プレゼント試写会、オリジナルグッズや劇場鑑賞券など、映画ファンにうれしいプレゼント情報がいっぱい!

試写会の最近の記事

kishatachi-550.jpg

『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』試写会プレゼント!

 
■提供:ツイン

■日時:3月19日(火)18:00開場/18:30開映
    (上映時間1時間31分)
■会場:大阪商工会議所(大阪市中央区本町橋2-8)

■プレゼント人数: 3組 6名様

■締切日: 2019年 3月10日(日)

公式サイト: http://reporters-movie.jp/


2019年3月29日(金)~大阪ステーションシティシネマ、シネ・リーブル神戸、3月30日(土)~京都シネマ 他にて全国ロードショー!


kishatachi-500-1.jpg

ロブ・ライナー監督作品  字幕監修:池上彰

真実は、誰のためにあるのか。 仕組まれたイラク戦争、

その真相を追い続けた記者たちのゆるぎない信念の物語。


ブッシュ大統領が宣言し、 大手メディアさえも“ある”と報じた「大量破壊兵器」。 ナイト・リッダー社の4人以外は―――


2002 年、ブッシュ大統領はフセイン政権の倒壊を計り、「大量破壊 兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。国中記者 達が、政府の発言を追認するなか、新聞社ナイト・リッダーの記者た ちは、政府内部の匿名情報により、「大統領は嘘と偽造された情報 をもとに戦争を開始する」という、衝撃の真実に辿り着く。

記者たちに は、『スリー・ビルボード』、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で 注目をあびたウディ・ハレルソン、『X-MEN』のジェームズ・マースデン、 アカデミー賞®俳優のトミー・リー・ジョーンズ。そして、『スタンド・バイ・ミ ー』、『最高の人生の見つけ方』など、大ヒット作を世に送り出したロブ・ライナーが監督兼俳優を務め、記者たちを束ねる支局長 を情熱たっぷりに演じている。ほかキャストには、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ジェシカ・ビール。

「イラク戦争開戦時から構想していた」という監督の長年の想いが込められた本作、周囲からの批判と反発があっても、家族や恋 人の大切な明日を守るために、そして無意味な戦争を止めるために、仲間と共に取材を続ける記者たちの姿は、観る者の胸を熱 くする、極上の社会派ドラマが誕生した。 
 


監督:ロブ・ライナー『スタンド・バイ・ミー』、『最高の人生の見つけ方』 
出演:ウディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン、ジェシカ・ビール、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ロブ・ライナー、トミー・リー・ジョーンズ他
2017/アメリカ/91 分/日本語字幕:齋藤敦子/字幕監修:池上 彰
原題『SHOCK and AWE』 
© 2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC.  ALL RIGHTS RESERVED.  
公式サイト: http://reporters-movie.jp/


2019年3月29日(金)~大阪ステーションシティシネマ、シネ・リーブル神戸、3月30日(土)~京都シネマ 他にて全国ロードショー!


(プレスリリースより)

 


ROH18-LaBayadere-550.jpg

《英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19》

バレエ『ラ・バヤデール』試写会(東京)プレゼント!


◎提供:東宝東和

◎日時:2019年1月15日(火)18:00
 上映時間:3時間18分(予定)

◎場所:東宝東和試写室
(〒102-8537 東京都千代田区一番町18 Kawakita Memorial.Bldg.1F)

 地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅下車5番出口より徒歩3分
 http://tohotowa.co.jp/company/access.html

◎招待人数:5組10名様


※開映後のご入場は固くお断りさせていただきます。

◎締切日:2019年1月9日(水)

◎『ラ・バヤデール』公式サイト⇒ こちら 

2019年1月18日(金)~1月24(木)、TOHOシネマズ 日比谷、TOHOシネマズ 日本橋、大阪ステーションシティシネマ、ほか全国公開



  スクリーンに、喝采を。カーテンコールに、心からの拍手を。
夢へ誘われる、幻想的なバレエに。心を奪われる、情熱的なオペラに。

ROH18-Mayerling-logo.jpg

 

バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19』と題し、東宝東和株式会社配給の元、TOHOシネマズ系列を中心とした全国の映画館で今年も順次上映致します。
 

ROH18-LaBayadere-500-2.jpg

『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19』バレエ第二弾は、エキゾチックな古典バレエ作品『ラ・バヤデール』。

 

古代インドを舞台に、一人の戦士をめぐって舞姫と藩主の娘が火花を散らし、陰謀、裏切り、毒殺、横恋慕と濃厚な恋愛ドラマが展開する。婚約式で繰り広げられる華麗な踊りの数々には酔わされ、影の王国で白いチュチュの群舞が一糸乱れぬ動きを見せる静謐で幽玄な世界にはクラシック・バレエの美の極致がある。戦士ソロルのダイナミックな踊りは男性バレエダンサーにとって高難度で、超絶技巧の限りを尽くしたもの。ソ連から亡命後国際的に活躍した偉大なバレリーナ、ナタリア・マカロワによる演出は、よりドラマ性を重視しており、『ラ・バヤデール』の決定版と言われている。

ROH18-LaBayadere-240-1.jpg

ニキヤ役のマリアネラ・ヌニェス、ガムザッティ役のナタリア・オシポワは、世界のバレエ界でもトップの人気と実力を誇るスターで、この2大バレリーナが共演して対決する贅沢な趣向。ソロル役のワディム・ムンタギロフも、世界最高レベルのクラシック・テクニックを誇る貴公子。やはり高度な技術が要求されるブロンズ・アイドル(黄金の仏像)役には、プリンシパルのアレクサンダー・キャンベルが配役。さらに影の王国のヴァリエーション(ソロ)にプリンシパルの高田茜、ヤスミン・ナグディ、日本出身の崔由姫という、映画館中継ならではの配役。冒頭で派手な跳躍を見せる苦行僧マグダヴェーヤにアクリ瑠嘉、婚約式で華やかな踊りを披露するパ・ダクシオンに金子扶生が出演するなど、日本人ダンサーも活躍。ロイヤル・バレエの総力を結集し、滅多にない豪華キャストで贈る華麗なクラシック・バレエの饗宴となった。


 


 

ROH18-LaBayadere-500-1.jpg

<ロイヤル・バレエ『ラ・バヤデール』作品情報>

【あらすじ】
古代インド。神殿の舞姫ニキヤと、高貴な戦士ソロルはひそかに永遠の愛を誓う。しかしラジャが娘ガムザッティとソロルを結婚させることを決め、ソロルもガムザッティの美しさに惑わされて誓いを忘れる。ニキヤに横恋慕をしている大僧正から、ニキヤとソロルの関係を聞いたラジャは、ニキヤを始末することを思いつく。ガムザッティはニキヤにソロルを諦めることを迫るがニキヤは逆上し、ガムザッティもニキヤを亡き者にしようと決意。ガムザッティとソロルの婚約式でニキヤは踊るが、ラジャ親子の策略で花籠に仕組まれた毒蛇に噛まれて息絶える。


阿片に溺れるソロルは、影の王国で踊るニキヤの幻を見る。ガムザッティとの結婚式で再びソロルはニキヤの幻影に取りつかれる。神の怒りにより神殿は崩壊。天に上ったニキヤとソロルの魂は永遠の愛の中で結ばれる。
 


【振付】マリウス・プティパ 【追加振付】ナタリア・マカロワ 
【音楽】レオン・ミンクス 【指揮】ボリス・グルージン
【出演】
ニキヤ(神殿の舞姫):マリアネラ・ヌニェス
ソロル(戦士):ワディム・ムンタギロフ
ガムザッティ(ラジャの娘):ナタリア・オシポワ
ハイ・ブラーミン(大僧正):ギャリー・エイヴィス
ラジャ(国王):トーマス・ホワイトヘッド
マグダヴェーヤ(苦行僧の長):アクリ瑠嘉
アヤ(ガムザッティの召使):クリステン・マクナリー
ソロルの友人:ニコル・エドモンズ
 

