映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『ミスターGO!』 

 
       

MrGO-550.jpg

       
作品データ
原題 MR. GO
制作年・国 2013年 韓国
上映時間 2時間7分
監督 キム・ヨンファ
出演 シュー・チャオ、キム・ガンウ、ソン・ドンイル、オダギリジョー他
公開日、上映劇場 2014年5月24日(土)~シネマライズ、イオンシネマ板橋、シネ・リーブル梅田、なんばパークスシネマ、OSシネマズミント神戸、MOVIX京都他全国ロードショー
 

~サーカス団から韓国球界に殴り込み!?超ド級ゴリラ選手のミラクルを体感せよ!~

MrGO-2.jpg

ゴリラ×野球という異色の組み合わせにハリウッドの離れ業かと思っていたら、韓国映画であることにまずは驚いた。韓国、中国、日本のキャストが集結、韓国と中国を舞台にしたボーダレス野球映画は、人種を超えて霊長類レベルでつながれる!?驚きと感動でいっぱいだ。
 
 
 
 
 

MrGO-4.jpg

子どもの頃からゴリラのリンリンを育て、後にサーカス座の借金を返すためリンリンと一緒に韓国野球界で旋風を巻き起こすゴリラ使いのウェイウェイを演じるのは『ミラクル7号』で鮮烈デビューを果たし、トム・リン監督作『星空』(大阪アジアン映画祭2012出品作)でヒロインを演じたシュー・チャオ。長い鞭を自在に使いながら、リンリン改めミスターGOの通訳兼一塁コーチとして激烈な指示を飛ばす貫録ぶりをみせる。ついにゴリラにまで目を付けてしまった辣腕スカウトマン、ソン・チェンスを演じるのは『国家代表!?』でもキム・ヨンファ監督とタッグを組んだソン・ドンイル。冷徹なビジネスマンのはずのチェンスが、すっかりウェイウェイやリンリンのペースに巻き込まれる様がとてもコミカルで、人間味あふれるキャラクターを熱演している。
 
 

MrGO-3.jpg

日本からのスカウトとして巨人と中日の球団代表が登場し、お金にものを言わせながら選手獲得に執念を燃やす修羅場も挿入。変わり身の早い中日代表を演じるオダギリジョーの怪演も交えながら、選手トレードで右往左往する様子をコミカルかつ皮肉を込めて描き出している。ミスターGOが一振りでガツンガツンとスタンドに叩き込む野球シーンから、球場内を駆けまわり、ゴリラ同士で乱闘するシーンまで、迫力もスピードも満点。万年最下位球団でのミスターGOの活躍を称賛する一方、一度野性的な姿を見せた途端に危険な対象物とみなしてしまう人間の身勝手さも見え隠れする。
 
 

MrGO-5.jpg

そんな中、感動を呼ぶのは今まで冷徹な”人間ハンター”と呼ばれてきたチェンスが、初めて選手を育てる(しかもゴリラ!)羽目になることで、相手に対する愛情が芽生え、人間として成長していく姿だ。一方ウェイウェイは、かつてはサーカス団で面倒をみていた獰猛なゴリラ、レイチェンが、借金取り立てのヤクザたちによりミスターGOを抑え込む猛速球投手としてライバル球団に売り込まれ、スタンド対決を余儀なくされることに動揺を隠せない。チャンピオンを目指す要の一戦で繰り広げられる世紀のゴリラ対決、お金にまつわる陰謀が渦巻く中でも、ゴリラたちの力と力が真っ向からぶつかり合う勝負に嘘はないのが何よりも清々しい。映画だからこそ実現する名勝負は、野球本来の魅力を存分に教えてくれた。(江口由美)
 
公式サイト⇒http://go.gaga.ne.jp/
(C) 2013 SHOWBOX / MEDIAPLEX AND DEXTER FILMS ALL RIGHTS RESERVED.