プレゼント試写会、オリジナルグッズや劇場鑑賞券など、映画ファンにうれしいプレゼント情報がいっぱい!

招待券の最近の記事

 
MET2017-18-LuizaMiller-500.jpg


《METライブビューイング2017-18》 
伝説の名歌手P・ドミンゴと今をときめくS・ヨンチェヴァら豪華競演!
ヴェルディ作曲『ルイザ・ミラー』

◎「なんばパークスシネマ」限定招待券プレゼント!


■日時:2018年 5月19日(土)~5月25日(金) 18:30の回のみ
■会場:なんばパークスシネマ 

(大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス 8F)
■上映時間:3時間38分(休憩2回) (予定)

■提供: 松竹
■プレゼント人数: 3組6名様
締切日:2018年5月10(木)

■公式サイト: http://www.shochiku.co.jp/met/

 


 
御曹司と村娘の恋に忍び寄る陰謀!
美しくも激しい愛の悲劇を、
P・ドミンゴ、S・ヨンチェヴァら豪華キャストで!

 

世界最高峰のメトロポリタン・オペラ(通称:MET(メト))の最新公演を映画館で上映する「METライブビューイング」。豪華キャストでお贈りするヴェルディ《ルイザ・ミラー》が5月19日(土)~25日(金)に全国の映画館で公開となります!(※東劇は6/1(金)までの2週上映)

名作オペラ《椿姫》の先駆けとされ、御曹司と村娘の恋に忍び寄る陰謀と悲劇を描いた《ルイザ・ミラー》がついにライブビューイングに初登場!伝説的歌手P・ドミンゴとスターソプラノS・ヨンチェヴァら夢の競演は必見必聴です。
 

ヴェルディ《ルイザ・ミラー》
指揮:ベルトラン・ド・ビリー 
演出:エライジャ・モシンスキー
出演:プラシド・ドミンゴ、ソニア・ヨンチェヴァ、ピョートル・ベチャワ
※キャストは余儀なく変更されることがございます。

◆あらすじ
それと知らずに領主の息子ロドルフォを愛した純粋な村娘ルイザ。そこに横恋慕するヴァルター伯爵の腹心ヴルムが現れ、ルイザの父を人質に取り、父を助けたければ恋人を諦めろと迫る。果たして、ルイザがとった行動とは…? 苦悩するヒロイン像は《椿姫》の先駆けとされ、「女」として「娘」としての葛藤をスターソプラノ、ソニア・ヨンチェヴァが歌い上げます!そして、伝説的歌手プラシド・ドミンゴとの夢の競演も見逃せません!ヴェルディの傑作オペラをMETが誇る豪華キャストでお楽しみください!


2018年5月19日(土)より大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、神戸国際松竹 ほか全国公開! 


 

MET2017-18-pos.jpg
◎世界最高峰のオペラの感動をお近くの映画館で!



ニューヨークのリンカーン・センターに位置する世界屈指のオペラハウス、メトロポリタン歌劇場。その最新公演を映画館で上映する「METライブビューイング」は、世界のトップ歌手たちの夢の競演、最高のオーケストラ、刺激的な演出の数々を、リーズナブルな価格でお楽しみいただける画期的なオペラ・エンターテインメント!初心者からオペラ通までを虜にする選りすぐりの名演の数々をお楽しみください!

 

 


 

  (プレスリリースより)

anima-550.jpg
『ANIMAを撃て!』全国鑑賞券プレゼント!


■提供:アティカス
■プレゼント人数: 3組 6名様
■締切日:2018年4月27日(金)
■公式サイト: http://anima-movie.com/

5月5日(土・祝)~第七藝術劇場にてロードショー! (順次)京都・出町座にて


 

 夢に迷うダンサーと夢をあきらめたドラマーとの出会いで動き出す“ANIMA=魂”の躍動

 
 【イントロダクション】
埼玉県で2004年から続いている、デジタルシネマにフォーカスした国際コンペティション映画祭「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」。その2017年のオープニングを飾った映画『ANIMAを撃て!』が、ついに劇場公開される。コンテンポラリーダンスを通して一人の女性が成長していく姿を描いた本作は、映画祭実行委員会が主体となって若手映像クリエイターの発掘・育成を目的に長編映画を製作する企画の第3弾として誕生した。

