「本田望結」と一致するもの

popura-550.jpg『ポプラの秋』中村玉緒記者会見

・(The Letters 2015年 日本 1時間38分)
・原作:湯本香樹実『ポプラの秋』(新潮文庫刊)
・監督:大森研一   ・音楽:清塚信也
・出演:本田望結 中村玉緒 大塚寧々 村川絵梨 藤田朋子 宮川一朗太 山口いづみ 内藤剛志(特別出演)
2015年9月19日(土)~シネスイッチ銀座、シネ・リーブル梅田、なんばパークスシネマ、9月26日(土)~京都シネマ、109シネマズHAT神戸 ほかにてロードショー
公式サイト⇒ http://popura-aki.com
・(c)2015『ポプラの秋』製作委員会



~現代人の心を癒す不思議なおばあさんと天国への手紙~


popura-nakamura-1.jpg9月19日公開の映画『ポプラの秋』(大森研一監督)に“不思議なおばあさん”役で出演した中村玉緒(76)が18日、来阪。主役を務めた子役の本田望結ちゃんと65歳差の共演を「ホントに楽しかった。これで望結ちゃんも映画好きになってくれるでしょう」と充実の笑顔を見せた。

 

―――最初のご挨拶
中村玉緒「皆さんとお会いするのは鴈治郎襲名披露の時以来でしょうか? ご無沙汰いたしております」。

―――10歳(撮影時)の本田望結(みゆ)ちゃんと共演でしたが?
玉緒「今の子役の方はすごいですね。望結ちゃんは10~11歳で大人と子供の間ぐらいだったんですが、リハーサルと本番では全然違うんです。本番に強いんですね。家族の皆さんも良くて、望結ちゃんのお母さんにもよくしてもらいました。撮影から1年会ってないので、舞台挨拶が楽しみです」。

popura-240-1.jpg―――気難しいおばあさん役は普段のイメージとは違いますが、役作りの苦労は?
玉緒「苦労はしていません。映画は大好きなので、ホントに楽しくやらせてもらいました。年代的に無理はしません。綺麗にとかシワ伸ばしたりとかせず、普通にやれました」。

―――映画が合う、ということですか?
玉緒「ええ、テレビとは大きさが違いますね。カメラのことではなくて、ワンカットワンカット、丁寧に撮っていて、お天気待ちしたりする。みんな座って、ご飯食べたり、おやつをみんなで持ち寄ったり、映画でないと味わえないことがいっぱいあります」。

popura-nakamura-2.jpg―――勝新太郎さんが亡くなって20年近くたちます。様々な思いがあると思いますが、一番の思い出は?
玉緒「うーん、あまりにも波乱万丈だったので…。でも(思い出は)楽しい面しかありませんね。子供を2人ともインターナショナル(アメリカンスクール)へ行かせましたが、これは勝の考えです。今でこそ、みなさん行かせますけれど、当時は少なかった。主人がハリウッドに出たかったんでしょうね。私も出てほしかった。それで、子供に英語を習わせたんでしょう。私は今、韓国ドラマが大好きですが(笑)」。

―――女優生活は長い?
玉緒「私は22歳の時から映画に出ていますが、現役のままでどんどんやっていきたい。先ごろ“着物の作家”として25年目を迎えまして、東京で記念のパーティーをやったんですが、私は芸能生活何周年といった催しはやりません。だから、望結ちゃんも女優だけ、というんじゃなくてスケートもどちらも“二足のわらじ”でやってもらいですね」。

popura-nakamura-3.jpg―――映画では「手紙を天国に届けるおばあさん」ですが、私生活で手紙は?
玉緒「手紙は書きますよ。主人と夫婦げんかしたら、別れそうになるから手紙がいいんです。今でも、親子の間では手紙が多いです。娘は“ありがとう”とか“ママ、今日は疲れたでしょ”とか書いてくれます。メールはいまだに書けないのでね。前は日記も書いてたけど、あれは悪いことが出来なくなる。パチンコばっかりしてたことなんか書けませんわね(笑)。家計簿も付けてましたが、最後は赤字ばかりになって、やめました。小学校時代は初恋の人に手紙出したかったんですが、字が下手なので出せませんでした(笑)。でも、文字っていいものですね。兄とは近所なんですけど、メモ帳に書いて渡してます」。

