映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『1+1=1 1(イチタスイチハイチイチ)』

 
       

1+1-1.jpg 

『1+1=1 1(イチタスイチハイチイチ)』矢崎仁司監督インタビューはコチラ

 

       
作品データ
制作年・国 2012年 日本
上映時間 1時間6分
監督 矢崎仁司 
出演 喜多陽子、粟島瑞丸、松林麗、気谷ゆみか、田口トモロヲ他
公開日、上映劇場 2012年11月3日(土)~シネ・ヌーヴォ

1+1-2.jpg 都会の片隅で暮らす登場人物23人の日々の断片が、パズルのピースのように散りばめられた青春群像劇『1+1=1 1(イチタスイチハイチイチ)』。その日だけの関係で終わってしまう男女や、夢のために割り切って体を差し出す女たち、自宅から少女を覗き見する男、自殺した娘の部屋でバースデイケーキに光を灯す父など、双方向の関係を作ることができない人間たちが重なっていく。孤独と虚しさだけが残る乾いた関係を独特の感性で切り取るのは、『ストロベリーショートケイクス』、『スイートリトルライズ』の矢崎仁司監督。本作は映画人の育成や意欲的な映画づくりを掲げて発足した「映画24区」第2回製作映画であり、同シナリオワークショップで学んだ武田知愛と矢崎監督が脚本を共作、オーディションで選ばれた23人の俳優と共に作り上げた、新しい息吹を感じる作品だ。

1+1-3.jpg エンディングで登場人物全員の生きている証のような写真が一気に流れたあと、全てを包み込むかのように流れる「KissMy 明日」。観終わっても頭の中をこの曲がグルグル巡り、シーンの残像がフラッシュバックしてくるのだ。矢崎監督がラブコールを送り続けてきた神尾光洋ひきいるバンド「高速スパム」は劇中でもライブシーンで熱いプレイを披露しており、印象的な映像が織りなす矢崎ワールドに今までにないインパクトを与えている。

 1+1は2ではないけれど、一人であることを保ちながらも、どこか共鳴できる一瞬が光のようにすっと射し込んでいる。心の中のシャッターでその「瞬間」を切り取ってほしい。(江口 由美)