監督は、東京藝術大学大学院の修了制作作品『いたくてもいたくても』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016にノミネートされ、本作が商業用映画監督デビュー作となる新鋭・堀江貴大。コンテンポラリーダンスを通して本当の自分を見つけるヒロイン・果穂を新人女優の服部彩加、そしてドラムを通じて果穂と交流を深める伊藤を、映画『トウキョウソナタ』で高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞した小柳友が演じる。さらに中村映里子、黒澤はるか、藤堂海、大鶴義丹ら演技派俳優陣の共演も実現した。


【STORY】
クラシックバレエカンパニー「BAN」に所属し、ダンサーとしての将来を嘱望されている果穂(服部彩加)は、留学支援のための試験に挑むものの、クラシックなダンスを踊る自分に違和感を抱いていた。「BAN」の主宰兼振付家の伴(大鶴義丹)にその気持ちを指摘されてしまった果穂は、ホールの倉庫から聞こえてくるリズミカルなドラムの音色に誘われる。その音の主は、ホール職員で元ドラマーの伊藤(小柳友)だった。伊藤は一次試験直前に倉庫の中でトウシューズを脱いで思いのままに踊る果穂の姿を目撃し、音楽への情熱を取り戻していた。ドラムを叩く伊藤の前で、ありのままの自分を表現したダンスを踊る果穂は、最終選考の自由演目を伊藤のドラム演奏で、クラシックバレエではなくコンテンポラリーダンスで挑むことを決意する。その方向転換に反対する伴やライバルダンサーの萌香(黒澤はるか)、その決断を後押しする果穂の姉・由美子(中村映里子)。果穂は迷いを断ち切るために「BAN」を退団し、伊藤と二人三脚で最終選考に臨もうとする。



【監督・脚本】:堀江貴大(『いたくてもいたくても』)
【キャスト】:服部彩加小柳友黒澤はるか藤堂海中村映里子/大鶴義丹
【配給】:アティカス/2017/日本©2017 埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
【コピーライト】:©2017  埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
【公式サイト】: http://anima-movie.com/

5月5日(土・祝)~第七藝術劇場にてロードショー! (順次)京都・出町座にて


(プレスリリースより)

 


MET2017-18-laboem-550.jpg
《METライブビューイング2017-18》 
プッチーニ 『ラ・ボエーム』巨匠フランコ・ゼフィレッリ演出
「なんばパークスシネマ」限定招待券プレゼント!


■日時:3月31日(土)~4月6日(金) 10:00の回/18:30の回
■会場:なんばパークスシネマ 

(大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス 8F)
■上映時間:3時間6分(休憩2回) (予定)

■提供: 松竹
■プレゼント人数: 3組6名様
■締切日:2018年3月24(土)

■公式サイト: http://www.shochiku.co.jp/met/

 


 

プッチーニの甘美な音楽が織りなす青春賛歌!
永遠の定番ゼフィレッリの名舞台に注目の歌手が集う!


ニューヨークのメトロポリタン・オペラ(通称:MET(メト))の最新公演を映画館で上映する「METライブビューイング」。世界のトップ歌手の競演を大スクリーンと迫力の音響でお楽しみ頂けます。2017-18シーズン第6作目を飾るのは、巨匠フランコ・ゼフィレッリ演出の絢爛豪華な舞台で若者たちの悲恋を描くプッチーニの名作《ラ・ボエーム》です。パリの街に花咲く青春と胸を打つ哀しみを甘美な名アリアが彩る本作は、ミュージカル「RENT」の原作にもなっておりオペラファンから演劇ファンにも親しまれています。
 

◆プッチーニ 《ラ・ボエーム》 MET2017-18-MET-240.jpg
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:フランコ・ゼフィレッリ
出演:ソニア・ヨンチェヴァ、マイケル・ファビアーノ、スザンナ・フィリップス、アレクセイ・ラヴロフ、ルーカス・ミーチャム、マシュー・ローズ 
※キャストは余儀なく変更されることがございます。