―――娘さんのメモは残してますか?
玉緒「ええ、引き出しに入れてます。読み返してないから、溜まってますが」。

―――映画ではお棺に手紙を入れてましたが、何を入れたいと思いますか?
玉緒「入れないのがいいでしょう。出来るだけ軽い方がいいと思う」。

popura-240-2.jpg―――望結ちゃんは勝さんのこと知ってましたか?
玉緒「彼女のおばあちゃんがちょうど私と同じぐらいで、ご家族から座頭市などの話を聞いてたようです。望結ちゃんは初主演で現場の雰囲気がものすごく良かったんで、これで映画が好きになったと思いますよ。昔“子役は育たない”というジンクスがあったけど、今はない。望結ちゃんは今で良かった」。

―――天国に持っていきたいものはありますか?
玉緒「持っていきたいものはありません。生きてるうちに全部やっときたいと思います。主人には会いたいと思います。天国か地獄か、どっちにいるか分かりませんが(笑)。地獄にいても会いに行きたいです」。

―――最後にお客さんに『ポプラの秋』のアピールをお願いします。
玉緒「とてもさわやかな映画です。こんな人(おばあさん)が都会にも身近にいてくれたらいいのになあと思います。ストレスが多い世の中、みなさんのストレス解消、はけ口になりますように」。

 


★『ポプラの秋』

popura-240-3.jpg大好きだった父を突然亡くした8歳の千秋(本田望結)は母(大塚寧々)と2人でポプラの木のあるポプラ荘に引っ越す。そこで会った大家のおばあさん(中村玉緒)は“天国に手紙を届ける”不思議な配達人だった。千秋は死んだ父に伝えたかった溢れる思いを手紙に綴っていく。父に届く、と信じて…。

『夏の庭‐The Friends』『岸辺の旅』の湯本香樹実のロングセラー小説の映画化。フィギュアスケートでも注目の本田望結の映画初主演作。映画出演100作を越える大ベテラン、中村玉緒とは65歳差の共演。

原作は97年の発表以来、アジア、欧米など世界10ヵ国で翻訳、出版されている。今年の第18回上海国際映画祭「パノラマ」部門の正式招待作品。現地上映で喝采を受けた。

(安永 五郎)

 コドモ警察-550.jpg

『コドモ警察』福田雄一監督合同記者会見

 

(2013年) 日本 1時間41分)
監督:福田雄一

出演:鈴木福、勝地涼、マリウス葉(Sexy Zone)、本田望結、吉瀬美智子、鏑木海智、青木勁都、秋元黎、相澤侑我、竜跳、上地春奈、本田力、北乃きい、山本裕典(友情出演)、神尾佑、鈴木亮平、宍戸開、小野寺昭 他

2013年3月20日(水・祝)~TOHOシネマズ梅田 他全国ロードショー

公式サイト⇒ http://kodomokeisatsu.com/
© 2013映画「コドモ警察」製作委員会


 

~“舌っ足らず”の福くんに負けない!? 福田監督の爆笑トーク!~

 

 石原裕次郎ばりにブランデーグラス片手にキザなセリフを連発するデカ長に扮した、舌っ足らずが可愛い鈴木福くん(8歳)の映画初主演作。

 悪の組織レッドヴィーナスが開発した特殊ガスによって子供にされてしまった神奈川県警特殊捜査課のエリート刑事たちは、形(なり)は子供でも中身は大人。言うこと為すこと生意気なガキの集団にしか見えないが、刑事としては優秀そのもの。ただ、時々、完全に子供の世界に陥ることがあるのがネック。新たに赴任してきた国光(勝地涼)が、大人にしかできないことをこなす。“新人”とこき使われる様が可笑しい。