【第1幕】
ジャンベの踊り: マヤラ・マグリ、ベアトリス・スティクス=ブルネル
パ・ダクシオン:エリザベス・ハロッド、ミーガン・グレース・ヒンキス、アナ・ローズ・オサリヴァン、ロマニー・パジャック、クレア・カルヴァート、金子扶生、マヤラ・マグリ、ベアトリス・スティクス=ブルネル、リース・クラーク、ニコル・エドモンズ

【第2幕】
影の王国(ヴァリエーション1): 崔 由姫
影の王国(ヴァリエーション2): ヤスミン・ナグディ
影の王国(ヴァリエーション3): 高田 茜

【第3幕】
ブロンズ・アイドル:アレクサンダー・キャンベル

『ラ・バヤデール』コピーライト:©ROH, 2018. Photographed by Bill Cooper.
公式サイト:http://tohotowa.co.jp/roh/movie/?n=la-bayadere

2019年1月18日(金)~1月24(木)、TOHOシネマズ 日比谷、TOHOシネマズ 日本橋、大阪ステーションシティシネマ、ほか全国公開


(オフィシャル・リリースより)

konomichi-550.jpg

『この道』試写会プレゼント!

 
■提供:HGH BROW CINEMA
■日時:12月11日(火)18:00開場/18:30開映
    (上映時間1時間45分)
■会場:朝日生命ホール

  (大阪市中央区高麗橋4-2-16
■プレゼント人数: 5組 10名様
■締切日: 2018年 12月4日(火)
公式サイト: https://konomichi-movie.jp/

2019年1月11日(金)~TOHOシネマズ梅田 他にて全国ロードショー!


 

稀代の詩人・北原白秋とエリート音楽家・山田耕筰の出会いが、

100年歌い継がれる童謡を生んだ。

 

konomichi-pos.jpg

自由奔放な天才詩人・北原白秋と、西洋音楽を日本に導入した秀才音楽家・山田耕筰 。この二人の友情から日本の「歌」が生まれた。もし彼らが居なかったら、日本の音楽シーンは全く違っていたかもしれない。童謡誕生100年の今年、白秋の波乱に満ちた半生を、耕筰との友情とともに、笑い涙で描き出す映画『この道』。今、日本歌謡誕生の瞬間に立ち会うことができる。

 

日本の子供たちの心を表す新しい童話や童謡を作りだそうと、文学者・鈴木三重吉は「赤い鳥」を1918年に創刊した。童謡もこの児童文芸誌の誕生とともに生まれたことになる。白秋と耕筰もここを舞台に名曲「からたちの花」や「この道」などを発表した。それまで、日本の子どもたちの歌は、各地に伝承されてきた「わらべ歌」か、ドイツから入ったメロディーに日本語の歌詞を乗せた「ドイツ童謡」しかなかった。日本人による日本人のための新しい歌が、白秋・耕筰コンビによって生まれたのだ。
 


■監督:佐々部 清 脚本:坂口理子 音楽:和田 薫
出演:大森南朋 AKIRA 貫地谷しほり 松本若菜 小島藤子 由紀さおり 安田祥子・津田寛治 升 毅 柳沢慎吾 羽田美智子 松重 豊
主題歌:「この道」EXILE ATSUSHI
©2019映画「この道」製作委員会
公式サイト: https://konomichi-movie.jp/

2019年1月11日(金)~TOHOシネマズ梅田 他にて全国ロードショー!


(プレスリリースより)

 

pentakun-550.jpg

『皇帝ペンギン ただいま』 試写会プレゼント!

