映画ニュース特別上映情報や映画関連イベント情報、レポートをお届けします。

2016年8月アーカイブ

SOTS-550.jpg

アイルランド神話の不思議な世界へ冒険の旅にでた幼い兄妹が、悲しみを乗りこえ、家族の愛を取り戻すまでを描く感動のファンタジー、『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』が、8月27日(土)よりシネ・リーブル梅田ほかにて公開される。
 
これに先立ち、劇場公開記念トークイベント&展覧会が開催。本作を制作したのは、アカデミー賞に2度ノミネートされ、今最も注目を集めるアイルランドのアニメーション・スタジオ“カートゥーン・サルーン。その圧倒的な映像美を生み出した創作の秘密を解き明かす、ストリートボード、キャラクター設定、背景スケッチなど貴重な資料を展示する。
また8月27日(土)は、アイルランドフューシャ奈良書店の代表、荒木孝子さんによる“アイルランドの神話と民話”と題して、映画に描かれている世界を紐解くトークショーが開催される。そのほか、アイリッシュ・ミュージック・ユニットPooka(プーカ)によるアイルランド音楽の演奏も。映画の世界観を体感できるイベントだ。 
 

SOTS-500-1.jpg
 
★ソング・オブ・ザ・シー 海のうた展  8月19日(金)~8月27日(土)    ≪入場無料≫ 
日・月定休日/火・木・金 12:00~19:00/水・土 12:00~18:00  ※8/27のみイベントのため15:00にて営業終了
 
★ソング・オブ・ザ・シー 海のうた 公開記念イベント 8月27日(土)16:00~
TALK:荒木孝子(奈良アイルランド語研究会代表)
LIVE:Pooka 山本晴美(コンサーティーナ、フルート)、山本篤(イリアン・パイプス、ギター)
料 金:1,000円(1ドリンク付) ご予約:info@calobookshop.com ※お申込みはメールのみとなります
会 場:Calo Bookshop & Café カロ ブックショップ アンド カフェ (大阪市西区江戸堀1丁目8-24 若狭ビル5F)
 
◆◇◆荒木孝子◆◇◆ 「奈良アイルランド語研究会(通称フューシャ)」の代表。また「アイルランドフューシャ奈良書店」という小さな出版社の代表でもある。アイルランド語とアイルランドの童話と民話を研究、翻訳している。フューシャは、2015年10月にアイルランド語の童話作家コルマーン・オラハリー氏を、今年2016年2月にアイルランドの妖精物語の作家であり、世界的に有名な語り部であるエディ・レニハン氏を招聘したイベントを奈良、京都、広島、東京で開催した。現在、奈良大学非常勤講師。
 
◆◇◆Pooka◆◇◆ 山本晴美(コンサーティーナ、アイリッシュハープ、フルート他)/山本篤(イリアン・パイプス、ギター他)
イリアンパイプス、コンサーティーナ、フルート、ハープなどさまざまな楽器を2人で持ち替えながらアイルランドの伝統的なダンス曲やゆったりしたエアを演奏するユニット
 

SOTS-500-2.jpg
 
<作品紹介>
 
驚異の満足度99%!
アイルランド神話の不思議な世界へ冒険の旅にでた幼い兄妹が、悲しみを乗りこえ、家族の愛を取り戻すまでを描く感動のファンタジー!
【STORY】海ではアザラシ、陸では人間の女性の姿をとる妖精・セルキー。そのセルキーの母親と人間の父親の間に生まれた兄妹。妹が生まれた夜、母は家族を残して突然海へと姿を消してしまいました。そして妹シアーシャの6歳の誕生日、兄妹はおばあちゃんに町へ連れて行かれますが、そこで突然、シアーシャがフクロウ魔女マカの手下に連れ去られてしまいます。兄のベンは妹を救うため、消えゆく魔法世界へと不思議な旅に出発します…
 
『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』
吹替版声優: 本上まなみ 、 リリー・フランキー、  中納良恵(EGO-WRAPPIN’)/日本版テーマソング作詞・歌:中納良恵( EGO-WRAPPIN’)
監督: トム・ムーア 脚本:ウィル・コリンズ 音楽:ブリュノ・クレ、KiLA 後援:アイルランド大使館 
2014年/93分/アイルランド・ルクセンブルク・ベルギー・フランス・デンマーク合作 
©Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Nørlum