 まるで“名探偵コナン”が沢山いるみたいだが、デカ長をはじめ、マイコやナベさんやブルなど、懐かしい刑事ドラマで活躍したキャラクターと重なり、刑事ドラマパロディー決定版としても大いに楽しめる。コドモ刑事たちレギュラー陣に加え、スペシャルゲストとして、北乃きい、山本裕典、小野寺昭などが参加し、大人に戻れない刑事たちを翻弄する。



本作の監督を務めた福田雄一監督に、本作の魅力や製作現場について大いに語ってもらった。

 

コドモ警察-s1.jpg――― 基本になったドラマは?
『西部警察』『太陽にほえろ!』『あぶない刑事』をグルグル混ぜたものです。

――― 子供たちは刑事ドラマを見たのか?
見せてないです。福くんだけには見てくれるように言ったら、オリジナルではなく、ものまねタレントの“ゆうたろう”の方を見ていた(笑)。“ゆうたろう”さんの真似は凄く巧いですよ、ブランデーグラスの持ち方とか…(笑)。まあハズレじゃないからいいか!と(笑)。

――― 潔いまでのドラマ性の無さは?
サスペンスをヘビーにしても得がない。別に謎解きしてほしい訳でもなく、笑いに集中するには出来るだけシンプルにしたかった。でも、大人が持つ哀愁滲む人間性を子供が演じるとギャップがあって面白いなと。途中から普通の刑事ドラマの形式にして、全部子供がやっているという方が興味を持たれると思いました。 

――― 子供が大人を演じることで、逆に子供らしさが強調された?
わざと言い辛い言葉を使って、ドラマの最初からその舌足らずを狙いました。特に、福くんは「神が与えた舌足らず」だと思ってるんですが、言えるかどうかの瀬戸際が可愛くて堪んないですね! いつまでああいう感じでいてくれるか心配です。ドラマから映画の撮影まで6か月あったんですが、福くんの滑舌が良くなってたらどうしよう?と心配していたら相変わらずで「良かった~!」と(笑)。親御さんや事務所の方は福くんの滑舌の悪さを心配していましたが、僕はそれが狙い通りでとっても嬉しかったですね。

コドモ警察-s2.jpg――― 川で遊ぶシーンでは?
「素手で魚を捕まえたいという野望すら抱きつつある」なんて大人でも言わないセリフをわざと入れて(笑)、川の音が入って録音は使えなかったので、アフレコで言い直してもらったら、スラスラと言っちゃって――「演出家としてここは譲れない」と福くんにわざわざタドタドしく言い直してもらいました。福くんはどっちでも言えるんだ…凄~い!と思いました(笑)。

――― キャスティングについて?
子役っぽくないことが絶対条件。子役ブームで、「大人顔負けの~」というのに疑問を持っていました。子供は子供らしさが一番だと思うので、「子役に対する挑戦状!」でもあります。初めて福くんに会った時、ホント無邪気で子供そのものでした。福くんのご両親が偉いなと思うのは、学校へちゃんと行かせて、友達と遊ぶという健全な子供として育てていることです。また、デカ部屋にひとりちゃんとセリフ言える子が必要だったのですが、そんなのいないだろう?と思っていたら、ナベさんこと鏑木海智を事務所さんが100%の自信を持って推薦してくれました。他の子供2人が喋ったらナベさん、というローテーションでいくと、全体が引き締まって、さすが100%の自信!と(笑)。

コドモ警察-s3.jpg――― スマートを預かる武藤夫婦の強烈なキャラについて?
あれはウチの夫婦がモデルです(笑)。特に、母親役は、言葉が乱暴で、モコモコのフリース上下を着ている恰好まで同じなんです。息子も「うわァ、ウチのママだ!」と言っていました(笑)。この作品については、珍しく妻も褒めてくれました。

