映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『華麗なるリベンジ』

 
       

kareinaru-re-550.jpg

       
作品データ
原題 原題:검사외전 英題: A Violent Prosecutor 
制作年・国  2016年 韓国
上映時間 2時間06分
監督 イ・イルヒョン
出演 ファン・ジョンミン、カン・ドンウォン、イ・ソンミン、パク・ソンウン
公開日、上映劇場 2016年11月12日(土)~心斎橋シネマート、11月26日~京都みなみ会館、12月3日~元町映画館 ほか全国順次公開

 

無実の熱血検事とお調子者の小悪党。真逆の2人が
巨大権力に挑む、制御不能のバディムービー。

 

「ユア・マイ・サンシャイン」「国際市場で逢いましょう」「ベテラン」など、感動作からバオイレンスまで多彩なジャンルで名演を披露する、韓国映画界きっての実力派ファン・ジョンミンが、何者かによって罠にはめられた元検事の服役囚ピョン・ジェウクにふんし、キャリアの集大成的な演技力を堪能させるのが「華麗なるリベンジ」。真逆の世界に生きてきた2人の男が刑務所で出会い、利害の一致から同盟関係を結んで巨悪に立ち向かっていく物語なのだが、新鋭監督イ・イルヒョンには意表をつかれた。欲深い政治家や権力者の腐敗ぶりを暴く2人の戦いは、ユニークでスリリングなオフビートを奏でるのだ。

 
kareinaru-re-500-1.jpg国内最大のリゾート施設建設予定地で、環境保護団体と警官隊が衝突。警官1人が重体となる流血事件に発展。正義のためなら暴力も辞さないたたき上げの検事ジェウクは、尋問した容疑者の背後に“組織”の存在を確信する。ところが翌日、容疑者が急死し、事態は一変。殺人容疑で逮捕されたジェウクは、15年の実刑判決を受け服役囚となる。自らが塀の中に送り込んだ凶悪な受刑者の手荒い歓迎、冷酷な所長の嫌がらせに遭い再審請求の道は絶たれる。絶望のどん底に沈むジェウクだったが、思わぬことから囚人ばかりか所長からも一目置かれる存在へと変貌を遂げていく。そんなある日、彼の運命の鍵を握る男“自称ペンシルバニア出身”の詐欺師ハン・チウォンが入所してくる…。
 

kareinaru-re-500-2.jpg投獄されていて文字通り身動きの取れないジェウクは、5年前の事件の裏事情を知るチウォンを()()()()送り込む(・・・・)ことを思いつく。口先だけで人をたらしこもうとするが詐欺師としては二流のチウォン。この愛すべき小悪党を、デビュー作「オオカミの誘惑」で映画賞を総なめにしたイケメン俳優カン・ドンウォンが演じ、目を見張るコメディセンスを発揮(でたらめにダンスを踊る姿が逆にキュート)。人をだまし、信じることに臆病だった彼が、相対するジェウクから生き方を学び成長していくドラマとしての魅力もたっぷり。

 
kareinaru-re-500-4.jpg過去に演じたことのない法廷シーンを、ワンカットで撮るよう監督に提案したのはファン・ジョンミン自身だとか。一進一退、緊迫の法廷劇で窮地に立たされるジェウクの心情を、自ら追いこむ渾身の演技で魅せる。ここ一番のファン・ジョンミンは圧巻だ。


(映画ライター:柳 博子)

公式サイト⇒ http://www.kareinaru-revenge.com

 © 2016 SHOWBOX, MOONLIGHT FILM AND SANAI PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.