映画ニュース特別上映情報や映画関連イベント情報、レポートをお届けします。

2013年5月アーカイブ

中村登チラシomote.jpg今年で生誕百年を迎える日本映画界の名匠、中村登。63年川端康成原作の『古都』でアカデミー外国語映画賞にノミネート、以降松竹の新たな看板監督として『紀の川』、『智恵子抄』等の代表作を世に送り出した。岡田茉莉子、岸恵子、岩下志麻、桑野みゆき、有馬稲子、司葉子ら日本映画史に名を残す名女優たちの魅力を存分に引き出し、”女性映画の名匠”とも称される中村登の世界に迫る特集上映が5/25(土)よりシネ・ヌーヴォで開催されている。

前述の『古都』、『紀の川』、『智恵子抄』といった中村登の代表作から、岸恵子のデビュー作『我が家は楽し』、倍賞千恵子のデビュー作『斑女』、そして岡田茉莉子の快演が光る知られざる傑作『河口』、不滅の青春映画『二十一歳の父』まで全24本がラインナップ。女優達の艶やかな姿に酔いしれたい。


生誕百年 女性映画の名匠 中村登の世界@シネ・ヌーヴォ 詳細はコチラ