映画ニュース特別上映情報や映画関連イベント情報、レポートをお届けします。

2017年5月アーカイブ

cinesko_vol1_omote.jpg
映画の上映だけでなく、特別講義やライブなど上映+αで映画を楽しむイベント、「Cinematic Skóla ~シネマティック・スコーラ~」(シネスコ)。グレタ・ガーウィグ主演作『ハンナだけど、生きていく!』大阪初上映と特別講義が行われるvol.1が、6月3日(土) 関西大学梅田キャンパスにて開催される。
 
 
hannahtakesthestairs.jpg
『ハンナだけど、生きていく!』は、『フランシス・ハ』で日本でも大ブレイク、『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』、6月3日から全国公開の『20センチュリー・ウーマン』と出演作が目白押しのグレタ・ガーウィグが2007年に才能あふれる友人たちと作り上げた珠玉のガールズ・ムービー。チャーミングで才能に溢れ、誰からも愛されながらも、自分のことがまだ分からない主人公ハンナのユーモラスでほろ苦い自分探しの旅を綴る、アメリカインディペンデント映画の息吹きを感じる作品だ。
 
上映後の特別講義では、IndieTokyoを主宰する映画批評家の大寺眞輔氏を講師として迎え、IndieTokyo第1回配給作品の『ハンナだけど、生きていく!』を例に、字幕~配給、映画が上映されるまでの流れをレクチャー。映画上映までの裏側も体感できる上映イベントとなっている。
 
ガールズムービー好きや、映画プラスアルファの企画を楽しみたい方にもオススメ!「Cinematic Skóla」×グレタ・ガーウィグ出演最新作『20センチュリー・ウーマン』ご鑑賞料金割引キャンペーンも開催、シネスコの半券提示で割引料金鑑賞ができる特典もうれしい。※詳細は下記リンク先参照
 
シネマティック・スコーラ vol.1参加ご予約は下記リンク先のお申し込みフォームにて好評受付中!
 

Cinematic Skóla ~シネマティック・スコーラ~  vol.1 “Independent”

●プログラム
 1.上映作品:『ハンナだけど、生きていく!』(07 アメリカ)
 2.特別講義:字幕~配給、映画が上映されるまで
      講師 大寺眞輔(IndieTokyo主宰、映画批評家)
 
●日時 2017年6月3日(土) 開場14:30 開演15:00(18:00終了予定)
 
●場所 関西大学梅田キャンパス8F KANDAI MeRISEホール
    〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5号
             ※阪急「梅田駅」茶屋町側から徒歩5分
 
●料金 一般 2000円/学生 1500円/ペア割 3000円
 
●予約、お問い合わせ 関西大学梅田キャンパスオフィス 
TEL06-4256-6410(平日10:00~18:30)
 
●詳細、予約フォームはコチラ
 

rusia-500.jpg


【ロシア・ソビエト映画祭2017  IN OSAKA】

今回の特集は、1930年代、40年代生まれの個性豊かな監督に焦点を当てるほか、大阪では劇場初公開の『赤いカリーナ』、関連企画として、アンドレイ・タルコフスキー監督全作品上映!

特別上映として、1920年代のサイレント映画『チェス狂』『ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険』を弁士付き上映、35mmフィルムが発見された『人生案内』など、全24作品を一挙上映いたします!

ロシア革命から100年を迎える今年、大阪シネ・ヌーヴォのみの渾身の企画です。



■公式サイト⇒ http://www.cinenouveau.com/sakuhin/russia/russia.html
■開催時期:2017年5月27日(土)〜6月30日(金)
■開催場所:シネ・ヌーヴォ

 【イベント】
●トークショー
①5/27(土)《パンフィーロフについて》 12:20〜『ワッサ』上映後 ゲスト:前田恵

②6/10(土)《ムラートワと本映画祭について》 10:00〜『長い見送り』上映後 ゲスト:扇千恵

●弁士付き上映
6/11(日)14:20〜『チェス狂』『ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険』
           弁士:遊花

●フィルム発掘上映
6/17(土)15:20〜『人生案内』

 

ケレス店内-500.jpg

『カフェ・ソサエティ』をイメージしたコラボカクテルが
バー「ケレス」(ホテル阪急インターナショナル2F)にて期間限定で販売中!