◆あらすじ
パリの学生街に花咲く恋と友情!クリスマス・イブに屋根裏部屋で始まった詩人ロドルフォとお針子ミミの恋の行方は?青春の愛と哀しみをプッチーニの甘美な名アリアが彩り、中でも出会いのアリア〈冷たい手を〉〈私の名はミミ〉はオペラファンのみならず、聴く者全てを虜にします。19世紀のパリの情景と賑わいを鮮やかに再現した絢爛豪華なF・ゼフィレッリの名舞台で、心を揺さぶるソプラノ S・ヨンチェヴァ、魅惑の美声テノール M・ファビアーノ、コケットな魅力のS・フィリップスら新世代のスターたちが華麗に歌い上げます!


31日(土)より大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ ほか全国にて《ラ・ボエーム》全国公開! 

MET2017-18-pos.jpg
◎世界最高峰のオペラの感動をお近くの映画館で!



ニューヨークのリンカーン・センターに位置する世界屈指のオペラハウス、メトロポリタン歌劇場。その最新公演を映画館で上映する「METライブビューイング」は、世界のトップ歌手たちの夢の競演、最高のオーケストラ、刺激的な演出の数々を、リーズナブルな価格でお楽しみいただける画期的なオペラ・エンターテインメント!初心者からオペラ通までを虜にする選りすぐりの名演の数々をお楽しみください!

 

 


  (プレスリリースより)


《METライブビューイング2017-18》 
プッチーニ 『トスカ』新演出
「なんばパークスシネマ」限定招待券プレゼント!

MET2017-18-tosca-240-2.jpg

 

■提供: 松竹

■プレゼント人数: 3組6名様

■締切日:2018年2月9(金)

■公式サイト: http://www.shochiku.co.jp/met/



「なんばパークスシネマ」限定招待券

■日時:2月17日(土)~2月23日(金) 10:00の回/18:30の回
■会場:なんばパークスシネマ 
(大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス 8F)
■上映時間:3時間18分 (予定)

 


MET2017-18-pos.jpg世界最高峰のメトロポリタン・オペラ(通称:MET(メト))の最新公演を映画館で上映する「METライブビューイング」。2017-18シーズンの注目作プッチーニ《トスカ》新演出2月17日(土)~23日(金)に全国の映画館で公開となります!(※東劇は3/2(金)までの2週上映)

忠実に再現されたローマの名所を舞台に、今をときめくスターソプラノ S・ヨンチェヴァ&人気沸騰のイタリアンテノール V・グリゴーロが熱い恋と過酷な運命を濃密に歌い上げ、オペラを代表する極上の名アリアも輝きを放ちます! 
 


  MET2017-18-tosca-500-2.jpg

■プッチーニ《トスカ》新演出

美貌の歌姫と青年画家の恋を阻む苛酷な運命!
名アリアが彩るスリリングな歴史サスペンスドラマ!

指揮:エマニュエル・ヴィヨーム  
演出:デイヴィット・マクヴィカー
出演:ソニア・ヨンチェヴァ、ヴィットーリオ・グリゴーロ、ジェリコ・ルチッチ、
※キャストは余儀なく変更されることがございます。
MET2017-18-tosca-240-3.jpg


冷酷な警視総監に狙われた歌姫と画家の運命はいかに?1800年のローマを舞台にした愛と欲望のサスペンスドラマを、〈歌に生き、恋に生き〉〈星は光りぬ〉などの名アリアが彩る。ローマの名所を忠実に再現したD・マクヴィカーの美しい舞台も必見。流麗で歌心あふれる指揮で歌手からの信頼も厚いE・ヴィヨームの指揮のもと、濃密な声と美貌のS・ヨンチェヴァ、人気沸騰のイタリアンテノールV・グリゴーロ、劇的な美声と抜群の演技力を誇るZ・ルチッチが手に汗握るドラマを繰り広げる!

 
 



◎世界最高峰のオペラの感動をお近くの映画館で!

