映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

 
       

chef-550.jpg

       
作品データ
原題 CHEF 
制作年・国 2014年 アメリカ 
上映時間 1時間55分
監督 製作・監督・脚本・主演:ジョン・ファヴロー(監督作品:「アイアンマン」シリーズ)
出演 ジョン・ファヴロー、ダスティン・ホフマン(「トッツィー」「レイン・マン」)、ロバート・ダウニーJr.(「アイアンマン」シリーズ、「アベンジャーズ」」、スカーレット・ヨハンソン(「ロスト・イン・トランスレーション」「アイアンマン2」)、ソフィア・ベルガラ(「スマーフ」「ニュー・イヤーズ・イブ」)、ジョン・レグイザモ(「キックアス2」「コラテラル・ダメージ」)、エムジェイ・アンソニー(「恋するベーカリー」)
公開日、上映劇場 2015年2月28日(土)~TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ(梅田・なんば・二条・西宮OS)、OSシネマズミント神戸、ほか全国ロードショー

 

~三ツ星シェフのハッピーメニューに身も心もウキウキ♪~

 

chef-2.jpg失業中のダメ親父シェフが再起を賭けてフードトラックでマイアミからロスまで旅をするロードムービーが、いま熱い。ラテンミュージックにノッて、三ツ星シェフが創り出すジュージュー香り立つキューバサンドに惹きつけられ、親子の愛と友の信頼と希望を乗せて走るフードトラックの旅は、ウキウキするようなハッピーアワーを楽しめる。何ともお腹が空いてくる映画なので、笑って泣いてグーグーいわせてもOK。



chef-3.jpg

【STORY】
お世辞でもイケメンとは言い難いシェフのカール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)は、ロスの一流レストランでシェフを務めていたが、定番の人気メニューに飽き足らず、新メニューの開発に余念がない。だが、店のオーナー(ダスティ・ホフマン)は、定番メニューに固執し新メニューを絶対許さなかった。そこにSNSで炎上した料理評論家のラムジー(オリヴァー・プラット)とカールとの対決の日がやってきて、新メニューを試す機会がやってきたが、オーナーに阻止され、カールのシェフとしてのメンツも丸つぶれ。頭にきたカールは店を辞めてしまう。


chef-5.jpg離婚した元妻のイネス(ソフィア・ベルガラ)と10歳になる息子パーシー(エムジェイ・アンソニー)は、料理しか頭にないカールを何かと心配していた。そこで、イネスはシェフとしての出発点でもあるマイアミへの旅にカールを誘う。マイアミでは、イネスの前夫のマーヴィン(ロバート・ダウニー・Jr)の助力で、ひどくおんぼろだがフードトラックをゲット。息子と二人で改修に悪戦苦闘する中、友人のマーティン(ジョン・レグイザモ)が駆け付け、3人でロスを目指す旅が始まる。


 
chef-4.jpgちょっと思春期に入り父親と嚙みあわなくなってきた息子のパーシーは、いつも美味しい料理で身も心も満たしてくれる父親カールが大好きだった。そんな息子が窮地に立つ父親を心配し、一緒に過ごす時間を心から楽しむ様子が、何とも可愛らしくて心憎い。完璧な親でなくてもいい、子供に無様に映ってもいい、親子で過ごす思い出は、いい事も悪い事も親子の絆を強める愛情に変わっていくということを教えてくれる。そして、皆に助けられて料理への情熱を取り戻していくカールの成長する姿に、見ているこちらも勇気づけられる。そんな爽快パワーアップ映画だ。

(河田 真喜子)

公式サイト⇒ http://chef-movie.jp/