映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『夢売るふたり』

 
       

yumeuru-1.jpg

『夢売るふたり』

西川美和監督合同インタビューはコチラ

舞台挨拶レポートはコチラ

       
作品データ
制作年・国 2012年 日本
上映時間 2時間17分
監督 西川美和(原案・脚本)
出演 松たか子/阿部サダヲ/田中麗奈/鈴木砂羽/安藤玉恵/江原由夏/木村多江/伊勢谷友介/香川照之/笑福亭鶴瓶
公開日、上映劇場 2012年9月8日(土)~全国ロードショー 西川美和監督合同インタビューはコチラ

 外見からは分からない人間の奥深くにある心情を、巧みな演出で描出させてみせる西川美和監督の最新作は、夫婦で結婚詐欺を働く『夢売るふたり』。演劇界のミューズ的存在の松たか子と、これまた演劇界のみならずTVや映画でも独特の存在感を示す阿部サダヲが夫婦を演じるという豪華な顔合わせ。いやが上にも期待は膨らむ。

 yumeuru-2.jpg里子と貫也の夫婦は料理屋を営んでいたが失火で店を失う。貫也に新しい店を持たせようと里子は懸命に働くが、貫也は勤めても長続きせず、資金は中々貯まらない。そんな矢先、貫也が馴染みの客と浮気してまとまったお金を持ち帰ったことから里子が思いついたことは、結婚詐欺。里子がダマす女たちを物色し、弱点を探り、貫也を仕向ける。見事な連携の夫婦共謀の結婚詐欺は、次々と成功していくが……。

 yumeuru-3.jpg夫・貫也がどんなに変化しようが、ずっと夫だけを見守り続けた妻・里子。本作は、決して結婚詐欺がテーマの映画ではない。「女の人は複雑で、厄介で、優しい生き物だ」という監督の談話通り、様々な生き方をしている現代女性の心情を照射することによって、他者への理解と寛容を促しているように感じた。(河田 真喜子)