MET2017-18-MET-240.jpg
ニューヨークのリンカーン・センターに位置する世界屈指のオペラハウス、メトロポリタン歌劇場。その最新公演を映画館で上映する「METライブビューイング」は、世界のトップ歌手たちの夢の競演、最高のオーケストラ、刺激的な演出の数々を、リーズナブルな価格でお楽しみいただける画期的なオペラ・エンターテインメント!初心者からオペラ通までを虜にする選りすぐりの名演の数々をお楽しみください!

 


  (プレスリリースより)

『METライブビューイングアンコール2016』
なんばパークスシネマ限定 ご鑑賞券プレゼント!!

傑作オペラを一挙上映!

 
MET-anpos-A.jpg恋とオペラの夏が来た!
毎年恒例の夏のアンコール上映の開催が決定いたしました。

オペラの殿堂、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)の最新のオペラ公演を世界中の映画館で上映する「METライブビューイング」。大スクリーンと迫力の音響で、トップ歌手の夢の競演をお楽しみいただけます。

今年のラインナップは、最新の2015-16シーズンと、過去10シーズンの中から選りすぐった人気作26演目を一挙上映!



そこで、なんばパークスシネマ限定のペア特別鑑賞券を3組6名様にプレゼント!

締切:2016年8月10日(水)
 


MET-to-500.jpg

 

プレゼント用ペア特別鑑賞券は、下記の〈なんばパークスシネマ〉での上映期間中の全ての作品の中から、1作品をお好きな日時で1回ご覧いただけます。

映期間 : 2016年8月27日(土)~2016年9月23日(金)

MET-anpos-B.jpg<上映作品一覧>

           作曲家                作品名             上映日程 ※全日10:30~の上映となります。

プッチーニ       《トゥーランドット》 ・・・・・・・9/3(土)~9/5(月)

           《マノン・レスコー》・・・・・・・9/8(木)・9/9(金)

                          《蝶々夫人》 ・・・・・・・・・・・9/15(木)・9/16(金)

ドニゼッティ   《アンナ・ボレーナ》 ・・・・・8/30(日)・8/31(水)

         《マリア・ストゥアルダ》・・・・9/6(日)・9/7(水)

           《ロベルト・デヴェリュー》・・9/13(日)・9/14(水)

モーツァルト   《魔笛》・・・・・・・・・・9/17(土)~9/19(月・祝)

ロッシーニ       《セヴィリャの理髪師》・・・9/10(土)~9/12(月)

ドニゼッティ   《連隊の娘》 ・・・・・・・・・・9/20(日)・9/21(水)

レハール       《メリー・ウィドウ》・・・・・・9/22(木・祝)・9/23(金)

ヴェルディ       《イル・トロヴァトーレ》・・8/27(土)~8/29(月)

ビゼー      《真珠採り》 ・・・・・・・・・9/1(木)・9/2(金)

●各作品のキャスト、作品内容は詳細は公式サイトをご覧ください。

 

■【会場】 なんばパークスシネマ 

(大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス8F 南海電鉄なんば駅中央口・南口直結)

 

『第6回京都ヒストリカ国際映画祭』招待券プレゼント!!!
 

暮れ逢い .jpg今年も《京都ヒストリカ国際映画祭》が京都市の京都文化博物館と京都みなみ会館にて開催されます。世界の時代劇を集めた、日本の映画製作発祥の地である京都ならではの映画祭です。

『髪結いの亭主』や『仕立て屋の恋』などで日本でも人気の高いパトリス・ルコント監督の新作『暮れ逢い』をはじめ、大ヒット作『るろうに剣心』3部作一挙上映に加え、それぞれ監督によるトークショーも開催される〈ヒストリカ スペシャル〉がございます。

今年は、上記の〈ヒストリカ スペシャル〉の他に、世界の新作を集めた〈ヒストリカ ワールド〉と、日本初公開となる『キートンのセブンチャンス』や、『伊藤大輔初期チャンバラ集』や『人斬り』など名作8本を集めた〈ヒストリカ フォーカス〉 という大変貴重な特集上映もあり、充実したプログラムが組まれております。

時代劇ファンならずとも、名作にふれながら映画の歴史や情熱を感じられる至福の9日間です。是非この機会にご覧ください。
 


そこで、映画祭事務局より招待券のご提供を頂きましたので、下記の要領で募集いたします。ふるってご応募下さい。

■募集人員:5組10名様
■締切:2014年11月30日(日)
■招待券の有効期間:2014年12月6日(土)~12月14(日)
■場所:京都文化博物館・京都みなみ会館
■対称作品:〈ヒストリカ ワールド〉〈ヒストリカ フォーカス〉の各作品。