日本語版ナレーションでの上映)

 
■提供:ツイン

■日時: 2018年8月18日(土)
     開場11:10/開映11:30

■場所: 海遊館ホール
    (大阪府大阪市港区海岸通1丁目1−10)
 <アクセス>大阪メトロ 中央線「大阪港駅」1番出口より徒歩約5分

■プレゼント人数: 5組 10名様

■締切日: 2018年8月8日(水)

公式サイト: http://penguin-tadaima.com/

2018年8月25日(土)~シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸、9月1日(土)~京都シネマ 他全国順次公開


pentakun-500-2.jpg pentakun-logo-500.jpg

 

2年の時を経てふたたび極寒の南極へ。

誰も観たことのない、驚きと感動の映像叙事詩。


“必ず帰ってくる” という約束の物語
 

アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞し、世界で2500万人が観た奇跡のドキュメンタリー映画『皇帝ペンギン』(05)から12年、リュック・ジャケ監督が再びメガホンを取りました。今回は4Kカメラとドローンを駆使し、水中撮影では南極海で最深記録を達成するなど、誰も観たことない驚きの映像を撮影することに成功しています。

ぽってりした体をゆさゆさ揺らして歩く大人の皇帝ペンギンとフワフワの羽毛と飛行帽をかぶったようなヒナ。本作では、まだ子供の毛に覆われている若いペンギンたちの初めての旅に密着し、厳しい自然の中で一生懸命に生きる彼らの姿と親子の絆を感動的に描き出します。時にドキドキハラハラさせられながら、かわいいだけではない彼らの真の姿とともに南極の絶景を迫力の映像で紹介する珠玉のドキュメンタリー。


◆監督:リュック・ジャケ 
◆フランス語ナレーション:ランベール・ウィルソン / 日本語版ナレーション:草刈正雄
◆製作:イヴ・ダロンド、クリストフ・リウー、エマニュエル・プリウー
◆2017年/フランス/仏語/カラー/ビスタ/85分
◆原題:L’empereur/提供:ハピネット、ユナイテッド・シネマ 
◆配給:ハピネット/配給協力:ユナイテッド・シネマ
◆日本語字幕:佐藤南/協力:上田一生、サンマーク出版 
◆後援:山階鳥類研究所、WWFジャパン、国際自然保護連合日本委員会、日本自然保護協会、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本/推薦:日本動物園水族館協会
◆© BONNE PIOCHE CINEMA – PAPRIKA FILMS - 2016 - Photo : © Daisy Gilardini


(プレスリリースより)

 

 JIMMY-550.jpg

Netflixオリジナルドラマ
明石家さんま企画・プロデュース
「Jimmy ~アホみたいなホンの話~」
中尾明慶&ジミー大西ほか 登壇!(予定

    

7/14(土)開催:世界初!全9話イッキ観試写会プレゼント!

<応募要項>

◆Netflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」 プレミア試写会イベント

◆日時:7月14日(土) 10:00受付 / 10:30-19:30上映 / 20:00終了(予定)
*休憩あり / 第1話~9話の上映。上映後舞台挨拶を実施します

◆会場:YES THEATER (大阪府大阪市中央区難波千日前11-6 なんばグランド花月ビル)

◆登壇者(予定):中尾明慶、ジミー大西 他

◆ご招待人数:5組10名様

下記注意事項を合わせてご記載ください。
※登壇者・内容は変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。


Netflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」が、7/20(金)より全世界190ヵ国独占配信となります!この度、配信を記念し、豪華キャスト登壇のプレミアを開催する運びとなりました!

”ありえへん”エピソード満載! 笑ってホロリとさせる、第一級エンタインメント!


