映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『ビッグゲーム 大統領と少年ハンター 』

 
       

biggame-550.jpg

       
作品データ
原題 Big Game 
制作年・国 2014年 フィンランド・イギリス・ドイツ 
上映時間 1時間31分
監督 監督・脚本:ヤルマリ・ヘランダー(『レア・エクスポーツ~囚われのサンタクロース~』)
出演 サミュエル・L・ジャクソン、オンニ・トンミラ、レイ・スティーヴンソン、フェリシティ・ハフマン、ジム・ブロードベント
公開日、上映劇場 2015年8月15日(土)~大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、神戸国際松竹、ほか全国ロードショー

 

~少年が射止めた獲物はアメリカ大統領!? 心ほっこり、フィンランド発アクション映画~

 

サミュエル・L・ジャクソン扮するアメリカ大統領が乗った“エアフォースワン”がフィンランド上空で撃墜される。緊急脱出用ポッドで不時着した大統領は、フィンランド人の13歳の少年(オンニ・トンミラ)に助けられ、残酷なテロリストとの戦いを展開する……全くの無力となってしまった世界最大の権力とパワーを持つアメリカ大統領と、頼りないフィンランドの少年との凸凹コンビが、次々と陥る危機に立ち向かいながら、隠れた勇気と強さを発揮していく痛快アクションアドベンチャー映画。
 

biggame-500-1.jpgフィンランドといえば、アキ&ミカ・カウリスマキ兄弟の各監督作やムーミンや『ククーシュカラップランドの妖精』などのように、森と湖に囲まれた自然の中のどこかスローテンポな独特な可笑しみが印象的だが、本作は違う。ハリウッドアクション大好きというヤルマリ・ヘランダー監督が、フィンランド初ともいえる超大作アクション映画を作ってしまったのだ。ハリウッド映画と見紛うばかりの迫力あるアクションと映像、さらに少年と大統領の友情がまた心をほっこりさせ、思わぬ感動を生む。素朴さとクールさのアンバランスが、フィンランドならではの面白さで楽しませてくれる。
 

biggame-500-3.jpgヤルマリ・ヘランダー監督は、『レア・エクスポーツ~囚われのサンタクロース~』(‘10)でも甥っ子のオンニ・トンミラを主人公にして、“本当は恐いサンタ”とのぶっ飛びアクションで楽しませてくれた。今回は、13歳の誕生日に一人前の男になるための儀式を迎えたラップランド人少年の思わぬ活躍で度肝を抜く。少年は、「狩人名人の家系」に恥じぬよう奮起するが失敗の連続で自信が持てない。そんな落ちこぼれ少年がよりによってアメリカ大統領を助けてしまう!部下の裏切りにショックを受ける大統領と、父親が自分を全く信用していなかったことにショックを受ける少年、そんなふたりが真の勇気を発揮していく辺りから俄然面白くなっていく。いわく付きの大きな冷凍庫が思わぬ武器となって空を飛ぶ!? ラップランド人の知恵満載の今まで見たことのない方法で魅了する。
 

biggame-500-2.jpg大ベテランのサミュエル・L・ジャクソン(66歳)だが、今年だけでも『ベアリー・リーサル』『KITE』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『キングスメン』と、悪役を含め様々な顔で大活躍。特に、幼い子供相手にスパイ育成所の鬼教官を演じた『ベアリー・リーサル』が、今回の少年との対峙の仕方に似ている。やはり、『パルプフィクション』のジュールス役のイメージが強く、どこか憎めない人の良さが感じられる俳優だ。


ロケ地に関しては、フィンランドには劇中のような険しい山々は無いので、ドイツ南部のアルプスに近いバイエルン地方で撮影されたそうだ。ちなみに『ロード・オブ・ザ・リング』のような壮大感を狙ったとか?その甲斐あって、急峻な山岳地帯でのアクションは圧巻の迫力。ちと頼りないが可愛いラップランド少年と、全くの無力となった不甲斐ないアメリカ大統領の活躍をお楽しみ下さい。

(河田 真喜子)

公式サイト⇒ http://biggame-movie.jp/

(C)2014 SUBZERO FILM ENTERTAINMENT, ALTITUDE FILM ENTERTAINMENT, EGOLI TOSSELL FILM