プレゼント試写会、オリジナルグッズや劇場鑑賞券など、映画ファンにうれしいプレゼント情報がいっぱい!

2013年3月アーカイブ

『藁の楯 わらのたて』試写会プレゼント(4/3〆切)

wara-1.jpg・日時:2013年4月11日(木) 
    18:00開場/18:30開映
・会場:御堂会館
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4-1-11
    TEL(06)6251-5820(代表)
    FAX(06)6251-1868
    地下鉄御堂筋線本町駅8号出口南へ200m
    地下鉄中央線本町駅13号出口南へ50m  
・募集人数: 5組 10名様
・締切:2013年4月3日(水)

 ★大沢たかお、三池崇史監督完成披露試写舞台挨拶⇒ こちら
公式サイト⇒ http://wwws.warnerbros.co.jp/waranotate/index.html

 
2013年4月26日(金)~大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、神戸国際松竹 他全国ロードショー


 

【STORY】

前代未聞の新聞全面広告に、日本中が揺れた! 広告主は巨額の資産を持つ財界の大物・蜷川。
幼い孫娘を惨殺した男、清丸の首に懸賞金を懸けたのだった。命の危険を感じた清丸は、潜伏先の福岡で出頭する。全国民の殺意が向けられる中、48時間以内に清丸の身柄を警視庁に移送するため、5人のSPと刑事が選ばれた。護衛対象は“人間のクズ”。命懸けの移送が始まる…。一般市民、警察官、機動隊員までもが執拗に命を狙ってくる。見えない暗殺者から逃げる為、護送車、救急車、新幹線と次々と移動手段を変えても、なぜか、ネット上のキヨマルサイトには移送チームの居場所が更新されてしまう。
いつ?誰が?何処から襲い掛かってくるか分からない、誰が裏切り者がわからない極限の緊張状態が続く・・・。
はたして、人間のクズを命懸けで守る事に価値はあるのか?それが“正義”なのか?SPチームは無事に清丸を警視庁に移送することが出来るのか?物語は誰も予測出来ない衝撃のクライマックスを迎える!

【キャスト】 大沢たかお ・ 松嶋菜々子 ・ 岸谷五朗 ・ 伊武雅刀 ・ 永山絢斗 ・ 余貴美子 ・ 藤原竜也 ・ 山﨑努
【監 督】 三池崇史                      
【原作】 木内一裕「藁の楯」(講談社文庫刊) 
【主題歌】 「NORTH OF EDEN」 氷室京介       【配 給】 ワーナー・ブラザース映画
【公式サイト】 www.waranotate.jp                       【キヨマルサイト】 www.kiyomaru-site.jp

『舟を編む』試写会プレゼント(3/23〆切)

funeamu-1.jpg・日時:2013年4月1日(月) 
    18:00開場/18:30開映
・会場:御堂会館
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4-1-11
    TEL(06)6251-5820(代表)
    FAX(06)6251-1868
    地下鉄御堂筋線本町駅8号出口南へ200m
    地下鉄中央線本町駅13号出口南へ50m  
・募集人数: 5組 10名様
・締切:2013年3月23日(土)

 公式サイト⇒ http://fune-amu.com/

 
2013年4月13日(土)~大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、神戸国際松竹 他全国ロードショー


【作品紹介】
~2012年本屋大賞第1位! 58万部突破!~
ベストセラー早くも映画化!

  
言葉と人への愛を謳う、感動エンタテインメント、誕生!

原作は「まほろ駅前多田便利軒」で第135回直木賞を受賞、今もっとも新刊が待ち望まれる作家のひとりである三浦しをんの同名小説。現在発行58万部を突破、今年一番売れた文芸書となりました。人と人との思いをつなぐ“言葉”というものを整理し、意味を示し、もっともふさわしい形で使えるようにするもの――辞書。本作はその辞書【舟】を編集する=【編む】人たちの、言葉と人への愛を謳う、感動エンタテインメントです。

<ストーリー>
出版社・玄武書房に勤める馬締光也は、営業部で変わり者として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える能力を買われ、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書「大渡海」を編む仲間として。
定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、次第に辞書作りに愛着を持ち始めるチャラ男。個性派ぞろいの面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。
そして出会った、運命の女性。だが言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?そして、馬締の思いは伝わるのだろうか? 


出演:松田龍平 宮崎あおい オダギリジョー 黒木華 渡辺美佐子 池脇千鶴 鶴見辰吾
   宇野祥平 又吉直樹(ピース) 波岡一喜 森岡龍 斎藤嘉樹 /  麻生久美子
   伊佐山ひろ子 八千草薫 小林薫 加藤剛
原作:「舟を編む」三浦しをん(光文社刊)  脚本:渡辺謙作
監督 石井裕也
製作:「舟を編む」製作委員会
製作プロダクション:リトルモア フィルムメーカーズ 特別協力:株式会社三省堂 三省堂印刷株式会社  
配給:松竹 アスミック・エース     fune-amu.com   (C)2013「舟を編む」製作委員会 

『メッセンジャー』劇場招待券プレゼント

messenger-1.jpg・2013年3月9日(土)~新宿シネマカリテ、テアトル梅田 他全国順次公開
 
 
(公開劇場⇒ こちら
・募集人数:1枚×2名様
・締切:2013年3月10日(日)

★作品紹介⇒ こちら
★公式サイト⇒ http://www.messenger-movie.jp/