本作は、稀代のエンターテイナー・明石家さんまが、初プロデュースする連続ドラマ。タイトルロールのジミー大西役を中尾明慶、明石家さんま役を玉山鉄二が務め、喋り方から佇まいまでジミー、さんま本人とシンクロさせつつ、その心の内を豊かに彩り魅力的なキャラクターを作り上げている。そのほか芸人仲間やマネージャーなど、ふたりを取り巻く人々に尾上寛之、六角慎司、宇野祥平、濱田マリ、木南晴夏らも集結。さらに、佐藤浩市、生瀬勝久、温水洋一、池脇千鶴ほか豪華俳優陣も出演し、時にツッコミ役、時にスパイスとなってドラマを盛り立てていく。


ジミー青年が本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に笑いながらも、孤独や劣等感を抱えながら成長していく姿、支える人々の愛と友情に、涙してしまうこと請け合い。大いに笑ってホロリとさせる、第一級エンターテイメントが誕生した!

 


【あらすじ】 
 ある日、大失敗した大西は反省を示すべく自ら裸になって階段にチンチンを紐で括りつけ、大騒ぎに。そこにやって来たのが人気絶頂の芸人・明石家さんま(玉山鉄二)。ふたりはこうして衝撃の出会いを果たすのだった。


1980年代の大阪。突拍子もない言動を繰り返し、幼い頃から失敗ばかりの大西秀明(中尾明慶)は高校卒業後どこにも就職できず、吉本興業の舞台進行の見習いとして「なんば花月」に出入りしていた。


さんまは大西を面白がり、身の回りの世話を許すことに。以降大西は、さんまやその芸人仲間の村上ショージ(尾上寛之)、Mr.オクレ(六角慎司)、なんば花月の世話係であるおちゃこのおばちゃん(濱田マリ)らと共に笑い溢れる日々を過ごすようになる。


そんなある日、新喜劇の舞台に立つことになった大西は舞台上で大失敗してしまう。クビになりかけた大西を、さんまは自らの進退をかけて救う。そして、ひどいイジメを受けてきたと吐露する大西に“ミジメな過去は笑い飛ばせ”と伝え、この強烈なキャラクターを持った青年を人気芸人に育て上げようとさんまは決意。


大西はその後、さんまによって「ジミー大西」と名付けられ、師に導かれるまま、高宮京子(木南晴夏)という専任マネージャーも付くほどの売れっ子芸人になっていく。


数年後、“お笑い”という自分の居場所を見つけた大西だったが、それはさんまから与えられたものでしかないということにも気づき始めていた。芸人としての力のなさに悩み、引退も考える最中、テレビ番組の企画で絵を描くことになり、大西の思わぬ絵の才能が知れ渡り…。


企画・プロデュース 明石家さんま
中尾明慶 玉山鉄二
尾上寛之 六角慎司 宇野祥平 中村靖日 八十田勇一
・木南晴夏・中村育二・濱田マリ
生瀬勝久 手塚理美 温水洋一 池脇千鶴 / 佐藤浩市 / 山崎銀之丞 徳永えり 楊原京子 金井勇太
ジミー大西 明石家さんま
監督:光野道夫
制作プロダクション:共同テレビジョン
制作:吉本興業 製作:YDクリエイション In Association With Netflix
©2018YDクリエイション

Netflix Japan公式アカウント

HP https://www.netflix.com/
Twitter(@NetflixJP) https://twitter.com/NetflixJP

Facebook https://www.facebook.com/netflixjp
Instagram https://www.instagram.com/netflixjp/

YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/c/NetflixJP


Netflixとは

Netflixは、190ヵ国以上で1億2500万人のメンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級のオンラインストリーミングサービスです。各種受賞作を含むオリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日あたり1億4000万時間を超える映画やドラマを配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。当社サービスには、広告や契約期間の拘束は一切ないうえ、Netflix独自のレコメンデーション機能が一人ひとりのメンバーの好みに合わせて作品をオススメするので、お気に入りの作品が簡単に見つかります。


 (プレスリリースより)

 

midnighsun-550.jpg『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』試写会プレゼント!

 
■提供:パルコ
■日時:4月27日(金)18:00開場/18:30開映
    (終映20:02予定)

会場: 朝日生命ホール
  (大阪市中央区高麗橋4-2-16

■プレゼント人数: 5組 10名様
■締切日: 2018年 4月 19日(木)
公式サイト: http://midnightsun-movie.jp/

2018年5月11日(金)~大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、神戸国際松竹、他にて全国ロードショー!


 

≪夜しか会えない二人…≫の最初で最後の本気の恋!
恋する勇気がもらえる、今年最高のラブストーリー!


「本気の恋がしたい!」と思えるほど、太陽のように眩しく、夜空の星のように輝くフレッシュなラブストーリーが誕生!2006年に日本で生まれたYUI主演の大ヒット作『タイヨウのうた』が、ハリウッドで新たなラブストーリーとして生まれ変わる。17歳の本気の恋は、国境を越え、世界中の人々に愛されることとなる。


ある夜、ケイティの歌をきっかけに二人は出会い、急速に惹かれあう。初恋の甘酸っぱさと、傷ついた心を支えあう愛の強さ、そしてこの小さな恋を大切に守ろうとする家族や友人たちの絆の深さは、観ているものの心に「本気の恋とは何か」を語りかけてくる。≪夜しか会えない二人≫が過ごした短い時間は、どんな瞬間も輝きに満ちている。恋する勇気がもらえる、今年最高の感涙ラブストーリーがスクリーンを席捲する!

【STORY】
17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第に二人は恋に落ちていく。

※XP(Xeroderma Pigmentosum=色素性乾皮症)


【監督】:スコット・スピアー
【出演】:ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー、ロブ・リグル、クイン・シェパード、ケン・トレンブレット
【配給】:パルコ/2018/アメリカ/92分
【公式サイト】: http://midnightsun-movie.jp/
【コピーライト】:© 2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

2018年5月11日(金)より、大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、神戸国際松竹、他にて全国ロードショー!


(プレスリリースより)

 

『リズと青い鳥』試写会プレゼント!

 
liz-550.jpg■提供:松竹

■日時: 4月11日(水)
     開場18:40/開映19:00

■場所: MOVIXあまがさき

■プレゼント人数: 5組 10名様

■締切日: 4月 3日(火)

公式サイト: http://liz-bluebird.com/

2018年4月21日(土)~大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIXあまがさき、MOVIX京都、神戸国際松竹 他全国ロードショー


 liz-logo.jpg

 

少女の儚く、そして強く輝く、美しい一瞬を・・・ 


高校生の青春を描いた武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第2楽章』がアニメーション映画化。みぞれと希美、2人の少女の儚く美しい一瞬を切り取ります。
制作は、映画「聲の形」で第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション賞を受賞した京都アニメーション。監督は山田尚子、脚本・吉田玲子、キャラクターデザイン・西屋太志、音楽・牛尾憲輔ら、映画「聲の形」メインスタッフが集結。
誰しも感じたことがある羨望と絶望。そしてそれらを包み込む、愛。この春、あなたの心に「響く」一作をお届けします。

【STORY】
あの子は青い鳥。
広い空を自由に飛びまわることがあの子にとって幸せ。
だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。
北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。
高校三年生、二人の最後のコンクール。その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。
「なんだかこの曲、わたしたちみたい。」
屈託もなくそう言って嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。
「親友」のはずの二人。しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。


■監督:山田尚子 脚本:吉田玲子 
■キャラクターデザイン:西屋太志 
■原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)
■音楽:牛尾憲輔
■アニメーション制作:京都アニメーション 
■制作:『響け!』制作委員会 配給:松竹
■ ©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

公式サイト⇒ http://liz-bluebird.com/

2018年4月21日(土)~大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIXあまがさき、MOVIX京都、神戸国際松竹 他全国ロードショー


(プレスリリースより)

 

『3月のライオン』【前編】舞台挨拶付き 試写会プレゼント!
 

3lion-pos.jpg■提供:アスミック・エース
■日時: 2月28日(火)
     開場18:40/開映19:00
■上映時間:2時間19分
■場所: TOHOシネマズ梅田
大阪市北区角田町7-10 HEPナビオ8F
■登壇者:大友啓史、神木隆之介、清原果耶
(※登壇者は予告なく変更する場合が御座います。)

■プレゼント人数: 3組 6名様

■締切日:2月19日(日)

公式サイト: http://3lion-movie.com/


【前編】2017年3月18日(土)~  
【後編】      4月22日(土)~ 
          2部作連続・全国ロードショー

  


 

国民的人気コミック、運命の実写映画化!
原作:羽海野チカ「ハチミツとクローバー」 × 監督:大友啓史『るろうに剣心』シリーズ × 主演:神木隆之介『君の名は。』

闘うことでしか 生きられない。
17歳のプロ棋士・桐山零と、彼をめぐる人々の終わりなき物語。
親子、兄弟姉妹、友達、師弟――
人と人を結ぶ愛を求めて魂がぶつかり合う感動のエンタテインメント<2部作>!


【STORY】
3lion-550.jpg若き天才ともてはやされる17歳の将棋のプロ棋士、桐山零。しかし彼には、家も家族も居場所も――何もなかった。中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で家族を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、自分のせいで幸田家に亀裂が入り、家を出るしかなかったからだ。

深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。温かな支えを胸に、闘いへと飛び込む零。若手NO.1を決める新人戦、最高峰を決める師子王戦――それは、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神のすべてを賭ける想像を絶する闘いだった。

ところが、ある事件が川本家を襲い、さらに3姉妹を捨てた父親が現れ、耳を疑う要求を突き付ける。一方、幸田家も子供たちが父に激しく反発し、崩壊へと向かっていく。

大切な人たちを守るため、強くなるしかない――新たな決意のもと獅子王戦トーナメントに挑む零。トップには、将棋の神の子と恐れられる宗谷名人が待ち受けていた――。


監督:大友啓史
出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ染谷将太 清原果耶 佐々木蔵之介 加瀬亮 前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏  伊藤英明 / 豊川悦司
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

【前編】 3月18日(土) 【後編】 4月22日(土)
2部作連続・全国ロードショー!

 

 (プレスリリースより)

 

『僕らのごはんは明日で待ってる』試写会プレゼント!

 
bokugoha-550.jpg

■提供:アスミック・エース
■日時: 12月26日(月)
     開場17:30/開映18:00
■上映時間:1時間50分
■場所: 朝日生命ホール
(大阪市中央区高麗橋4-2-16大阪朝日生命館ビル8F)

■プレゼント人数: 3組 6名様

■締切日:12月16日(金)

公式サイト: http://bokugoha.com

2017年1月7日(土)~TOHOシネマズ梅田ほか全国ロードショー

 


 

bokugoha-logo-550.jpg
切ない真実に思わず‟うるキュン”・・・
最高も最低も乗り越える、7年越しの青春ラブストーリー!

 

映画「僕らのごはんは明日で待ってる」は、正反対の性格のふたりが高校生の時に付き合い、やがて別れが訪れるも、彼女の気持ちを取り戻すために再び彼が走り出す、運命的な7年越しのラブストーリー。


原作は、笑って泣けるあたたかい世界観が若者に絶大な支持を受ける作家、瀬尾まいこのロングセラー恋愛小説「僕らのごはんは明日で待ってる」(幻冬舎文庫、発売中)。

監督・脚本を務めるのは、漫才グループ「髭男爵」出身というユニークなキャリアを持ちながら、2007年『無防備』が第13回釜山国際映画祭(2008年)新人監督作品コンペティション部門最高賞(ニュー・カレンツ・アワード)受賞、59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に正式出品されるなど高く評価され、近年では映画『箱入り息子の恋』(2013年)で第54回日本映画監督協会新人賞受賞、昨年はドラマW「十月十日の進化論」で第52回ギャラクシー賞奨励賞を受賞し、注目を浴びる日本映画界の新鋭・市井昌秀

