映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『パイレーツ』

 
       

pirates-550.jpg

       
作品データ
原題 The Pirates
制作年・国 2014年 韓国 
上映時間 2時間9分
監督 イ・ソクフン
出演 キム・ナムギル、ソン・イエジン、イ・ギョンヨン、ユ・ヘジン、パク・チョルミン、キム・テウ、オ・ダルス他
公開日、上映劇場 2015年5月22日(金)~TOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば、TOHOシネマズ西宮OS、T・ジョイ京都 他全国ロードショー
 

~韓国版“パイレーツ・オブ・カリビアン”は女海賊が大活躍!~

 

pirates-2.jpg

海賊映画で筆頭に上がるのは、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウ船長の強烈キャラが受けて、シリーズ化されている『パイレーツ・オブ・カリビアン』だろう。ハリウッドパワーを見せつける大掛かりなロケやセットで、息つく暇もないぐらいアクションや笑いを詰め込んだアトラクション映画だが、その作品に肩を並べるぐらいパワフルな海賊映画が韓国から登場したのは、同じアジア人としてうれしいサプライズだ。しかも、女海賊役は、『私の頭の中の消しゴム』『四月の雪』などで知られる正統派女優、ソン・イェジン。アクションに真正面から挑み、闘う女の姿をスクリーンに焼き付ける。ひと皮むけたクールビューティーぶりを堪能したい。
 
 
朝鮮建国前の時代、明の皇帝から贈呈された朝鮮建国の証しの印章を運んでいた使節船は、クジラとぶつかり、印章をクジラに飲み込まれてしまう。国の混乱を危惧した王の側近は、海賊に印章を奪われたとウソの報告をし、朝鮮初代国王から海賊討伐および印章奪回の命令が下った。猶予期間は15日間。水軍長に選ばれたモ・フンガフ(キム・テウ)は、今がは山賊となっている因縁の相手、チャン・サジョン(キム・ナムギル)を討ち取ろうとするが、サジョンもクジラの腹に眠る財宝を狙って仲間と海に漕ぎ出すのだった。
 

pirates-3.jpg

クライマックスで登場人物たちが海上対決を繰り広げるまで、様々な人間模様が周到に描かれていく。コミカル担当のキム・ナムギル演じるサジョンは、元々武家出身者ながら山賊に転じ、財宝を狙って海にまで足を伸ばす男だが、道中で彼が出会うひと癖もふた癖もあるキャラクターが笑いとアクションを運んでくる。一方、ソン・イエジン演じる女海賊ヨウォルは、冷酷非道なソマ船長(イ・ギョンヨン)と船員の命を守る戦いを繰り広げ、後々ソマから命を狙われることとなる、過酷な運命が待ち受ける女として描かれる。だが、サジョンと出会ってからは、敵対転じて恋が始まるような展開もあり、ツンデレの裏にある女心も垣間見えるのだ。
 

pirates-4.jpg

陸上でも大車輪が追いかけてくるような大掛かりなアクションシーンにワクワクドキドキさせられるが、様々な思惑を持つ敵味方が結集し、死闘を繰り広げる船上シーンは、海賊映画のセオリーを裏切らない見事な迫力だ。中でも一番目を引くのがヨウォルで、クジラとも心を通わせる繊細な面を見せる一方、ロープを駆使して飛び回りながら、剣を片手に闘いに挑む。その姿は、新しいソン・イエジンの誕生と言っていい。まるで宝塚歌劇団の娘役が男役に転換したぐらいの大変身をやってのけた彼女の、次回作にも期待したい。
(江口由美)
 
 
公式サイト⇒ http://www.pirates-movie.info/
(C) 2014 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.