映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『ヘイル・シーザー!』

 
       

hailcaesar-550.jpg

       
作品データ
原題 Hail, Caesar! 
制作年・国 2016年 アメリカ 
上映時間 1時間46分
監督 ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン
出演 ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、オールデン・エアエンライク、レイフ・ファインズ、ジョナ・ヒル、フランシス・マクドーマンド
公開日、上映劇場 2016年5月13日(金)~全国ロードショー

 

ハリウッドのスタジオでは『24』ばりに事件が頻発。

映画愛を自虐的ユーモアにこめた、コーエン兄弟の名品。

 

ハリウッドのキャピトル・ピクチャーズには、わがままなスターたちのお守り役から撮影の進行にまつわる諸問題までを解決する男“何でも屋”エディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)がいる。彼が、24時間目を光らせているおかげで、スターたちのスキャンダルは表沙汰にならず、スタジオが不利益を被ることもない。だが際限ないトラブルには、さすがのエディも嫌気がさしてくるというもので、禁煙の誓いをやぶっては懺悔の日々…。


hailcaesar-500-5.jpg50年代、ハリウッドの黄金時代が終えんに向かいつつあるなか、キャピトルの命運をかけた超大作「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演ベアード・ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が姿を消す。相手の女に当たりをつけようとしていたエディのもとに、なんと身代金を要求する脅迫文が。経理への1本の電話で、使途不明のまま10万ドルを調達したエディは、英国の名匠監督ローレンス・ローレンツ監督(レイフ・ファインズ)を手こずらせているヘボなイケメン俳優ホビー・ドイル(アルデン・エーレンライク)に、父親のような寛大さで接し撮影現場に送り返す。さらにゴージャスなお色気女優(スカーレット・ヨハンソン)の妊娠問題を極秘計画でクリアし、チャイニーズ・レストランである男と密談…。次から次へと起こる問題に対応を迫られるエディ。その頃、思いがけない人物の手に渡った10万ドルのバッグの行方を追跡していたホビーは…。


hailcaesar-500-1.jpg最初から最後までシーザー役の衣装のままで、誘拐された大スターに扮したG・クルーニー。普通に濃い顔のうえに、ローマ人風のメイクを盛った彼が、エディ役J・ブローリンに数発もの平手打ちを浴びるシーンや、双子の女性記者を1人2役で演じたT・スウィントン、見得を切るミュージカル・スター役C・テイタムなどコーエン映画でなければお目にかかれない場面がてんこ盛り。ジョエルの妻F・マクドーマンドにいたっては、あやうく“スカーフ絞殺死”しそうになるベテラン編集者という怪役。もっとも、滑舌の悪いホビーに演出をつけるローレンス(ツ)監督を演じたR・ファインズの悶絶ぶりの比ではありませんが。


hailcaesar-500-4.jpg登場人物それぞれのモデル探し、というお楽しみ(往年の映画ファンはくすぐられそう)に加え、当時のスタジオ撮影の様子を入念に再現した贅沢さに感嘆。新鮮な映画の楽しみ方を味わいつつ、いつの時代も映画が人々を魅了する理由…なるほど、どんな映画も愛で作られているのだと感じ入ってしまう。

(映画ライター 柳 博子)

公式サイト⇒ http://hailcaesar.jp/

(C)Universal Pictures