映画ニュース特別上映情報や映画関連イベント情報、レポートをお届けします。

2020年10月アーカイブ

日露合作映画「ハチとパルマの物語」

2021年3月のロシア公開が決定

共作作品としては史上最大1,000スクリーン規模で上映

 
モスクワと秋田を結び、少年と犬の感動的な触れ合いを描いた日露共同製作作品「ハチとパルマの物語」のロシア公開が下記の詳細にて決定いたしました。
 


1976年の旧ソ連時代、モスクワ国際空港に実在した名犬「パルマ」のエピソードを基に描かれた日露共同製作作品「ハチとパルマの物語」。この度、ロシア大手の映画会社マーズメディアとセントラル・パートナーシップの配給によって来年3月、共作作品としては史上最大規模のロシア全土約1,000スクリーンでの上映が決定いたしました。
 
母の死とともに心を閉ざしてしまった少年コーリャ。はぐれた飼い主を空港で待ち続ける犬パルマ。二つの魂が出会うきっかけをつくったのは秋田犬ハチ。日露の名犬が少年の孤独な心を救う感動のドラマに仕上がっています。
 
主役のコーリャ少年には、200人を超える応募者からオーディションで選ばれた子役レオニド・バーソフ。そして、ロシアを代表する名優アレクサンドル・ドモガロフ、「T-34」のヴィクトル・ドブロヌラヴォフら熟練のキャストが脇を固めています。さらに日本からは渡辺裕之、藤田朋子、壇蜜、阿部純子らが出演、また、フィギアスケーターのアリーナ・ザギトワも本人役で登
場します。主題歌は堂珍嘉邦(CHEMISTRY)が手掛けています。監督は俳優としても活躍し、本作で初めて親子での参加を果たしたアレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア。撮影は2019年7月から20年7月までロシア・モスクワと秋田県大館市で行われました。
 
ロシアで公開された他の作品としては、国内で大ヒットを記録したロシア製戦争映画「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」(2018)が1,715スクリーン、日本でも大ヒット中のアクション「テネット」が1,217スクリーン、ポン・ジュノ監督のオスカー受賞作「パラサイト 半地下の家族」(2020)が280スクリーン、カンヌでパルム・ドールを獲得した是枝裕和監督作「万引き家族」(2018)が138スクリーン、2019年の日露合作映画「ソローキンの見た桜」はコロナ禍の影響で公開が延期されていますが、今年の12月に150スクリーンで公開される予定となっており、それと比較しても「ハチとパルマの物語」は1,000スクリーンという公開規模からして、ハリウッド超大作にも匹敵する観客の動員を見込んでおります。
 

【ストーリー】
旧ソ連時代の1970年代。検査の手違いから仕方なくモスクワの空港に置き去りにされた犬、パルマ。いつの日か飼い主が迎えに来ることを信じて、 今日もパルマは滑走路の傍らでじっと待ち続ける。そして1人の少年と出会う…。2年もの間、実際にモスクワのヴヌーコヴォ国際空港で待ち続け、 いまも多くの人に語り継がれる感動の実話“パルマの物語”、待望の映画化。 
 

渡辺裕之 藤田朋子 アナスタシア 壇蜜 高松潤 山本修夢 早咲阿部純子(友情出演) 堂珍嘉邦(友情出演) 
アリーナ・ザギトワ(友情出演)アレクサンドル・ドモガロフ レオニド・バーソフ ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ
監督:アレクサンドル・ドモガロフJr. 
脚本:アレクサンドル・ドモガロフJr./村上かのん 
プロデューサー:益田祐美子
公式サイト:https://akita-movie.com/
©2021パルマと秋田犬製作委員会
配給:東京テアトル/平成プロジェクト
 

2021年初夏、感動の全国ロードショー!


 

キービジュアル_R.jpg
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』大好評上映記念!

今からでも間に合う「鬼滅の刃」基礎知識&見どころを紹介!!

 

10月16日(金)から全国の劇場で公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の大好評を記念して、映像配信サービス「dTV」は、マンガやテレビアニメ、劇場版をまだ見ていない方にも「鬼滅の刃」を楽しんでいただくために作品の基礎知識や見どころを一挙ご紹介します。


<基礎知識>

第1話場面写真_R.jpg

週刊少年ジャンプで、2020年5月に最終回を迎えた少年マンガ『鬼滅の刃』。同作はテレビアニメが2019年4月から放送され、盛り上がりを加速。「オリコン年間コミックランキング 2019」では、「コミック作品別」ランキングでシリーズ初の第1位を獲得!そして2020年10月で累計発行部数1億部を突破!そんな幅広い世代から愛されている作品をここで改めて紹介します!!


「鬼滅の刃」の舞台は大正時代。親兄弟を人喰い鬼に殺されてしまった少年・竈門 炭治郎(かまど たんじろう)が、唯一生き残るも鬼となってしまった妹の禰

テープカット (2).jpg
 

ゴジラが淡路島に来・ちゃー!!

実物大ゴジラのお披露目に淡路島ゆかりの面々が大興奮!

 
【日時】10月8日(木)10:30~11:45
【場所】ニジゲンノモリ ゴジラ前特設ステージ(淡路市楠本2425-2 兵庫県立淡路島公園内)
 


兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」(兵庫県立淡路島公園内)に世界最大、全長約 120mの実物大ゴジラをテーマにし、ゴジラの強大さと迫力を真に体感できる世界唯一のエンターテインメントアトラクション『ゴジラ迎撃作戦~国立ゴジラ淡路島研究センター~』が 10 月 10 日(土)にオープンします。
参加者は国立ゴジラ淡路島研究センターの一員となり、細部までこだわり抜いたゴジラの体内に突入する「ジップライン」や、飛散したゴジラ細胞をせん滅する「シューティング」などのミッションに挑みます。
この度、10 月 10 日(土)の一般オープンに先駆けて、淡路島やゴジラにゆかりの面々を迎え、完成披露イベントが行われました!
 

【日時】10月8日(木)10:30~11:45
【場所】ニジゲンノモリ ゴジラ前特設ステージ(淡路市楠本 2425-2 兵庫県立淡路島公園内)
【登壇者(敬称略)】
・井戸敏三(兵庫県知事)
・門康彦(淡路市長)
・たむらけんじ (淡路島大好き芸人)
・山崎紘菜(NIGOD 研究員・三枝役)
・大田圭二(東宝株式会社 常務取締役 兼 チーフ・ゴジラ・オフィサー(CGO))
・南部靖之(株式会社パソナグループ 代表取締役グループ代表)
 

以下、登壇者コメント(敬称略)
■井戸敏三(兵庫県知事)
荒唐無稽の企画がこうして実現して驚いております。ゴジラが淡路島に来てくれて大歓迎であります。
お祝いの歌を作りました。【ゴジラ来る またもや驚き 淡路島 火の鳥 NARUTO に 引き続いて】
■門康彦(淡路市長)
淡路島を代表して歓迎とお礼を申し上げます。ゴジラは台風と一緒に上陸するものなので、本日の天候も必然だったと思います。地元民はこういったイベントの日に降る雨を吉兆の雨と呼んでおります。今日は雨ではありますが、1 日楽しんでいってください。
■大田圭二(東宝株式会社 常務取締役 兼 チーフ・ゴジラ・オフィサー(CGO))
ゴジラは淡路島初上陸となります。実際に完成してみると今にも動き出しそうで迫力が桁違いです。今年でゴジラは 66 歳で最も古くから続くシリーズ映画で来年はハリウッド版ゴジラの最新作も公開となり、ますます世界中で暴れまわってくれると思います。
■南部靖之(株式会社パソナグループ 代表取締役グループ代表)
荒ぶる神の化身のゴジラがとうとう淡路島にやってきてくれたと、心をワクワクドキドキさせながら今ここに立っております。ゴジラを通して淡路島を世界中の方々に知っていただき、沢山の方々にお越しいただけるように、まだまだ仕掛けも考えておりますので、これからも with ゴジラで宜しくお願い致します!
 

テープカットでは淡路島大好き芸人として知られるたむらけんじ、シアターで上映される VTR に NIGOD(ニゴッド)研究員・三枝役として出演した山崎紘菜も登壇!『ゴジラ迎撃作戦、開始!』の声の元に壮大なゴジラの鳴き声と噴煙に包まれました!

たむらけんじジップライン (2).jpg
 
続くトークセッションでは山崎紘菜とたむらけんじのトークが繰り広げられる…ハズだが、たむらの姿が見当たらない!?
ザワつく会場、姿を探す取材陣。突如、ジップラインに人影が!
前代未聞、ジップラインで登場!ゴジラの巨大な口の中に吸い込まれていく、たむらけんじ!!
「たむらが喰われる~」
無事生還したたむらけんじを加えて、トークセッションがスタート!
 

たむらけんじ (2).jpg

■たむらけんじ(淡路島大好き芸人)

(ジップラインを飛んでの感想)
いやいや、俺、芸歴27年ですよ?!デビューしたての若手芸人がやるやつやん。陣内智則とか中川家が同期やねんけど、あいつらやったら絶対やっていないよ。ほんまにめっっちゃこわかった!!なめてたわ。スピードがすごかった!男気出して手も放したし、大声で叫んだけど聞こえてた??
いままで後輩芸人とかいろいろ食われてきたことはあるけど、本当の意味で自分が喰われることはなかったから初体験やったし、新体験やったわ~。
(山崎さんから、「あの奥には何があったんですか?」の質問に対して「スタッフがおったよ」の返事に会場爆笑。)

(ゴジラ迎撃作戦という作戦名にちなんで、たむらさんならどうゴジラを追撃する?)
(サッと獅子舞を取り出し)これですよ。ゴジラ VS 獅子舞!口をガブーっと開けて噛み合いますよ。え?どのぐらい開くかって?いや、こんだけ開けてるゴジラの前で開けにくいわ!ほら、だってこんなもんですよ(笑)でも、この獅子舞は世界で一番稼いでる獅子舞ですけどね!
(ボロボロの獅子舞の髪の毛を見て山崎さん「ならもっとケアしてあげてください!(笑)」と突っ込む一面も)
 

■山崎紘菜

山崎紘菜 (2).jpg(NIGOD 研究員・三枝役として VTR 出演した感想)

アトラクション前にご覧いただく映像なのですが、本当に映画と同じくらいの規模やクオリティで臨みました。ここでしか見れない映像なので是非見ていただきたいです。

(実物大ゴジラを間近にしての感想)
本当に想像以上の迫力で、歯とは爪とか細部までクオリティがすごく驚きました。この距離で見えるだけですごいのに、さらに口の中に入れるっていうのはたまらないです!今まで映画の中でしかゴジラを見たことがなかったので実際にこうして見ると、今後ゴジラ映画の見方も変わりそうです。
(淡路島へ来られたことはありますか?)
ドラマの撮影で一度だけ来たことがありますが、ゆっくり出来なかったので、今日はもし出来ればゴジラのジップラインも乗りたいです!(「絶対事務所に止められるで」と突っ込むたむら。「え、あとで一緒に乗りましょうよ」の山崎からのかわいい誘いに「うそつけ!甘い言葉には騙されへんで!」と吠えるたむらに一同爆笑)

これから、世界最大の「ゴジラ迎撃作戦」を体験することを楽しみにしている方々へのメッセージとして山崎はゴジラへの愛情が深いスタッフで作り上げた最高のアトラクションです。往年のファンはもちろんゴジラをまだ知らない方々の期待を絶対に裏切らないと思いますので、是非沢山の方に淡路島にお越しいただきたいと思います。
たむらは「ゴジラ」は日本の宝ですから、その宝が僕の大好きな淡路島に来てくれて、本当に幸せです。ゴジラを知らない子供たちに、「お父ちゃんのヒーロー」だったゴジラを伝えていけるアトラクションだと思いますので、是非家族で足を運んでもらえればと、淡路島への愛とゴジラへの愛を込めたメッセージで締めくくった。
 

(オフィシャル・リリースより)
 
201006-GODZILLA-B0 (2).jpg
名 称: 『ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~ 』
開 始: 2020 年10 月10 日(土)
場 所: 兵庫県淡路市楠本2425 番(「ニジゲンノモリ」 モリノテラス付近)
『ゴジラ迎撃作戦』エリア/約5,000 ㎡
 
内 容: 世界最大全長約120m の実物大「ゴジラ」が淡路島に登場。ゴジラの世界観を再現したエリアで、参加者は国立ゴジラ淡路島研究センターの一員となり、「ジップライン」や「シューティング」アトラクション世界初の常設「ゴジラミュージアム」やオリジナルゴジラフードを楽しめる。
 

1.シアター

シアターでしか見ることのできないアトラクション映像では、2017 年に文化庁委託事業「若手映画作家育成プロジェクト」に選出された中川和博氏を監督に迎え、淡路島に現れたゴジラに対して繰り広げられる「ゴジラ迎撃作戦」の全容が描かれています。東宝制作による映画さながらの大迫力の映像と、本アトラクションのために作られたオリジナルストーリーによって、参加者を一気にゴジラの世界観へ引き込みます。また、映画『モンスターハンター』でハリウッド映画初出演を控える山崎紘菜氏や、映画『シン・ゴジラ』出演の松尾諭氏など豪華俳優陣も出演いたします。

ゴジラと明石海峡大橋 (2).jpg

ゴジラ正面 (2).png

 

 

 

 

 

 


▲淡路島に上陸したゴジラ                      ▲淡路島に現れたゴジラと背後に見える明石海峡大橋

 

体内ジップライン_(ジップライン有り) (2).jpg

2.ジップライン

活動停止中のゴジラの警戒監視を行うジップラインアトラクション。専用ハーネスを装着後、「体内突入コース(162m)」「体外監視コース(152m)」の2コースに分かれて進み、ゴジラに接近し監視を行う。実物大ゴジラに対峙し、スリルと迫力が味わえる。
 

 

シューティング (2).jpg

3.対ゴジラ細胞シューティング

活動停止中のゴジラより飛散したゴジラ細胞を専用の銃で殲滅を目指すアトラクション。ゴジラ細胞からの攻撃に当たるとスコアが減点となるため、回避と攻撃を繰り返しながら高スコアを目指す。

 
 

4.ミュージアム

ゴジラミュージアム (2).jpgのサムネイル画像

世界初の常設「ゴジラミュージアム」。映画撮影に使用されたゴジラスーツとビル群などを使用した映画『シン・ゴジラ』(2016 年公開)の東京駅での戦い等、映画のシーンが目の前にあるような大迫力のジオラマを展示。また、怪獣フィギュア
100 体以上を一堂に展示するほか、歴代ゴジラ作品で使用された東宝映像美術所蔵のプロップス、ゴジラ映画制作に欠かせない
怪獣たちの造形検討用原型など、ファンのみならず楽しめる貴重な映画資料を展示。併設のミュージアムショップでは、ここで
しか買えないオリジナルグッズも含め、200 点以上の商品を提供
 
 
 

5.フード(隣接する飲食施設 モリノテラス・キッチンカーにて提供)

ゴジラカレー (3).jpg

淡路島産玉ねぎを使用した黒カレーに赤いラー油を加え、荒ぶる怪獣王の怒りをイメージした“ゴジラカレー”や、ラドンが生まれた火山をイメージした真っ赤な“トマトチキンカレー”など、キャラクターの特徴を生かした4 種類のカレーライスを用意。また、ゴジラの長大な尻尾をイメージしたベーコン&トマト、ハムカツ、ハンバーグの三段構えの迫力満点のビッグバーガーなど、見た目からも楽しめる計14 種類のニジゲンノモリとゴジラのコラボフードを提供。
 


◆『ゴジラ迎撃作戦』オリジナルストーリー
伝説とされていたゴジラの姿が初めて確認されたのは明治の初め、淡路島を台風が襲った夜のこと。
高波とともに姿を現したゴジラは島内を蹂躙し、甚大な被害をもたらし、政府はゴジラの再度の襲撃に備えていた。そして恐れていたことが現実になり、ゴジラが再び淡路島に上陸。政府は直ちに対応を始めた。ゴジラをニジゲンノモリまで誘導し、地中に仕掛けた爆薬でゴジラの動きを封じ、その口に薬剤を搭載したミサイルを撃ち込むと、ゴジラは活動を停止した。現在は国立ゴジラ淡路島研究センターの監視下に置かれているが、ゴジラはあくまでも活動を停止しているのみで、いつ動き出すかわからない。その行動を監視するため、皆さんの力が必要だ。
 


※下記URL よりスペシャルムービーがご覧いただけます
 
コピーライト:TM & © TOHO CO.,LTD.

(オフィシャル・リリースより)