ご注意『暮れ逢い』『るろうに剣心』シリーズの〈ヒストリカスペシャル〉はご使用いただけません

★スケジュールや作品紹介は公式サイトをご覧下さい⇒ こちら
 


★ヒストリカ スペシャル黄金.jpg
6日午後1時
  『暮れ逢い』(フランス、ベルギー)

同午後2時55分 パトリス・ルコント監督トークショー

★ヒストリカ・ワールド (世界の新作歴史映画)
同午後5時半
  『黄金』(13年ドイツ)

 

 

悪戦-2.jpg★ヒストリカ・ワールド (世界の新作歴史映画)
7日午後0時、12日午後3時半

 『ガイド少年と盲目の旅芸人』(14年ウクライナ)

同午後3時   『悪戦』(13年香港)

同午後6時半、11日午後3時半
  『トワイライト・フォレスト』(12年スペイン)

 

★ヒストリカ・フォーカス (日本刀アクション映画の系譜)

人斬り.jpg9日午後6時半
  『人斬り』(69年大映)

10日午後6時半
  『必殺4  恨みはらします』(87年松竹)

11日午後6時半
  『柳生一族の陰謀』(78年東映)

12日午後6時半
  『伊藤大輔初期チャンバラ集』

 

キートンのセブンチャンス.jpg13日午前10時20分  『キートンのセブンチャンス』(25年アメリカ) 活弁とギター伴奏付き

同午後0時20分  『忍者武芸帖  百地三太夫』(80年東映)

同3時20分  『座頭市血煙り街道』(67年大映)

同午後5時50分  『酔拳2』(94年香港)

 
 

RNK2-1.jpg★ヒストリカ スペシャル
14日午前10時20分
  『るろうに剣心』(12年、ワーナー)

同午後1時20分  『るろうに剣心  京都大火編』(14年、ワーナー)

同午後4時  『るろうに剣心  伝説の最期編』(14年、ワーナー)

 


ベル.jpg※京都みなみ会館での上映は★ヒストリカ・ワールド

14日午後2時半  『ベル―ある伯爵令嬢の恋―』(13年イギリス)

同午後6時  『黄金』

同午後8時40分  『悪戦』


 

バードシャーメイン.jpg

『バードシャー テルグの皇帝』劇場鑑賞券プレゼント!
 
■8月9日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開
 
■募集人数:5組10名様
 
■締切:2014年8月3日(日)
 
★公式サイト⇒http://www.u-picc.com/Baadshah/
 
 
 

バードシャーポスター.jpg

テルグ映画史上最大の製作費を費やし、イタリア・スペイン・香港・マカオ、大都市ハイダラバードを舞台にヴァイオレンス、アクションが炸裂する!ロマンス、コメディ、歌と踊りも満載で、ハリウッド映画『インセプション』をはじめ名作のパロディがたっぷり登場。テルグ映画界で一番の話題作である。主演のNTRは、州首相経験もあるカリスマ俳優N・T・ラーマ・ラオの孫。アクションの格好良さでは男性ファンを唸らし、サラサラの髪で動き回る姿は、女性ファンの心を掴むこと間違いなし!
 
監督:シュリーヌ・ヴァイトラ 
出演:NTR/カージャル・アグルワール/ケリー・ドルジー/ナブディーブ
 【2013/インド/テルグ語/BD/164分】
原題:Baadshah  
字幕監修:山田桂子
 
 

『京都ヒストリカ映画祭』招待券プレゼント!

 

historika13-pos.jpg■ 11月30日(土)より、京都文化博物館、Tジョイ京都、MOVIX京都で開催!

