映画ニュース特別上映情報や映画関連イベント情報、レポートをお届けします。

2014年9月アーカイブ

9月28日(日)楳図かずお監督、片岡愛之助、舞羽美海『マザー』大阪舞台挨拶決定!!
 

mother-2.jpg

『まことちゃん』『おろち』で知られる漫画家楳図かずおが初メガホンをとった長編ホラー作品『マザー』公開を記念して、主役の片岡愛之助、舞羽美海、そして楳図かずお監督の豪華舞台挨拶が 9月28日(日)大阪ステーションシティシネマ / なんばパークスシネマで開催されることが決定しました!
今大人気の片岡愛之助が楳図ワールドでどんな表情を見せるのか、その裏話とは?チケットは現在発売中です。漫画でみせた楳図ワールドをスクリーンで、そしてトークでぜひ体感してみて!
 
 
 

 

mother-pos.jpg

■会   場 :大阪ステーションシティシネマ / なんばパークスシネマ
 
■日   時 :2014年9月28日(日) 
【大阪ステーションシティシネマ 3シアター】
10:15の回上映終了後、舞台挨拶
 
【なんばパークスシネマ 4シアター】
11:10の回上映終了後、舞台挨拶
 
■料    金 :通常料金:一般1800円、大学生1500円、高校生・中学生・小学生1000円、シニア1100円
          ※ムビチケ使用可
          ※各種招待券、割引券はご利用いただけません。
 
■登 壇 者 :楳図かずお監督、片岡愛之助、舞羽美海 (予定)
※登壇者は予告なく変更する場合がございます。予めご了承下さい。 
 
≪チケット購入方法≫
インターネット・劇場窓口にて販売開始。
 
(1)インターネット販売
9月20日(土) 9:00~
※ インターネット販売ではパソコン・スマートフォン・携帯電話からお買い求め頂けます。
 
<大阪ステーションシティシネマ>
パソコン・スマートフォン:http://www.osakastationcitycinema.com/index.html
携帯電話:http:// www4.osakastationcitycinema.com/
※ 携帯電話ではお席はブロックでのご指定となります。(ピンポイントでお席をお選びいただくことはできません)
※ ドメイン指定受信、アドレス指定受信を設定されている方は事前に購入完了メールの受信設定をお願い致します。
   ドメイン指定受信の場合:@osakastationcitycinema.com
   アドレス指定受信の場合:info@osakastationcitycinema.com
 
<なんばパークスシネマ>
パソコン・スマートフォン:http://www2.parkscinema.com/ticket/p0010.do?th=0101
携帯電話:http:// www3.parkscinema.com/
※ お席はブロックでのご指定となります。(ピンポイントでお席をお選びいただくことはできません)
※ ドメイン指定受信、アドレス指定受信を設定されている方は事前に購入完了メールの受信設定をお願い致します。
   ドメイン指定受信の場合:@parkscinema.com
   アドレス指定受信の場合:info-namba@parkscinema.com
 
<大阪ステーションシティシネマ&なんばパークスシネマ共通>
※ 規定枚数に達し次第、販売を終了させていただきます。
※ オンライン販売はクレジットカード決済がご利用頂けます。
※ ムビチケはインターネットではご利用できません。ムビチケは劇場窓口のみの受付となります。
※ 当日は非常に多くのアクセスが集中することが予想されます。ネットワーク、サーバーに多大な負荷がかかり、お客様のご利用環境によってはページが表示されない、 時間がかかる、動作が停止する等の症状が発生する場合があります。これらに起因してご購入できなかった場合、弊社は責任を負いかねますのでご了承の上、アクセスをお願い致します。
 
(2)窓口販売
 <大阪ステーションシティシネマ&なんばパークスシネマ共通>
9月20日(土)劇場オープンより、劇場チケット窓口でも販売がございます。
 
※ 列での待ち合わせ(横はいり)は、他のお客様のご迷惑となりますのでご遠慮ください。
※ 舞台挨拶付き上映の回は全席指定席・定員入替制での上映となります。
※ 舞台挨拶付きの上映をご鑑賞いただくには、舞台挨拶の回の座席指定券が必要です。
※ お一人様6枚までとさせていただきます。
※ 各種割引(株主優待・歌舞伎会・メンバーズカードポイント鑑賞など)はご利用いただけません。
※ 規定枚数に達し次第、販売を終了させていただきます。
※ チケット購入後の変更および払い戻しは致しかねます。また何らかの事情により舞台挨拶が中止になった場合でも、チケット代の払い戻しは致しかねますのでご了承ください。
※ 転売目的でのご購入は固くお断りします。
※ 場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオにより撮影・録画・録音は固くお断り致します。
※ 舞台挨拶にはマスコミ取材が入る可能性がございます。予めご了承ください。
  
kieta_e_main_R.jpg
 
フランスを拠点としながら祖国カンボジアの人々の記憶に迫る作品を撮り続けているリティ・パニュ監督の第66回カンヌ国際映画祭 ある視点部門グランプリ受賞作『消えた画クメール・ルージュの真実』が、9月13日(土)より、十三・第七藝術劇場で公開される。
 
カンボジアで、リティ・パニュ監督自身が幼少期に体験したポル・ポト率いるクメール・ルージュによる虐殺の記憶。一瞬にして華やかな街から人々は虐殺され、生き残った者もクメール・ルージュの支配下で名前を失い、個を配して重労働を強いられる。自身も家族や友人を失い、奇跡的に収容所を脱出して映画監督になったリティ・パニュが、失われたフィルムや写真を発掘するだけでなく、失われた記憶を新たに作り出す試みを本作で行っている。多くの犠牲者が葬られた土から一つ一つ手彫りで作り上げた膨大な数の土人形たちに歴史を重ね、静かな語りによって苦しみながら生き抜こうとしたカンボジアの人々の肖像を浮かび上がらせる。一掘り一掘りに込めた想い、そして詩的にすら感じる語り口から、深い追悼の意も感じられる作品だ。
 

公開初日の9月13日(土)12:15の回終了後、5Fイベントホールにて14:10ごろよりトークショーが開催される。カンボジアでかつて起きたクメール・ルージュの真実について、改めて触れてほしい。
 
トークゲスト
川瀬 慈さん(国立民族博物館・助教)
小林 知さん(京都大学東南アジア研究所准教授)
詳細はコチラ
 
 
『消えた画クメール・ルージュの真実』公式サイト⇒http://www.u-picc.com/kietae/index.html