映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『ポンペイ』

 
       

pompeii-550-2.jpg『ポンペイ』

       
作品データ
原題 Pompeii
制作年・国 2014年 アメリカ、カナダ、ドイツ合作 
上映時間 1時間45分
監督 監督・製作:ポール・w・s・アンダーソン(『バイオハザード』シリーズ、他)
出演 キット・ハリントン、キャリー=アン・モス、エミリー・ブラウニング、アドウェール・アキノエ=アグバエ、サーシャ・ロイズ、ジャレッド・ハリス、キーファー・サザーランド、ジェシカ・ルーカス、カリー・グレアム
公開日、上映劇場 2014年6月7日(土)~全国ロードショー

 

~いま甦る!! 歴史に埋もれたポンペイの悲劇をドラマチックに描いたスペクタクル巨編~

 

pompeii-4.jpg 歴史上最大級の火山活動の被災地とされるイタリアのポンペイ。かつてはナポリ湾に面した保養地として栄えた港町だったらしい。それが、西暦79年8月24日のヴェスヴィオ火山の大噴火によって、街や港も溶岩や火砕流によってすべてが埋没してしまったのだ。さらに、ナポリ湾に発生した津波は、逃げ惑う人々や救助に向かった船までもすべてを飲み込んでしまった。そんなポンペイの悲劇を、かつてないスケールとダイナミックな映像で再現し、さらに、そこに生きた人々の想いを甦らせるような切ない物語で描いたのが、映画『ポンペイ』である。

 ポンペイ遺跡を訪れたことのある方ならご存知だろうが、今はナポリ湾から少し内陸の方に入った所に遺跡はある。それまで忘れ去られていたポンペイは、18世紀末に遺跡の一部が発見され、永い眠りから目覚めた。今でも発掘途中にあるという。街の中心部を通る石畳の道には、かつて多くの馬車の往来があったことを示す轍(わだち)があり、貴族の館の各部屋には当時の風俗や暮らしぶりを描いた鮮やかな壁画が残されている。まるでタイムカプセルのようだ。

 20年程前の夏休みに訪れた際、市街地の南部にある円形闘技場に入ると、あまりの暑さで、大噴火が起きなくても焼け死にそうなくらい熱かった。そして、ポンペイ遺跡の中で最も衝撃的だったのは、人型が数多く残っていることだ。親子や夫婦だろうか、家族でかばい合うような姿勢で横たわっている。瞬時に火砕流に襲われた人体は、長い年月を経て消滅してしまい、外側の火山灰が固まって、まるで石膏で型取りしたようにそのままの姿を止めていたのだ。当時の人々の悲鳴が聞こえてきそうだった。


 【STORY】
pompeii-550.jpg ローマ軍の襲撃で両親や一族全てを殺されたケルト族の少年マイロは、奴隷商人に誘拐されグラディエーター(剣闘士)として育てられた。イタリア南部にあるポンペイ闘技場からの最強戦士の求めに応じて、マイロ(キット・ハリントン)を含む戦士たちが派遣される。その旅の途中、馬が倒れて身動きできないところを救った相手が、ポンペイ統治者の娘カッシア(エミリー・ブラウニング)だった。聡明で美しいカッシア、物静かで力強く優しいマイロ。若いふたりが心を交わすのに言葉など必要なかった。だが、身分の違うふたり。その後、カッシアの父親の邸で催されたローマ元老院コルヴス(キーファー・サザーランド)を歓待する宴の場で再会することになる。

pompeii-3.jpg 闘技場に集められた剣闘士たちは殺し合う者同士。一触即発の緊張の中、次の試合で生き残れば奴隷の身分から解放されるというアティカス(アドウェール・アキノエ=アグバエ)に話し掛けられる。ベテランの剣闘士アティカスとの友情を感じながら、マイロとアティカスは宴の場に呼び出される。その夜起きた地震騒動に紛れてカッシアを連れて馬で逃げようとしたマイロだったが、捕獲され、ひどい拷問を受ける。

pompeii-2.jpg 翌日行われた闘技場での試合は、大混乱の末、ローマ軍を相手に闘う羽目になる。そこで、マイロは一族を殺した敵を発見する。闘いも最高潮に達した時、ヴェスヴィオ火山が大噴火を起こす。アティカスとは港での再会を約束して別れ、邸に閉じ込められたカッシア救出にひとり向かうマイロ。大地は大きく裂け、雨あられのように降り注ぐ溶岩弾、さらに大津波に火砕流と、次から次に迫り来る危機。果たして、マイロとカッシアは生き残れるのか?


  大きな町が消滅する伝説的大噴火による大惨事を、最先端のVFXを駆使して再現されたスペクタクル映像には圧倒される。闘技場での闘いのシーンも、今まで見たことのない戦法で手に汗握るスリルだ。西暦79年、ローマ帝国時代のイタリア南部のポンペイ。あの遺跡から想像される、当時の栄華を誇った暮らしぶりや、権力者に抑圧された人々の生活、そして、秘めた情熱で滅亡の日を必死で生き抜こうとした若いふたりの物語など。一大史実の真っただ中にタイムスリップできる、奇跡の映像体験となることだろう。

(河田 真喜子)

 公式サイト⇒ http://pompeii.gaga.ne.jp/

(C)2014 Constantin Film International GmbH and Impact Pictures (POMPEII) Inc.