映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『メットガラ ドレスをまとった美術館』

 
       

metgala-550.jpg

       
作品データ
原題 The First Monday in May 
制作年・国 2016年 アメリカ 
上映時間 1時間31分
監督 アンドリュー・ロッシ
出演 アナ・ウィンタース、アンドリュー・ボルトン、ウォン・カーワイ、バズ・ラーマン
公開日、上映劇場 2017年4月15日(土)~Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、4月22日(土)~シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋、4月29日(土)~シネ・リーブル神戸、6月17日(土)~京都シネマ 他全国順次公開

 

ファッションが誘う、アートなファンタジー

 

《メットガラ》とは、毎年5月の第一月曜日にニューヨークのメトロポリタン美術館(通称MET)で開催される寄付金集めの豪華パーティのこと。ヴォーグ誌の編集長で、『プラダを着た悪魔』の鬼編集長のモデルともなったアナ・ウィンター(66歳)が主催。特別に招待されたセレブだけが一人25,000㌦という参加費を払って参加できる。本作は、2015年5月2日開催の《メットガラ》と、特別展覧会《鏡の中の中国展》に向けて奮闘する人々を追ったスタイリッシュなドキュメンタリー映画である。


metgala-500-3.jpgヴォーグ誌のアナ・ウィンター編集長といえば世界が注目するカリスマ・ファッショニスタ。「ファッションはもっと認められるべきで、人々の心をつかみ感動させるアートと同じだ」という信念の下、METの理事として運営資金調達も担っている。《メットガラ》も特別展覧会も、彼女の強いリーダーシップなしでは開催できないのでは、と思わせる程の迫力である。その年はヴォーグ誌の社屋引越しも重なり超多忙を極める中、アナの真贋術と美的センスの鋭さを捉えた映像に、ドキドキしながらも胸がすくような爽快さで魅入ってしまった。


metgala-500-4.jpg特別展覧会《鏡の中の中国展》を企画したのは、メトロポリタン美術館服飾部門のキュレーターであるアンドリュー・ボルトン(49歳)。服飾部門は美術館の中でも長い間肩身の狭い思いをしてきたようだ。ファッションをアートとして捉えるかどうか、ファッション界でも意見が分かれる処だが、ましてや芸術作品の展示・保管を担う美術館では扱いも違うという。時代を反映し、技術を進展させ、作り手のセンスでもって人々の心を豊かにしてきたファッションも、人間の創意と感性が生み出したアートと呼ぶにふさわしい。


metgala-500-1.jpg常に挑発的な展覧会を目指すボルトンにとって、今回の企画は「中国の美」ということで、微妙な政治的圧力を受けやすいものとなった。明の時代の白と青が美しい磁器をイメージした中国のファッションン史をひとつの物語として展示する予定だったが、様々なところから横やりが入る。そこで応戦するのが芸術監督を務めるウォン・カーワイ(57歳)。言わずと知れた映画『恋する惑星』『花様年華』『ブエノスアイレス』等の作品で有名な映画監督である。


「なぜ現代中国の作品が含まれないのか?」という問いに対して、「現代の中国には美学というものがない。開発途上であれば、過去を振り返るのは郷愁ではなく、前進するための唯一の方法である、過去を忘れないことだ」。「ステレオタイプの中国は避ける」。展示物が多過ぎることに対しては、「見せすぎると、何も見えてこなくなる」。また、ボルトンの毛沢東と仏陀を同じ部屋に展示する案に対しては、「中国人と仏教徒への侮辱になるので止めた方がいい」と的確なアドバイスを示す。ウォン・カーワイ監督の助言なくしては、単なる西洋人から見たいびつな中国美術展になっていたかも知れない。彼の言葉は、展覧会の大きな指針となると共に、本作の核心をも表現していた。


metgala-500-5.jpg開催直前になって浮上する様々な問題。スタッフが不眠不休で奔走する。いよいよ《メットガラ》の当日。アナも完成形を見ていなかった大階段の装飾に息を飲む。そこを、超豪華なセレブたちがドレスアップして登場。中でも圧巻だったのは、メインゲストとしてパーティでパフォーマンスを披露するポップスターのリアーナの登場である。中国のデザイナー、グオ・ペイが2年がかりで製作した超豪華な衣裳は、メットガラの女王にふさわしい。全体に黄金の刺繍が施されたシルクサテンは毛皮でトリミングされ、ボリュームたっぷりの金色一色。「東洋と西洋をミックスさせた新たな中国の美を表現したい」というグオ・ペイの試みが活かされていた。


metgala-500-6.jpg歴史に重点を置いた中国の美をどのように解釈して見せられるのか。アンドリュー・ボルトンの葛藤は続く。「ファンタジーがなければ、ファッションは永遠に進化できない」というアナ・ウィンターの底力。そして、ウォン・カーワイ監督の鋭い理性。繊細な題材の展覧会を成功に導いた芸術家たちの知性と感性がギュッと詰まった、わくわくするようなドキュメンタリー映画の登場だ。


(河田 真喜子)

公式サイト⇒ http://metgala-movie.com/

(C)2016 MB Productions, LLC