 

■ 募集人数:5組10名様

■ 締切:2013年11月25日(月)

★公式サイト⇒ http://www.historica-kyoto.com/ 

 

 

 

 

 


世界でただひとつ「歴史」をテーマにした映画の祭典、オープニングは東映の正月作品『利休にたずねよ』、クロージングは松竹『武士の献立』でいずれも京都撮影所で作られた時代劇が上映される。

  世界各国からの名作のほか、今年は修復された歴史的名作を上映する「ヒストリカ・クラシックス」も開催。クラシックス上映予定作品は、日本から小津安二郎監督の初カラー作品『彼岸花』(58年)、ドイツからエルンスト・ルビッチ監督『ファラオの恋』(22年=05年修復版、11年修復版)、ヒッチコック監督は『リング』(27年)、『恐喝(ゆすり)』(29年)はサイレントとトーキーの2種類。もう1本、事実上のデビュー作と言える『快楽の園』(25年)もある。来年、映画デビュー100年を迎える世界の喜劇王チャップリンはじめ、彼の先輩世代の作品を収めた『ヨーロッパの初期喜劇映画からチャップリンへ』(09~14年)も貴重な日本初上映。豪華ゲストを迎えてのトークショーも見逃せない。

第5回京都ヒストリカ国際映画祭紹介記事はコチラ

 

『中島みゆき「夜会VOL.17 2/2」劇場版』鑑賞券プレゼント!

 

nakajimamiyuki-1.jpg11月9日(土)より、イオンシネマ、梅田ブルク7 ほか全国公開!
   (公開劇場⇒ こちら
募集人数:5組10名様

  締切:2013年11月3日(日)

★公式サイト⇒ http://www.yakai-movie.jp/index.html

 


 

『中島みゆき「夜会VOL.17 2/2」劇場版』

 

コンサートでもない、演劇でもない、ミュージカルでもない「言葉の実験劇場として1989年よりスタートし、2000年以降は不定期に開催されている「夜会」。従来のコンサートツアーとは違い、東京・大阪のみで開催されていることから、チケットは即完売、ファンの間では、プレミアム化し、「夜会を知らずして、中島みゆきを語るなかれ」とまで言われるほどの伝説の舞台として、知られている。今回上演される演目は、過去17回開催されている「夜会」の中でも、もっとも人気の高い作品「2/2(にぶんのに)」。楽曲・ストーリーがすべて中島みゆきのオリジナル作品であり、今まで2回上演され、2005年に映画化、小説化もされている。そして今回3度目の再演となる、最新公演「2/2」の模様を収めた「夜会VOL.17 2/2」が、ファンの熱い声援に応え、ついに全国の映画館で上映されることになった。

 

幸せになろうとするたびに見えない何かに妨害されてしまう、見えない何かとは…

上田莉花の務めるその中堅出版社の美術誌編集部は、このところ、もっと客受けの良い路線へと方針変更を余儀なくされている。しかし、日本画家の矢沢圭が仕上げて来たのは、地味な竹の絵だった。気まずい書き直し依頼の担当を任命された莉花だが、圭の絵を支持しながらも流れには逆らえない。どこかちぐはぐな、奇妙な弱さを、圭は鋭く見抜いてしまったのかもしれない。「何に対して怯えているんだ」その気掛かりは、2人の距離が狭(せば)まるにつれて、現実のものとなっていく。

圭のアトリエを訪れた、莉花。嵐の深夜、鏡の中から、誰かが莉花を見つめている。

圭を愛することを自分の幸福として生きたい、そう願う気持がつのればつのるほど、“それ”は莉花の中から、凶悪な力を増大させながら正体を顕(あらわ)して来た。「ココカラ遠ク消エテシマエ、何モカモ失ッテシマエ」自分を操(あやつ)る何かが自分の中に居ることに絶望した莉花は、圭のもとを去り、仕事も辞め、住まいも引き払い、傷心旅行に旅立ったベトナムで、過失から帰国できなくなったことをきっかけに、自らの過去や見えない何かの正体を知る物語。

 


 

『メッセンジャー』劇場招待券プレゼント

messenger-1.jpg・2013年3月9日(土)~新宿シネマカリテ、テアトル梅田 他全国順次公開
 
 
(公開劇場⇒ こちら
・募集人数:1枚×2名様
・締切:2013年3月10日(日)

★作品紹介⇒ こちら
★公式サイト⇒ http://www.messenger-movie.jp/