映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『空飛ぶタイヤ』

 
       

soratobutaiya-550.jpg

       
作品データ
制作年・国 2018年 日本 
上映時間 2時間
原作 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」 (講談社文庫、実業之日本社文庫)
監督 監督:本木克英  脚本:林民夫  音楽 : 安川午朗  主題歌 : サザンオールスターズ「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」(タイシタレーベル/スピードスターレコーズ)
出演 長瀬智也 ディーン・フジオカ 高橋一生 深田恭子 岸部一徳 笹野高史 寺脇康文 小池栄子 阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.) ムロツヨシ 中村蒼ほか
公開日、上映劇場 2018年6月15日(金)~大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、神戸国際松竹 他全国ロードショー

 

~鉄壁の巨大企業相手に、単身闘う運送会社社長~

 

血湧き肉踊る「痛快娯楽活劇」に定理があるなら、それはズバリ「一匹狼の個人」VS「巨大集団の壁」という構図にほかならない。本筋から外れたはぐれ刑事しかり、ちょっとやさぐれたあぶない探偵しかり、任侠映画でも組織から離れた男が本家に戦いを挑まざるを得なくなったりする。こういった一風変わったヒーローはマンガかおなじみ活劇映画のパターンでもあるが、実際にいるかと言うと首を傾げる。 


だが、“実話”をもとにした問題作『空飛ぶタイヤ』で極めてタフなヒーローに出会えて惚れ込んだ。小さな運送会社社長役を務めた長瀬智也だ。


経済や銀行の世界にズバっと切り込んだ小説ですっかり人気作家になった池井戸潤原作本の“初映画化”。累計160万部を超えたベストセラー映画は期待通り、見応え満点。そこに“巨大企業の悪業”をきちんと突いているのに感心した。  ある日突然、トレーラーが脱輪事故を起こし、外れた「タイヤが空を飛んで」道を歩いていた親子連れの母親を直撃する。運送会社にあってはならない事故。


当然、運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、大手のホープ自動車カスタマー課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求する。だが、ホープ自動車は「整備不良を見逃しただけだろう」と再調査しない。同じ頃、同族ホープ銀行の本店営業本部・井崎(高橋一生)はグループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自調査を始める。赤松社長は「うちが整備不良のはずがない」と自社データを確認して徹底抗戦。結局、社長が孤軍奮闘して突き止めたのは大企業・ホープ自動車の「リコール隠し」という恐るべき企業犯罪だった…。


秋山社長は、息子が学校で「人殺し」と言われ、家庭でも様々な不利益を被るが断固、信念を貫こうとし、数少ない社員もしっかり付いていく。それまでに巨大企業にクレームをつけた会社のリストを入手し、一軒ずつ、足を棒にしてかけずりまわるなど、諦めることなく単身闘いを挑む赤松社長に思わず力が籠った。  赤松社長VS大企業の壁…。この図式は、刑事ものや任侠映画、時代劇でも不変。自分を信じ、断固真実(時に正義)を追及する姿勢は、何ごとによらず感動を呼び、多くの人を惹き付けるに違いない。


事故か事件か、くっきりと分かりやすい構図が浮かび、正義とは何か、人や企業が守るべきものは何か。説教臭くなく、物語に引きずり込む力量は大したものだ。


長瀬智也はTOKIOの一員だが、往年の甘さを感じさせないド迫力社長ぶりには感心した。この事件、財閥系の某大企業で実際にあったこと。図らずも「大企業の壁と闘う羽目になった男」という図式通りの「痛快娯楽映画」は、日本の社会が抱える問題点をも見事に浮き彫りにしていた。


(安永 五郎)

 公式サイト⇒ http://soratobu-movie.jp

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会