2.jpg

全国公開を前にTOHOシネマズ梅田で開催された大阪公開直前舞台挨拶では、宮藤官九郎監督と長瀬智也が登壇し、会場を埋め尽くした女性客から熱烈な歓迎を受け、本作の地獄のような熱気がムンムン。冒頭の挨拶でも長瀬が貫録の様子で観客からの歓声に応える一方、宮藤監督は「こんばんは」の後に観客から返事が返ってくると、すかさず「返事するとは思わなかった」と大阪の歓迎ぶりに驚きの表情を見せた。
 

舞台挨拶までにインディアンカレー、たこやき、堂島ロールと大阪グルメを堪能したという長瀬はキラーK役について、「(オファーがあったときは)やった!と思った。ロックから、鬼ときて、地獄と、宮藤監督が表現したいことが分かった。僕もロックが好きで、地獄からやってきたというパフォーマンスをよく見ていたので、かっこよすぎて笑っちゃうようなロックなんだなと。説明は要らなかった」と監督の意図がストレートに伝わった様子。宮藤監督も「長瀬智也が主演のバカバカしい、ロックのふりきれたコメディーを作ろうというのが、今回のはじまり」と、長瀬ありきの本作であった経緯を明かした。

 

TYTD-500-3.jpg

赤鬼を思わせるビジュアルが個性的なキラーKだが、「声や表情がビジュアル負けしないように、少々の変顔では表情が変わらないので、やりすぎて顎が外れそうになった」と長瀬が苦労を明かすと、「モニターを見ながら、もっと、もっとと、最後にはゴリラでいいと言っていた」と宮藤監督が鬼指導ぶりを暴露、会場が笑いに包まれた。地獄のシーンはセット撮影だが、宮藤監督が「ちょうど(会場が)地獄サイズ、こんな広さでこれぐらいの高さの場所で地獄シーンを撮影していた」と明かしながら、「セット入りからメイク済の長瀬らヘルズのメンバーに、様々なジゴロック挑戦者が加わり、(ライブや対バンシーン)をワッとやって、ありがとうございましたと皆が去っていく。ほとんど(長瀬たちの)素顔は見なかったけど、楽しかった」。長瀬も「衣装は重たいし、視界が狭い中、砂埃や風を受けながらのライブシーンは、顔にナマハゲみたいな毛がへばりついても取れないし」と撮影を振り返り、宮藤監督から「そのライブシーンがいいんだよ」とお墨付きをもらう一幕も。
フォトセッションでは、観客の前でヘルズポーズを取る二人の後ろで、観客もヘルズポーズを披露し、大阪ならではのノリノリ地獄フォトとなった。
 

TYTD-bu-kudo-1.jpg

最後に、「1年という長い年月があって、ようやく観ていただくことができうれしい。(宮藤監督とは)15,6年前に出会ってから培ってきたものがあり、また今回新たなスタッフも交え、共に作り上げた集大成。青春、ラブストーリー、コメディーと様々な要素がある。1回目は一人で、2回目は友人と、3回目は家族と観に来てほしい。今までロックに興味がなかった人に、少しでも興味をもってもらえたらうれしいです」(長瀬)
「バカバカしい青春ロックミュージカルコメディーです。面白かったら、ちゃんとつぶやくように。そうでなければ黙っていてください。お金を払って観てもらうのは大歓迎。ぜひもう一度観てください」(宮藤)
と挨拶した二人。最後までロックでカッコイイ長瀬と、長瀬に熱視線を送る観客にツッコミを入れて会場を沸かせる宮藤監督の名コンビへ、会場から大きな拍手が送られた。
宮藤監督と長瀬のあうんの呼吸から生まれたロック愛溢れる映画。この夏は、地獄図ロックが席巻すること間違いなしだ。
(写真:河田真喜子、文:江口由美)
 

<作品情報>
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』
(2016年 日本 2時間5分)
監督:宮藤官九郎
出演:長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、古館寛治、皆川猿時、宍戸・カフカ、清、古田新太、宮沢りえ他
2016年6月25日(土)~TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば、OSシネマズミント神戸、TOHOシネマズ二条他全国ロードショー
公式サイト⇒http://tooyoungtodie.jp/
(C) 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation