映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『藁の楯 わらのたて』

 
       

waranotate-550.jpg『藁の楯 わらのたて』

★大沢たかお・藤原竜也 舞台挨拶(4/16)⇒ こちら

★大沢たかお・三池崇史監督 舞台挨拶(3/15)⇒ こちら

       
作品データ
制作年・国 2013年 日本
上映時間 2時間05分
原作 木内一裕「藁の楯」(講談社文庫刊)
監督 三池崇史
出演 大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、 藤原竜也、 山﨑努
公開日、上映劇場 2013年04月26日(金)~新宿ピカデリー、大阪ステーションシティシネマ 他全国ロードショー

 

~SP大沢たかおvsモンスター藤原竜也、正義とは何かを問う衝撃作!~


waranotate-2.jpg 「この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます。」驚愕の広告を出したのは、可愛い孫娘を殺された日本財界の大物:蜷川(山崎努)だった。そして、身の危険を感じて潜伏先の福岡で自首してきた犯人を、48時間以内に警視庁(東京)へ移送させなければならない。幼い女の子ばかりを狙った暴行殺人者:清丸(藤原竜也)を、いま日本中の欲と憎悪の眼が集中する中、さらに身内の警察官も信用できない状況の中、果たして無事に東京へ護送することができるのだろうか。

waranotate-1.jpg この前代未聞の護送警備に当たったのは、銘苅(めかり)(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)をはじめとするSPと刑事たち。10億円欲しさに、いつ、どこから、誰が襲って来るかもしれない状況の中、疑心暗鬼に陥りながら、また、この人間のクズともいうべき清丸を命懸けで守る価値があるのかという疑問と葛藤しながら、いよいよクライマックスへと至る。正義とは何か、大沢たかお扮する銘苅の苦渋の使命感に、手に汗握る緊迫した2時間が続く。

 今日本で最も多忙を極める三池崇史監督。時代劇やハードアクションがあるかと思えばアニメの実写版があったり、果てまたミュージカルやスプラッターものがあったり、多種多様な世界を映画化して楽しませてくれる。スピーディで迫力ある映像に魅了される映画ファンも多いと思うが、業界内、とりわけ俳優陣の信頼が厚く、出演希望者も多いという。今回の大沢たかおとの初タッグは、ファンならずとも待望のコラボレーションとなった。

 昨年の『終の信託』での有無を言わさぬ検事役に続き、今年の『ストロベリーナイト』では竹内結子扮する刑事相手に情熱を秘めたクールさで魅了していた大沢たかお。本作でも、「いい人、優しい人」というソフトイメージを払拭した毅然とした男らしさで情感をぶつける演技に、スケールアップした新たな大沢たかおの魅力を堪能することができる。

waranotate-3.jpg 今回は、残忍な殺人鬼を護送するという使命を課せられたSPを、松嶋菜々子と共に演じている。松嶋奈々子は、射撃・格闘術・語学堪能、あらゆる面で男性より勝るというSPを、ぼさぼさ頭にすっぴんといういでたちで挑んでいる。TVドラマ『家政婦のミタ』同様、淡々と使命を遂行する姿は、彼女の長身が活かされ、実にカッコいい! 一方、残忍な犯罪者を演じた藤原竜也もまた不気味さを漂わせている。大沢たかおとは対称的な役柄を、ストイックなまでに自分を追い込んだ演技で、その存在感だけで恐怖を感じさせるほどだ。

 映画化は不可能とされてきた原作を、名古屋市の絶大な協力と、台湾まで行って撮った新幹線のシーンなど、不可能に挑戦し続けた結果完成した本作。大沢たかおという今最も注目を集める俳優をさらにグレードアップさせた三池組。その成果は、スクリーンをはみ出すほどの迫力と強烈な個性を発揮した俳優陣の熱演に現れている。是非映画館でお楽しみ頂きたい。

(河田 真喜子)

・公式サイト⇒ www.waranotate.jp

 ©木内一裕/講談社 ©2013映画「藁の楯」製作委員会