映画ニュース特別上映情報や映画関連イベント情報、レポートをお届けします。

2015年10月アーカイブ

his-tiger-500.jpg
第7回京都ヒストリカ国際映画祭のオープニング作品『タイガー・マウンテン~雪原の死闘~』で製作指揮(エグゼクティブ・プロデューサ ー)を務めたジェフリー・チャン氏が来日し、10 月 31 日(土)12:00 からの上映後にトークショーを開催する。
 
現在、中国の映画市場は世界第2位の規模まで急拡大しており、ハリウッドも中国との共同製作を積極的に行っている。今回来日するジェフリー・チャン氏は、香港を拠点に数々の国際共同製作を手掛け、中国映画市場への配給を取りもつキーパーソンであり、製作費 28 億円のツイ・ハーク監督のヒット作『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』(中国で興収 72 億円)など多数の大作を戦略的に成功に導いた実績の持ち主だ。世界の映画産業の潮流を知る貴重なトークショーとなること間違いない。
 
ジェフリー・チャン氏プロフィール
〔『タイガー・マウンテン〜雪原の死闘〜』 エグゼクティブプロデューサー〕
中国の大手映画配給会社・Bona Film Group にて COO、役員を務める。また国際セールスエージェントであり、現在は Bona の香港を拠点とした合弁子会社となっている Distribution Workshop をベテラン映画プロデューサー、ナンサン・シーと共同設立。これまでエグゼクティブプロデューサー、プロデューサーとして『タイガー・マウンテン~雪原の死闘~』の他、『盗聴犯 三部作』、『ゴッド・ギャンブラー レジェンド 1、2』、『レクイエム 最後の銃弾』、『激戦 ハート・オブ・ファイト』、『My Lucky Star(原題)』、『ラスト・シャンハイ』、『桃さんのしあわせ』、『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』 や『白蛇伝説』など多数のヒット作を含む約 30 作品を手掛けた。また最近では、シンガポールの気鋭監督エリック・クーの最新作『In the Room』のエグゼクティブプロデューサーを務めた。
 

his-logo.png

尚、現在からの目線でテレビ時代劇を問い直すヒストリカ・ フォーカスのゲストには、映画監督の犬童一心氏、アニメ監督の大地丙太郎氏を迎え、当時制作に携わったゲストとテレビ時代劇を掘り下げるトークが開催される。ヒストリカ・ナビゲーターの飯星景子氏や、ヒストリカワールドのゲスト、ミルクマン斉藤氏によるトークもぜひお見逃しなく。
 
 
全上映作品の前売券はチケットぴあ各種取扱窓口で販売中⇒http://www.historica-kyoto.com/ticket/