映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『ミニオンズ』

 
       

minions-550.jpg

       
作品データ
原題 Minions 
制作年・国 2015年 アメリカ 
上映時間 1時間31分
監督 ピエール・コフィン&カイル・バルダ
出演 声の出演:サンドラ・ブロック、ジョン・ハム、マイケル・キートン、アリソン・ジャネイ (日本語吹替:天海祐希、宮野真守、バナナマン、藤田彩華 他)
公開日、上映劇場 2015年7月31日(金)~全国東宝系ロードショー(3D/2D)

 

~チョー可愛いあのミニオンの正体が明らかになる!
  “最強最悪”なボスに仕えるのが生き甲斐!! でも、ドジすぎて・・・!?~

 

『怪盗グルーの月泥棒』や『怪盗グルーのミニオン危機一髪』で、主役のグルーを完全に食っていたミニオンズ。黄色いミニバナナみたいな体形に大きなおメメというヘンテコなミニオンは、人間の言葉を理解できるが喋ることはできない。「バナナ~」とヘリウムで変声したような声で独自の言葉を発し、歌うことも大好き!(意味不明だけど)。家事や子守りから秘密兵器作りまで何でもこなしちゃう天才奇才の集団。一体ミニオンって何者?どこから来たの?怪盗グルーとの出会いは?――有史以前から始まるミニオンのなが~い歴史と、「その時の史上“最強最悪”のボスに仕えるのが生き甲斐」という特異な性格がもたらす大騒動を、ファン待望のミニオン主役で物語られる。ご機嫌すぎてドジなミニオンたちのキュートさに、さらにメロメロになっちゃう!
 

minions-500-1.jpgミニオンたちは人間が生まれる遥か昔から地球に存在していた。はじめは海の中の微生物として生まれ、少しずつ進化してはその時代の地球上で“最強最悪”のボスに仕えてきた。大きな猛魚から巨大両生類、恐竜の時代にはTレックス、原始人だったりエジプトのファラ王だったり、ナポレオンにドラキュラ伯爵など、“最強最悪”なご主人様を見つけては仕えるが、なんと史上最低なドジぶりで次々とご主人様たちを失うことに――氷の世界で楽しく生きて行こうとするが、“最強最悪”な主のいない日々は虚しく、生きる気力さえ失ってしまう。そこで立ち上がったのがケビン。仲間たちのために“最強最悪”のご主人様を探しに危険な旅に出る。同行するのは、歌手志望のマイペースなスチュアートと、幼子のような食いしん坊で泣き虫のボブ。
 

minions-500-2.jpg命がけで海を渡り、やっと辿り着いたのは1968年のニューヨーク。早速フロリダ州オーランドで開催される「大悪党大会」のことを知り、ヒッチハイクしながら向かう。そこで大人気を誇っていたスカーレット・オーバーキルと出会い、史上初女大悪党に仕えることになる。スカーレットは自らのある野望のためにミニオンたちを利用しようとロンドンへ連れて行く。夫のマッドと合流して、先ず女王の王冠を盗ませようとミニオンたちをバッキンガム宮殿へ忍び込ませる。ところが、ひょんなことから一番弱虫のボブがイギリス国王になってしまう!それに怒り狂ったスカーレットが逆上して、ロンドン中が大パニックになる大騒動に。他のミニオンたちも駆け付けてのミニオンズクラッシュ!?  果たして、“最強最悪”のご主人様・グルーには、どんな形で出会うのだろうか?
 

minions-500-3.jpgぴょこぴょこ素早く動く小さいミニオンたち、ひとりひとりが個性的で、訳の分からない言葉を発しているが豊かな感情で通じてしまうから不思議。単純で陽気でお茶目で疑うことを知らない。小さい子供のように世話がやけるが、可愛らしさもひときわ!もっともっとミニオンたちのドジぶりを見たくなる。もはや再起不能なほどミニオンズのトリコになってしまったようだ。

(河田 真喜子)

公式サイト⇒ http://minions.jp/

(C)2015 Universal Pictures.