映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『くろねこルーシー』

 
       

kuroneko-1.jpg『くろねこルーシー』主演:塚地武雅さんインタビューはコチラ

---------------------------------------------------------
【舞台挨拶のお知らせ】
主演の塚地武雅さんの舞台挨拶があります!
10月8日(月・祝)
シネマート心斎橋、梅田ブルク7、T・ジョイ京都にて。
---------------------------------------------------------

       
作品データ
制作年・国 2012年 日本
上映時間 1時間47分
監督 亀井亨
出演 塚地武雅、安めぐみ、大政絢、濱田マリ、山本耕史、京野ことみ、佐戸井けん太、生瀬勝久
公開日、上映劇場 2012年10月6日(土)~シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、梅田ブルク7、シネマート心斎橋、T・ジョイ京都、109HAT神戸 ほか全国ロードショー


~人生、何がキッカケで好転するかわからない!~

 
 kuroneko-2.jpg“甲斐性なし、オーラなし”のダメ男の起死回生のキッカケは、なんと魔女の使いと忌み嫌われる黒猫だった。
リストラをキッカケに子供の頃から憧れていた占い師の道を選んだ鴨志田賢(塚地武雅)は、妻(安めぐみ)と息子とは別居し一人わびしく暮らしている。占い師としてのオーラもなく、店も閑古鳥がなく始末。しかも、迷信深く気が小さい上に頑固ときているから余計始末に悪い。そんな鴨志田の元に、二匹の黒い仔猫が棲みついたことから、彼の運気が変わっていく。

kuroneko-3.jpg  黒猫が幸運をもたらしてくれる、と単純に喜べるファンタジックな映画ではない。確かにそれはひとつのキカッケにはなるが、気まぐれな猫の面倒をみながら、家族や他人と向き合う姿勢や思いやる気持ちが芽生えたことで、彼自身が成長し、それに伴い周囲も変化していく。そんな様子を見ているだけで、人生にはフッと運気が変わるキッカケというものがあることに気づき、勇気づけられる。やはり一人より家族と一緒がいい、その温もりと可愛い仔猫たちに心なごむ作品だ。
 

 kuroneko-4.jpg 主人公の占い師を演じた塚地武雅のダメっぷりがいい。森田芳光監督の『間宮兄弟』で俳優として一躍脚光をあび、その後TVドラマ『裸の大将』でも主役を演じるなど、数多くの作品に出演。お笑いコンビ「ドランクドラゴン」としてよりも、俳優としての塚地武雅の活躍の方が大きな存在感を示しているようだ。そして、主人公を振り回し、文字通り”招き猫”となった二匹の黒猫の愛くるしいこと! 寝ている塚地の周りをぴょんぴょんと跳ね回ったり、籠から頭だけちょこんと出した表情など、ねこ好きならずとも思わず笑みがこぼれてしまう。さらに、ペットショップの店員を演じた大政絢の存在も大きい。ねこの飼い方を教えたり、鴨志田の相談相手になったり、おっとりとした優しさに、ねこちゃん同様癒される。 (河田 真喜子)

公式サイト⇒ http://kuroneko-lucy.info/
© 2012「くろねこルーシー」製作委員会