映画ニュース特別上映情報や映画関連イベント情報、レポートをお届けします。

『バーニング 劇場版』【大ヒットスタート】

burning-550.jpg

村上春樹「納屋を焼く」原作×イ・チャンドン監督8年ぶりの新作

『バーニング 劇場版』【大ヒットスタート】

 

本年度、第71回カンヌ国際映画祭のコンペディション部門の招待作評点を集計する、スクリーン デイリーで歴代最高評価(3.8点/4点満点中)を獲得し、圧倒的な作品評価によって国際批評家連盟賞を受賞した『バーニング 劇場版』は2月1日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて公開された


TOHOシネマズ シャンテでは、初日である2月1日には平日金曜にもかかわらず、初回から多くの観客が来場。通常の韓国映画とは異なった客層の広がりを見せており、30代、40代の男女を中心とし、19:00の回は朝から満席完売となる好スタートとなった。土、日2日間も全回ほぼ満席となり好調をキープ。


鑑賞後の評価も高く、「細かい伏線が張られ、見た後に語りたくなる」「我を忘れるほどエモーショナル」「忘れられないほどの傑作」などSNS上で話題となっている。また、新潮社とのタイアップ、書店展開によって原作ファンも動員につながっているが、「映画を観たら原作を読みたくなった」などの意見も多く、映画ファンに多く訴求されていることが見受けられた。


2月1日の夕刊各紙、朝日新聞、読売新聞、日経新聞、毎日新聞など大枠で高い評価の映画評が掲載され、2月1日発売のブルータスではイ・チャンドン監督と俳優の池松壮亮氏との対談記事、2月3日には、イ・チャンドン監督インタビューが朝日新聞の朝刊に掲載されるなど、紙媒体を中心に露出している。今後も、カルチャー好きの若い世代、新聞読者層を中心とし客層の動員が見込まれる。

また、2月3日のTFMで放送された『村上RADIO プレスペシャル』では、イ・チャンドン監督のインタビューを放送。そして、番組内で村上春樹氏ご自身も絶賛の感想を語り、更なる原作ファンの動員が見込まれる。


burning-500-2.jpg

【ストーリー】
小説家を目指しながら、バイトで生計を立てるジョンス(ユ・アイン)は、偶然幼馴染のヘミ(チョン・ジョンソ)と出会う。ヘミからアフリカ旅行へ行く間、飼っている猫の世話を頼まれるジョンス。旅行から戻ったヘミはアフリカで出会ったという謎の男ベン(スティーブン・ユァン)を紹介する。ある日、ベンはヘミと共にジョンスの家を訪れ、自分の秘密を打ち明ける。“僕は時々ビニールハウスを燃やしています”―。そこから、ジョンスは恐ろしい予感を感じずにはいられなくなるのだった・・・。


監督:イ・チャンドン『シークレット・サンシャイン』
出演:ユ・アイン『ベテラン』 スティーブ・ユァン「ウォーキング・デッド」シリーズ チョン・ジョンソ
2018年/韓国/カラー/148分/国際共同制作 NHK/配給:ツイン
©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

2019年2月TOHOシネマズ シャンテ、大阪ステーションシティシネマ ほか絶賛公開中!