――― 子供たちからもアイデアを?
福くんからよくアイデアをもらいました。例えば、「デカ長がデスクでメモってるつもりが、実は落書してた!」とか、「ついついガチャガチャしに行っちゃって、全然止められない!」とか。形(なり)は子供だけれど大人なんで、お金はいっぱい持っていてガンガン行っちゃう!みたいな感じで(笑)。既に、Part.2に向けてのアイデアはできています。

kodomo-1.jpg――― 現場での子供たちの様子は?
生活のサイクルが違うので大変でした。子供は制御するということを知らないので、休みなく遊んで、その内にバテてきちゃう。そんな時、「あと何カット撮ったらご飯だから、頑張ろうね!」と(笑)。さらに、夜7時になると眠くなるんですよ! 特にイノさんこと青木勁都は食べることへの執着は半端じゃないし、眠くなるのも早いんです。眠くなった顔で芝居をするんで、「もうちょっと起きてようね~」と励ますんですが、気が付くと寝てるんですよ(笑)。「はい、起きて!」と起こすと、今起きました!という顔で芝居するんです(笑)。勝地君がずっと子供たちと遊んでくれてましたね。ご飯も一緒に食べて、凄いですよ、彼は! とにかく、僕と勝地君は完全になめられてましたね。初対面の時から、この監督はなめていい大人だと思われていましたよ、きっと!(笑)

kodomo-2.jpg――― エナメルは?
エナメルこと相澤侑我は、1回も敬語を使ったことがない!ずっとタメ語でした。僕がモニター覗いてると、「あのさー」と肩に手をかけてくるんです。「てめぇこの野郎!」(笑)。恐縮する親御さんに、「楽しいのでタメ語でいいんですよ。注意しないで下さいね。」と。「でも、他の現場では気を付けて下さいね」と言いましたが(笑)。

――― 望結(みゆ)ちゃんは?
ドラマの時はまだ子供っぽかったんですが、映画では急に色っぽくなっちゃって、驚いてるんです。

――― お笑いは子供の頃から?
小学生の頃から「お楽しみ会」のトリを譲ったことがない!(笑)。5~6人のメンバーを集めてコントをやっていました。先生からも次第に期待値が上がっていきましたね(笑)。

――― テレビっ子だった?
父親の影響で小さい頃からテレビっ子でした。『ザ・ドリフターズ』と『オレたちひょうきん族』がかぶった時には、どっちも見たくて、当時まだ高価だったビデオデッキを父親が買って来たくらいです。

――― 大阪の笑いは?
僕は栃木県出身でして、大阪に来ると「田舎もん」とバカにされているような気がして、死ぬほど緊張します(笑)。舞台で来ることが多いのですが、大阪の人は笑いに厳しいので怖いです。

――― 客の反応は違う?
大阪の方はよく笑ってくれます。しかも、笑いの作法をよくわきまえておられ、芝居のリズムが壊れなくて済む。笑うタイミングと笑う時間をよく分かっておられるようです。鋭角な笑いと言いましょうか、東京とは違いますね(笑)。


 

 本編もさることながら、“爆笑メイキングフィルム”でも見ているかのような面白さで語ってくれた福田雄一監督。福くんをはじめとする出演した子供たちを、心底可愛いと思っている様子がよくうかがえた。誰よりも子供らしい可愛らしさを知り、それを笑いのセンスで活かせるノウハウを持っておられるようだ。あの“舌っ足らずの福くん”の可愛らしさにハマること間違いなし!