前作で星野源に日本アカデミー賞新人俳優賞ほかをもたらした市井監督が、無口な草食男子:亮太を演じる中島裕翔と、明るくてずけずけとものを言うヒロイン:小春の新木優子を演出します。別れが訪れても小春を想い続ける亮太と、亮太を想って“真実”を隠し続ける小春。好きだからこそ、相手に言えない― そんな二人のひたむきな想いが胸を打つ、温かくて優しい7年青春ラブストーリーです。

映画「僕らのごはんは明日で待ってる」は、正反対の性格のふたりが高校生の時に付き合い、やがて別れが訪れるも、彼女の気持ちを取り戻すために再び彼が走り出す、運命的な7年越しのラブストーリー。


【STORY】
bokugoha-500-1.jpg高校生の時出会って、付き合い始めた亮太と小春。無口でネガティブな亮太。太陽のように明るく超ポジティブな小春。性格は正反対だけど、運命の恋だった。二人が大学生になったある日――突然、小春は亮太に別れを切り出す。実は、小春は亮太に言えない秘密を抱えていた。別れの理由がわからないまま、亮太は何度も真っ直ぐな想いを伝えるが、小春はまったく取り合わず――。社会人になったある日小春の隠す真実を知った亮太は彼女のもとに再び走り出す。

出会いから7年、運命の恋が再び動き始める――!


出演:中島裕翔 新木優子 美山加恋 岡山天音 片桐はいり 松原智恵子
監督・脚本:市井昌秀

原作:瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」(幻冬舎文庫)
配給:アスミック・エース
公式サイト:http://bokugoha.com

(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会 

2017年1月7日(土)TOHOシネマズ梅田ほか全国ロードショー

 (プレスリリースより)

 

『聖(さとし)の青春』 試写会プレゼント!

satoshi-pos.jpg
■ 日時:2016年11月7日(月)  
    18:00開場/18:30開映
    (上映時間124分)

■ 会場:松下IMPホール 
     大阪市中央区城見1-3-7
*大阪府の条例に基づき、16歳未満の方は保護者同伴でご来場いただきますようお願いいたします。

■ 募集人数:5組10名様

■ 締切:2016年10月29日(土)

★公式サイト⇒
 http://satoshi-movie.jp/

2016年11月19日(土)~大阪ステーションシティシネマ ほか全国ロードショー!

 


 

 羽生善治を追い詰めた伝説の棋士・村山聖[さとし]
病と闘いながら全力で駆け抜けた、僅か29年の生涯を描く奇跡の実話

 
satoshi-500-1.jpg病と闘いながら将棋に全てを賭けたわずか29年の生涯…感動のノンフィクション小説、累計30万部を突破した『聖の青春』が遂に映画化、11月19日(土)より公開となります。主人公・村山聖を演じるのは松山ケンイチ。かつてない驚異的な役作りで精神面、肉体面の両方から村山聖にアプローチし、熱演。聖の最大のライバルであり、松山自身が本作の”ヒロイン”であると語る羽生善治を演じるのは東出昌大。今なお棋界の頂点で活躍する実在の人物という難しい役どころを、徹底した役作りで見事に演じる。村山聖(=松山ケンイチ)VS羽生善治(=東出昌大)の両者による緊迫感&臨場感溢れる対局シーンは本作最大の見どころです。


■出演:松山ケンイチ  東出昌大  染谷将太 安田顕  柄本時生  北見敏之  筒井道隆  竹下景子  リリー・フランキー
■原作:大崎善生(角川文庫/講談社文庫)
■監督:森義隆『宇宙兄弟』『ひゃくはち』
■脚本:向井康介『クローズEXPLODE』『リンダリンダリンダ』 

2016年11月19日(土)~ 大阪ステーションシティシネマ他 全国ロードショー!