映画コラボカクテル「ファビュラス・ドリーム」-240.jpg■「ファビュラス・ドリーム Fabulous Dream 」

映画タイトルの『カフェ・ソサエティ』とは、1930年代に夜ごと都会のお洒落なレストランやクラブに繰り出すラグジュアリーなライフスタイルを実践したセレブリティのこと。そんな“カフェ・ソサエティ”のようなラグジュアリーな気分を味わえる、ファビュラスなカクテルになっております。

 

[商品特徴]

①グレープフルーツジュースとレモンジュースをジン、パッションフルーツ リキュールと組み合わせ柑橘系のさっぱりとした風味に。
②ブルーベリージャムをグラスの縁に添え、ほのかな甘さをプラス。
③作品のテーマカラーである、ピンクとパープルで彩り鮮やかに仕上げ、 映画の華やかさを表現。

ホテル阪急インターナショナル外観画像夜景-240.jpg販売期間:5/1(月)~5/31(水)
販売価格:1名様 1,500円(サービス料・消費税込)
提供時間 17:30~23:45(ラストオーダー)※日・祝日は22:45(ラストオーダー)
販売店舗:バー「ケレス」 (ホテル阪急インターナショナル2F TEL:06-6377-3630)

■期間限定キャンペーンの実施

① コラボカクテルをご注文の方、先着50名様のお客様へ、映画オリジナルポストカードをプレゼント。
②『カフェ・ソサエティ』映画半券をご提示で、バー「ケレス」のご飲食代から10%ご優待。
③ バー「ケレス」のご飲食レシートを、大阪ステーションシティシネマにてご提示いただくと、 本作の鑑賞料金 一般¥1,800のところ¥1,500に、学生¥1,500のところ¥1,300にご優待。

 


『カフェ・ソサエティ』 

cafesosiety-550.jpg『ミッドナイト・イン・パリ』ウディ・アレン監督が、1930年代のハリウッド黄金期を舞台に描くビタースウィートでゴージャスなロマンティック・コメディ。
もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーと、彼とハリウッドで出会い、彼からの求愛に迷うヴェロニカ“愛称ヴォニー”、そしてボビーの前に現れるもう一人の美女ヴェロニカの3人が織りなすもつれた恋を通して、誰しもが共感できる“人生の選択”というテーマを探求していく作品です。
また、シャネルが提供したゴージャスでファッショナブルな衣装にも注目される作品です。


★2017年5月5日(金・祝)~大阪ステーションシティシネマ、TOHOシネマズなんば、TOHOシネマズ二条、TOHOシネマズ西宮OS、OSシネマズミント神戸他

 監督・脚本:ウディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』『マジック・イン・ムーンライト』
キャスト:ジェシー・アイゼンバーグ『ローマでアモーレ』、クリステン・スチュワート『トワイライト』シリーズ、ブレイク・ライブリー『ロスト・バケーション』
クレジット:Photo by Sabrina Lantos © 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

Itaria2017-550.jpg《イタリア映画祭2017 OSAKA》

 

~日本未公開の最新のイタリア映画を7 本一挙上映!~

 

「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001 年の春に始まった「イタリア映画祭」は、今年で17 回目を迎えます。東京有楽町の朝日ホールではゴールデンウィーク恒例のイベントとなり、毎年1 万人を超えるお客様に質の高いイタリア映画を楽しんで頂いております。東京開催に続き大阪では、2016 年以降に製作された日本未公開の新作7本を、5/13(土)~5/14(日)ABC ホールに於いて開催いたします。コメディーもあればシリアスなドラマやアート系映画まで幅広いプログラムです。
 


【大阪会場・上映作品紹介】

Itaria2017-告解.jpg■5月13日(土)
①12:30~ 『告解』
 (監督:ロベルト・アンドー) 100min
※上映後に野村雅夫さん(FM802 DJ)によるトークショー(約30 分間)があります。(入場無料)

②15:30~ 『どうってことないさ』
(監督:エドアルド・レオ) 105min

③18:00~ 『かけがえのない数日』
(監督:ジュゼッペ・ピッチョーニ) 120min

 

■5月14日(日)
Itaria2017-歓びの.jpg①11:00~ 『切り離せないふたり』 
(監督:エドアルド・デ・アンジェリス) 104min

②13:45~ 『歓びのトスカーナ』
(監督:パオロ・ヴィルズィ) 116min

③16:20~ 『いつだってやめられる―マスタークラス』
(監督:シドニー・シビリア) 118min

④19:00~ 『ジュリアの世界』
(監督:マルコ・ダニエリ) 104min



会期・会場:5 月13 日(土)~5 月14 日(日) ABCホール(大阪市福島区福島1-1-30)

【公式サイト】:http://www.asahi.com/italia/

【一般の方のお問合せ】:050-5542-8600(ハローダイヤル:~5 月14 日)

※前売り券販売は4月15日(土)10:00~、セブンチケットにて販売!

【前売り1回券】一般1,300円/学生・60歳以上1,200円(日時指定・全席指定)

【当日1回券】一般1,600円/学生・60歳以上1,500円(日時指定・全席指定)

主催:イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ

後援:イタリア大使館、イタリア総領事館協力:株式会社WOWOW

運営・宣伝協力:有限会社オフィス・リブラ字幕協力:アテネ・フランセ文化センター