(河田 真喜子)

kiiroizou-s550.jpgkiiroizou-1.jpg『きいろいゾウ』舞台挨拶レポート
(2012.12.23 大阪ステーションシティシネマ)
ゲスト:宮﨑あおい、向井理  サプライズゲスト:本田望結
(2012年 日本 2時間11分)
監督:廣木隆一 
原作:西加奈子著『きいろいゾウ』小学館
出演:宮﨑あおい、向井理、柄本明、松原智恵子、リリー・フランキー、緒川たまき、濱田龍臣、本田望結
2013年2月2日(土)~新宿ピカデリー、大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、神戸国際松竹、T・ジョイ京都他全国ロードショー

公式サイト⇒http://www.kiiroizou.com/
(C) 2013西加奈子・小学館 / 「きいろいゾウ」製作委員会

作品レビューはコチラ

 西加奈子のロングセラー小説『きいろいゾウ』が、自身も同作の大ファンという宮﨑あおいと向井理を迎えて映画化され、『軽蔑』、『ヴァイブレーター』の廣木隆一監督がファンタジーとリアルが交錯する原作を、実感ある夫婦の物語に仕立てあげた。
 2013年2月の公開を前に、大阪ステーションシティシネマで行われた先行有料試写会では、上映後に主演の宮﨑あおい、向井理が登壇し、作品の余韻に浸る観客を前にツマとムコさながらのゆったりトークを展開、途中からサプライズゲストの本田望結がサンタクロース姿で登場し、会場からも歓声が沸く場面もあった。一足早いクリスマスプレゼントとなった、宮﨑あおい、向井理、本田望結による舞台挨拶をご紹介したい。


kiiroizou-s1.jpg(最初のご挨拶)
宮﨑:みなさん、こんばんは。今日は見に来て下さって、本当にありがとうございます。とても大好きな原作で、この作品の中に自分が入れたことを光栄に思います。みなさんが見られてどんな感想を持たれたのかとても気になりますが、心を込めて作った作品なので、好きでいてもらえたらいいなと思います。
向井:こんばんは。ムコ役を演じさせていただいた向井理です。この映画は今年の4月に三重県で撮影していました。とてもいい所で、ロケーションの力にも助けられた作品になっていると思います。よろしくお願いします。

━━━お二人は初共演ですが、宮﨑さんが最初に向井さんにどんなイメージを持っていましたか?
宮﨑:なんかシュッとしてますよね。背が高くて、スキがないイメージがありました。でもお会いして、ツマとして時間を共有している間はシュッとした感じが全然ないんです。現場でもムコさんとしてぼぉ~っとしていて。
向井:シュッとしているのは、仕事用なんです。
宮﨑:こんなにちゃんとスキがある人なんだなと、すごく面白かったです。

kiiroizou-s2.jpg━━━向井さんは最初宮﨑あおいさんにどんなイメージを持っていらっしゃいましたか?
向井:あまり誰に対しても「こういう人なのではないか」というイメージを持たないので、印象としてこんな人だと思ったことはないですね。(実際に共演してみると)面白い人ですよ。鼻歌歌っているし、変な絵を書いているし。でも芯が強いんですよ。お互い同じ場所にいるのですが、別々のことをしていて、現場で話すこともあったりなかったりで、むしろ会話は少ない方だと思います。それでも、お互いに無駄に自分たちのテリトリーを壊さないで、自分たちの距離間を保っていたので、本番でも本番じゃないときもずっと同じテンションでいられて、やりやすかったです。居心地が良かったです。

━━━映画でもファンタスティックな場面や現実的な場面が登場し、演じる上では難しいのではないかと思いましたが、宮﨑さんはツマを演じるにあたって、こうしようというイメージはありましたか?
宮﨑:こういう風にやろうというのは、いつもないですね。こういう服を着ているなとか、こういう髪型をしているなというイメージが沸くことはあります。(前髪を切ったことについて)原作を読んだときも、台本を読んでもちょっと変わっている印象があったので、自分で切っちゃった前髪といった感じかなと思いました。だんだん短くなるんですよ。ほとんど順撮りで撮っているので、前半戦は割と長めのまゆげからちょっと上がったぐらいなのですが、後半戦はムコさんがいなくなってから大変なことになっていて、前髪が全部立つぐらいになっているので、その辺を注目して2回見てください。

