映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常』

 
       

woodjob-550.jpg

       
作品データ
制作年・国 2014年 日本 
上映時間 1時間56分
原作 三浦しをん著『神去なあなあ日常』徳間書店刊
監督 監督・脚本:矢口史靖
出演 染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、柄本明、西田尚美、光石研
公開日、上映劇場 2014年5月10日(土)~TOHOシネマズ有楽座、新宿バルト9、TOHOシネマズ梅田、大阪ステーションシティシネマ、TOHOシネマズなんば、OSシネマズミント神戸、TOHOシネマズ二条、MOVIX京都他全国ロードショー

 

~かわいいあの娘のために、僕はがんばる!林業を!!!~

 

「グッジョブ」ならぬ「ウッジョブ」というタイトルの一節からして、なんだか面白そうと思わせるのが心憎い。『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』と今どき高校生が部活を通して成長していく姿を独特のユーモアとゆるさを交えながら、感動的に描く矢口史靖監督が、三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を映画化。軽い気持ちで浪人を返上し、1年間の林業研修に行くことにした青年の思いも寄らぬ怒涛の日々を、オールロケ(三重県美杉村)の映像で綴る。林業の仕事や村の大山祇祭(オオヤマヅミサイ)をダイナミックに再現し、矢口作品史上最もスケールの大きい自然派青春コメディーは、見どころ満載だ。
 

woodjob-2.jpg 高校を卒業したもののむなしい浪人生活が待っていた勇気(染谷将太)は、たまたま手にした林業研修パンフレットの表紙の美女に惹かれるという軽い動機から、1年間の林業研修プログラムへの参加を決める。携帯電話が圏外になるぐらいド田舎の神去村で、地元の林業後継者育成のため行われるプログラムは、林業の基礎からみっちりと仕込まれるものだった。野性的で荒っぽい林業の先輩ヨキ(伊藤英明)にバリバリしごかれ、蛇や虫だらけの山に嫌気が差した勇気は逃げようとするが、表紙の美女、直紀(長澤まさみ)が村に住んでいることを知り……。

woodjob-3.jpg イマドキの超ゆるい男子、勇気を、染谷将太が、脱力感たっぷりに演じ、伊藤英明演じるマッチョでワイルドな林業男とのコンビネーションが最高に面白い。そんな勇気が全く畑違いに思える林業の世界に足を踏み入れた動機となる美女直紀を演じた長澤まさみは、バイクを乗り回す化粧っ気のない素朴な山の女を好演している。木の匂いや自然の音に囲まれ、近所のおばあちゃんたちや林業仲間のおっさんたちに世話を焼いてもらいながら過ごすうちに、山村暮らしに馴染んでいく勇気。人の情に包まれた神去村の日常は、都会の生活とはかけ離れているが、得難い魅力がある。
 

woodjob-4.jpgラストの48年ぶりに行われる神聖な大山祇祭では、森を守ってきた男たちの魂がこだまする。ふんどし姿の男たちが山上で切られることを待ちわびていたような巨木に祈祷をし、のこぎりをいれ、大の男が数人がかりで切り倒していく。急流すべりのように山肌を滑り降りていく大木と、くしくも縄が巻き付いて大木にくくりつけられ、一緒に滑り落ちる羽目になった勇気。そのダイナミックさに笑いも絶頂!? 矢口作品ならではの名シーンだ。他にも種取りのため高い杉の木にヨキや勇気がぐいぐい登り、木の上で昼食を食べたり、「えっ、すごい!本当に登っているの?」と思うようなショットの連続で、高所恐怖症には限りなく怖く(笑)、森好きにはたまらないところだろう。子孫のことを考えて苗を植え、未来へのつながりを感じる林業の魅力満載、青年の成長物語としてもグッときて、最後に男気まで感じてしまう林業青春コメディー。我が家のイマドキ高校生男子にも是非見せたい!

(江口由美)

公式サイト⇒ http://www.woodjob.jp/
(C) 2014「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」製作委員会