映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『ジャングル・ブック』

 
       

JungleBook-550.jpg

       
作品データ
原題 THE JUNGLE BOOK
制作年・国 2016年 アメリカ 
上映時間 1時間46分
監督 ジョン・ファヴロー
出演 ニール・セディ、ビル・マーレイ、ベン・キングズレー、イドリス・エルバ、ルピタ・ニョンゴ、スカーレット・ヨハンソン、ジャンカルロ・エスポジート、クリストファー・ウォーケン
公開日、上映劇場 2016年8月11日(木・祝)~全国ロードショー

 

~是非、子供に見せたい自然の摂理と野生の王国の素晴らしさ~

 

とにかく驚いた、その美しくリアルな映像に!少年以外はすべてCGだなんて、信じられない! 19世紀中頃、インド各地で“オオカミ少年”と称される獣のような人間の子供が発見されたことを基に、ノーベル賞作家のラドヤード・キプリングが小説にした「ジャングル・ブック」は、児童文学として日本でも馴染み深い物語。さらに、ウォルト・ディズニーが最後に手掛けたアニメ『ジャングル・ブック』(‘67)からインスピレーションを受けながら、最先端の映像技術を駆使してようやく実写化に成功した。オオカミに育てられた少年が人間らしい知恵を活かしながらジャングルの中で逞しく生き抜く姿は、文明社会の枠を超えたロマンと冒険心に満ちた感動をもたらしてくれる。


JungleBook-500-2.jpg主演の“オオカミ少年”モーグリを演じたのは、2000人の候補者の中から、「この子だ!」と一目でファヴロー監督に見出された12歳のニール・セディ。ジャングルの動物たちと仲良く平穏に暮したいと苦悩する姿も愛らしく、走ってジャンプして泳いで歌い、動物たちとお喋りをするという、一人芝居ともいえる大奮闘ぶりだ。また、ビル・マーレイやベン・キングズレー、スカーレット・ヨハンソンやクリストファー・ウォーケンといった豪華俳優陣が動物たちの声を演じて、それぞれの動物たちに深みのあるキャラクターを与え、よりドラマチックに魅了する。


JungleBook-500-3.jpg


【STORY】
幼い頃ジャングルに置き去りにされたモーグリは、黒ひょうのバギーラに助けられ、オオカミの母親に育てられる。バギーラに教育されながら、ジャングルの掟を守って、オオカミの群れの中で仲良く暮らしていた。ところが、かつて人間によって大やけどを負わされた狂暴なトラ、シア・カーンが現れ、人間の臭いを放つモーグリを殺そうとする。人間への復讐にとらわれたシア・カーンのせいでジャングルの掟が破られ、モーグリに危険が迫る。そこでバギーラはモーグリを人間が住む村へ帰そうとするが、その途中でシア・カーンに襲われ、間一髪で逃げ切る。


JungleBook-500-1.jpgバギーラとはぐれてしまったモーグリは、怪しいジャングルの雰囲気に飲み込まれ、危うくニシキヘビの餌食となるところを救ったのが大クマのバルーだった。バルーは崖にはり付いた大好物の蜂の巣を狙って、いろんな動物を騙しては蜂の巣を獲らせようとしていたが、どれも失敗に終わっていた。そこで、今度はモーグリに獲らせようとしたところ、人間ならではの知恵を使って、まんまと大量にゲット!すっかりモーグリのことを気に入ったバルーは、このまま一緒に楽しく暮らしたいと思うようになっていた。そこにバギーラが現れ、モーグリにシア・カーンの脅威が迫っていることを告げる…。
 



大地を踏みしめ悠然と歩く“森の王者”ゾウの群れや、大地を轟かせ疾走するバッファローの群れに、密生する樹木や草花など、そのきめ細やかな映像や驚異的なスピードで迫る躍動感は、かつてないダイナミックな迫力。CGとは思えぬ視覚効果に、質感や温感まで伝わってくるようだ。さらには、様々な動物たちが平和的に暮すための「ジャングルの掟」は、「火」を用いて脅威的存在となっている人間社会とは対照的に映る。動物目線で描かれる世界が、こんなにも自然の恩恵に満ちているとは…人間が見失った尊い世界がそこにはあるように思えた。


(河田 真喜子)

 公式サイト⇒ http://www.disney.co.jp/movie/junglebook.html

© 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

月別 アーカイブ