レポートインタビュー、記者会見、舞台挨拶、キャンペーンのレポートをお届けします。

吉田羊、「人生に無駄な恋はない」という台詞に実感込めて。『ラブ×ドック』舞台挨拶

DSCN6827.JPG

吉田羊、「人生に無駄な恋はない」という台詞に実感込めて。『ラブ×ドック』舞台挨拶
(18.4.17 阪急うめだホール)
登壇者:吉田羊、鈴木おさむ監督  
 
放送作家として数々の人気バラエティを手がけるにとどまらず、小説・エッセイの執筆や、『ハンサム★スーツ』『新宿スワン』など映画の脚本でも活躍する鈴木おさむが初めて監督に挑んだ完全オリジナル作品『ラブ×ドック』が5月11日(金)よりTOHOシネマズ梅田他全国公開される。
 
 
lovedoc-550.jpg
 
遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック【ラブドック】を舞台に“仕事は完璧、だけど恋愛は失敗続き”な愛すべき女性・剛田飛鳥が恋に仕事に友情に奮闘する姿を描いた、“大人が楽しめる”かつてない新感覚ラブコメディ。映画・ドラマ・CM・舞台と、男女問わず高い支持を得ている人気実力派女優・吉田羊は、本作で初の映画単独主演を果たしている。吉田演じるアラフォーの飛鳥のコミカルかつ切ない恋の相手には、野村周平、玉木宏、吉田鋼太郎という年下、同世代、年上の素敵男子3人が扮しているのも見どころだ。
 

DSCN6804.JPG

全国公開前に行われた大阪の舞台挨拶付試写会では、「羊ちゃん!」という声援が飛ぶ中、主演の吉田羊さん、鈴木おさむ監督がご登壇。大きなうちわを振っての応援に「私、アラフォーなのですが、こんなに黄色い声援をいただいて!舞台からだと客席が見えないので、ある時『うちわなんかを作ってくれたら、よく見えるのに』と言ったら、本当に作ってきてくださったので、よく見えます。ありがとうございます」と吉田が感激しながら挨拶すると、「どうも!うちの妻は、ハリセンボンと仲悪くないです!仲いいですよ!」と鈴木おさむ監督が挨拶し、観客から笑いを誘った。
 
 
クールビューティーと言われる吉田だが、自らをさらけ出すような飛鳥役を演じての感想を聞かれると、「飛鳥の魅力は、学習しないなと思うところはありますけれど、本能的に、心に素直なのが、一番チャーミングなところ。心に嘘がないように演じたので、喜怒哀楽がいっぱいあり、演じてすごく疲れました」と全力投球の演技であったことを明かした。さらに、前半は好きな人を射止めようと、計算高く立ち回るシーンもあることに触れ、「女子力を高めて演じる時には、監督から『羊さんの2割増しで可愛く演じてください』と言われ、日頃そんなことしないので、ものすごく照れました」と暴露。
 

DSCN6807.JPG

すかさず「可愛かったですよ」と合いの手を打った鈴木監督は、吉田の起用について「35歳から40歳までの恋する女性だったので、演者は独身で、しかもコメディーのセンスのある人。コメディーが上手だと泣きのお芝居も上手なので、吉田さんにお願いしたいと思いました。クールビューティーがボロボロになっていく姿を見たかった」とその狙いを語った。
 
さらに3人のタイプの違う男子との恋愛にボロボロになりながらも成長していく飛鳥と照らし合わせ、自身の恋愛観について聞かれた吉田は、「この映画の大きなテーマでもある『人生に無駄な恋はない』という一言は心からリンクできました。私自身も、生まれて今まで出会った人、モノ、事、あらゆるものが今の自分を形作っていると思うので、実感を込めて台詞を言わせていただきました」
 
 
lovedoc-500-1.jpg
 
鈴木監督からは、飛鳥の3つの恋について「キスシーンがあるのですが、それをどう見るか。あまりにもロマンチックすぎるところもあるし、笑えたり、いいなと思う人もいると思いますが、そのキーワードが、ホイップクリーム、ピンポン玉、金魚。皆さんもSNSでつぶやく時、『私は金魚』とか。楽しいと思いますよ」と映画を楽しむヒントが提示されると、吉田は「私が観客の立場なら、金魚かな。背景も含めてすごくロマンチックでステキでした。ああいうシチュエーションなら喜んで」と意味深発言もあった。
 
 
lovedoc-500-2.jpg
本作では飛鳥の友達役として登場する大久保佳代子が重要な役割を果たしているが、「女の友情も結構描いています。大久保さんは準主役級の存在。女性の友情や嫌な部分など結構リアルですよ」と鈴木監督がもう一つの見どころに触れると、司会からは妻で芸人の森三中、大島美幸の影響があるのかと鋭いツッコミが。「コンプレックスを抱いている女性は独特の人生観を持っていて、うちの奥さんは『美人は性格悪い』とずっと言ってますから。コンプレックスを抱いていたり、昔いじめに遭っていたような女友達が傍にいたらと思い、今回大久保さんに演じてもらいました」と語り、「吉田さんも広末さんも性格がとてもいい」と大島の説を「嫉妬」と一笑した。
 
 
lovedoc-500-3.jpg
 
最後に鈴木監督が「日本だと10代の女の子が見るキラキラムービーはあるのに、大人の女性の恋愛ムービーがないと思い、吉田羊さんにお願いして作りました。きっと小さく背中を押してくれると思います。もう一つの見どころで、シャチのシーンはCGではございません。それを念頭に置いていただくと、吉田さんがどれだけガッツがあるかわかると思います」
 

DSCN6831.JPG

さらに吉田は挨拶の前に、感謝の意を込めて、来場した観客の中から誕生日の人に登壇いただき、一緒に写真を撮り、サイン入りプレスをプレゼントするというサプライズを敢行。2名の方が登壇し、舞台上でフォトセッションさながらの撮影と、豪華ゲストとの交流を楽しんだ。
楽しい舞台挨拶の締めくくりに「大人だって恋をしたいけれど、大人だからそんなこと言えないと思っている人たちにこの映画を観ていただきたい。大人が恋をするのなら、こんなにカッコいいんだと思っていただき、前向きに、ハッピーになって帰っていただけたら、うれしいなと思います。笑って、泣いて、そして最後には清々しい気分になれる作品になっております。今日は楽しんで帰ってください。本当にありがとうございました」と気持ちを込めて吉田が挨拶。舞台上から客席の隅々まで目を配り、観客と交流をする吉田や鈴木監督に、改めて大きな拍手が送られた。
いくつになっても恋する気持ちを忘れたくない大人女子への全力応援ムービーを、ぜひ楽しんでほしい。
(江口由美)
 

lovedoc-pos.jpg

<作品情報>
『ラブ×ドック』
(2018年 日本 1時間54分)
監督・脚本:鈴木おさむ
出演:吉田 羊 野村周平 大久保佳代子 篠原 篤 唐田えりか 成田 凌/広末涼子 吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏 ほか
ミュージックディレクション&主題歌:加藤ミリヤ
製作:『ラブ×ドック』委員会 
配給:アスミック・エース
2018年5月11日(金)よりTOHOシネマズ梅田他で全国ロードショー
 ©2018『ラブ×ドック』製作委員会
公式サイト →  http://lovedoc.asmik-ace.co.jp/