映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『輝ける人生』

 
       

kagayakerujinsei-550.jpg

       
作品データ
原題 Finding your feet 
制作年・国 2017年 イギリス 
上映時間 1時間52分
監督 リチャード・ロンクレイン(『ニューヨーク、眺めのいい部屋売ります』)
出演 イメルダ・スタウントン(『ヴェラ・ドレイク』『パレードへようこそ』)、ティモシー・スポール(『秘密と嘘』『肯定と否定』)、セリア・イムリー(『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』)、デヴィッド・ヘイマン、ジョアンナ・ラムレイ
公開日、上映劇場 2018年9月1日(土)~シネリーブル梅田、9月15日(土)~シネリーブル神戸 ほか全国順次公開
 

ダンスミュージックに乗せて、ホップ、ステップ、ジャンプ! 

身も心も軽くなる、あっぱれシニアの人生讃歌♪

 
あなたは今の自分に満足していますか?こんなはずではなかった、違う生き方もあったのでは…なんて思うことってないですか?それでも、今の生活をすべて捨て去り、新たな生き方にチャレンジできますか?…「そんな勇気があればな~」と思っているあなた(筆者も)のための応援ムービーです!
 
 
kagayakerujinsei-500-1.jpg
 
主人公のサンドラ(イメルダ・スタウントン)は、エリートの夫と高級住宅街に住み、娘や孫にも恵まれ、他人も羨むような生活を送っていたが、突然天国から地獄に突き落とされてしまう。35年間連れ添った夫がナイト爵の称号を授与された祝賀の日に、なんと夫の浮気現場を目撃!? しかも相手は親友!? 5年間も夫が自分を裏切り続けていたとは!? ひたすら信頼と愛情をもって家族のために生きてきたサンドラだったが……。
 
 
kagayakerujinsei-500-2.jpg
 
それでも、世の中「捨てる神あらば拾う神あり!」、絶望のどん底にいたサンドラを救ったのは、長年疎遠にしてきた姉のビフ(セリア・イムリー)だった。怒りにまかせて家出したサンドラは、低所得者層向けの団地に住むビフの元に転がり込む。サンドラと違って、金や名誉にも無頓着で自由奔放に生きてきたビフだったが、「それみたことか!」と妹を侮ることなく、悲嘆にくれる妹を励まそうとする。シニア向けのダンス教室に誘ったり、気心の知れた楽しい仲間たちを紹介したり。そこへ、夫から離婚通知書が届く。いつかは夫が迎えに来てくれるものと期待していたサンドラは、いよいよ窮地に陥ってしまうのだった。
 
 
kagayakerujinsei-500-3.jpg
 
長年築き上げた幸せな家庭を浮気相手の女にとられてしまう悔しさ。夜中も泣きくれるサンドラを心配するビフは、中々周囲と馴染めないサンドラを急かすことなく、優しく見守る。そこで、サンドラが幼い頃からダンスが大好きだったことを思い出し、何とかあの頃の妹の笑顔を取り戻したいと心から願うようになる。シニアの悲哀とわずかな希望を生きる喜びに変える名手、72歳のリチャード・ロンクレイン監督の喜怒哀楽を盛り込んだベテランらしい手腕が光る。
 
 
kagayakerujinsei-500-4.jpg
 
ロンドンの中心地・ピカデリー・サーカスで突然踊り出したり、静かな街角でゲリラ撮影を敢行したり、構えない自然体の言葉や感情が滲み出ているようだ。キレッキレのダンスがネット配信され、ローマのダンス大会に招待されてからの明るい転調には目を見張るものがある。それぞれ事情を抱えながらもダンスを心から楽しむメンバーたちや、深刻な事情を抱えたビフのローマに秘めた悲しい思い出を知るにつけ、後ろ向きだったサンドラの心は次第に変化していく。若い頃諦めかけた夢を掴んだような、そんな喜びと興奮に満ちたダンスステージ。さらにひと波乱あるが、最後のサンドラのあっぱれな選択に、心から拍手を送りたくなった。
 
 
kagayakerujinsei-500-5.jpg
 
イギリスの名優たちが、新旧の音楽にのせてキレのある軽快なダンスを披露。サンドラ役のイメルダ・スタウントンはミュージカルでも大活躍してきた名優。平均年齢63歳という元プロダンサーたちを復活させた本作は、物語同様、ダンスで活気ある人生に返り咲いた人々のリアルステージでもある。思わずスキップしたくなるような、元気になれる一本!
 
(河田 真喜子)
公式サイト⇒ http://kagayakeru-jinsei.com
Ⓒ Finding Your Feet Limited 2017