━━━向井さんは無精ひげをはやしていらっしゃいましたが、ムコさんはこんな感じとイメージされたのですか?
向井:監督とも相談して、物書きということもあったので、特に外見にこだわりのない人だと思ったので、髪型もボサボサですし、ヒゲもはやして、メイクもせずスッピンでした。

━━━あと、関西弁がなめらかで、全然違和感なかったですよね。
向井:大丈夫でしたか?結構不安だったのですが。(会場拍手)

━━━ツマとムコがデートするなら大阪ではどこがいいですか?
向井:どこやろね~(会場笑)彼らに対してあまりハイカラなイメージがないので。大阪はすごく近代的だから・・・食べるのが好きな二人なので、食い倒れたいです。

kiiroizou-s3.jpg~本田望結ちゃんが、サンタクロースの姿でプレゼントを手に登場!~

━━━ご挨拶をお願いします。
向井:宮﨑あおいさんの子どもの役を演じた本田望結です。よろしくお願いします!

━━━映画の中で髪が短かったですね。
本田:髪の毛の短い子の役は初めてだったので、びっくりもあったし、不思議な感じもあったし、すごく楽しかったです。

━━━今日は大きな袋を下げていますが、プレゼントがあるんですか?
本田:ツマさんとムコさんの似顔絵を書きました!

~宮﨑さんと向井さんに望結ちゃんからプレゼントを贈呈~

━━━宮﨑さん、向井さん、感想はいかがですか?
宮﨑:私はよく目が離れていると言われて、魚顔だと自称しているのですが、目がちゃんと離れているのでうれしいです。ありがとうございます。
向井:すごいね。ちょうどくせ毛でいつもこうなるので、よく見てるね。髪質がそっくり。
本田:向井さんと宮﨑さんに、書くときは似てると言ってもらえたらうれしいなと思っていたけど、似てると言われてちょっとほっとしました。

━━━望結ちゃんは映画の中で絵本を読むシーンがありますが、どんな気持ちで撮りましたか?
本田:絵本の中に出てくるのは初めてだったので、楽しいのもあるし、うれしいのもあるし、向井さんと望結で二人で声を撮ったときはドキドキもあったし、楽しかったし、うれしかったし、いろんな気持ちがありました。
向井:僕はきいろいゾウ役もやっているので、あの時は本当に手をつないで撮影したもんね、監督の指示で。
宮﨑:私はその撮影の時、見学に行きました。一日だけだったので、どんな風に撮影しているのか見たかったので。二人で声を撮っているときも、はしっこでニヤニヤしながら見ていました。

kiiroizou-s4.jpg━━━最後に、ご挨拶をお願いします。
向井:この映画はご覧になっていただいたとおり、これが僕たちの作った『きいろいゾウ』です。キャストもとても少なく、登場人物も少なく、人物設定も分かりやすく、こだわりのある映画になっていて、僕もこの映画をどう表現していいのか正直まだわからないところもあります。後半から全然違う映画になって、初めて見たときは2本映画を見たような、それぐらい前半のゆるい雰囲気と後半のとがったカットと、色々な要素が入った映画になっています。この映画がどんどん大きくなるのは、自分たちの力だけではできませんので、ぜひ多くの方に伝えていっていただきたいと思います。今日はありがとうございました。
宮﨑:この映画の中では心が痛くなったり、悲しくなったりするシーンがたくさんあったと思います。でもきっと自分が大切だと思う人と向き合うということは、もちろん幸せなことはいっぱいあるけれど、そういう痛い部分も必ず付いてくることで、それと一生懸命向き合おうとする夫婦のお話だと思います。ぜひ、みなさんがこの作品を広めていってくださればと思いますので、どうぞよろしくお願いします。(江口由美)

1