映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『イーディ、83歳 はじめての山登り』

 
       

EDIE-550.jpg

© 2017 Cape Wrath Films Ltd.

       
作品データ
原題 原題:Edie 
制作年・国 2007年 イギリス
上映時間 1時間42分
監督 監督・脚本:サイモン・ハンター
出演 シーラ・ハンコック「縞模様のパジャマの少年」 、ケヴィン・ガスリー 「ウイスキーと2人の花嫁」、ポール・ブラニガン「天使の分け前」、 エイミー・マンソン 、ウェンディ・モーガン
公開日、上映劇場 2020年3月20日(金) ~テアトル梅田、3月21日(土) ~京都シネマ、3月27日(金) ~シネ・リーブル神戸 他全国順次公開

 

~いつでも踏み出せる勇気~

 

スコットランドの雄大な景色の中、ぽつんと一人、頂上を目指して黙々と登っていくイーディの姿に、熱い声援を送らずにはいられなかった。


病で倒れ、歩くことも話すこともできない夫の介護を続けて30年。夫が亡くなり、部屋の片づけをしていたイーディの目に留まったのは、一枚の絵葉書。「この変な山に登ろう」という亡き父からのメッセージだった。


EDIE-500-1.jpgイーディは、このユニークな形をしたスイルベン山に登ろうと、夜行列車で北へ向かう。登山用品店を営む青年ジョニーから登山の訓練を受けることになり、失敗を重ねながらも、父との夢を果たそうと体力の限界に挑む…。


人の親切を素直に受けられず、意固地なイーディは、面倒見のよいジョニーとぶつかってばかり。でも、イーディの思い出話がきっかけで、二人の距離は少しずつ縮まっていき、いつしかジョニーはわがことのように、イーディの挑戦を応援しようと懸命になっていく。


EDIE-500-2.jpgスイルベン山は標高731mと高くはないが、尾根の長さが2kmで、山の麓にたどり着くまで延々と荒野を歩かなければならない。イーディは、幼い頃の父とのキャンプ体験から山の地図を見ることができ、ボートも漕げ、一人で立ち向かっていく姿が頼もしい。映画は、イーディの皺やしみでいっぱいの手をとらえ、老いの現実を写しながらも、大自然の中で、木々の葉に触れたり、川の水に触れて、少女のように心をときめかせ、きらきら目を輝かせている顔を映し出す。年齢なんてもう関係ないのだと教えられる。つらさも怖さも喜びも、様々な体験を重ねて、山に立ち、静かな感動に包まれているイーディの万感迫る表情から伝わるのは、挑戦した者だけが味わえるすがすがしさだ。


EDIE-500-8.jpg夫の世話ばかりで、自分の人生を送ることができなかったと嘆いていたイーディ。でも、幾つになっても、好きなことがあれば、人は若返ることができるし、幸せを手にすることができる。長い人生、思い立った時がスタート地点、いつでも踏みだすことができる勇気を教えてくれた。


(伊藤 久美子)

公式サイト⇒ http://www.at-e.co.jp/film/edie/

配給:アット エンタテインメント

© 2017 Cape Wrath Films Ltd.

後援:(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会、ブリティッシュ・カウンシル

 

月別 アーカイブ