映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』

 
       

WE-550.jpg『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』

       
作品データ
原題 The World’s End  
制作年・国 2013年 イギリス 
上映時間 1時間49分  PG12
監督 監督:エドガー・ライト  脚本:サイモン・ペッグ、エドガー・ライト
出演 サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、パディ・コンシダイン、マーティン・フリーマン、エディ・マーサン、ロザムンド・パイク
公開日、上映劇場 2014年4月12日(土)~シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋、T・ジョイ京都、109シネマズHAT神戸 ほか全国ロードショー

 

~エイリアンも呆れる酔っぱらいの言い分!? ~

 

 世の酒好きの皆さん!この映画を見れば、もっと自信を持って飲めますよ~!? というより、映画館出たらパブへ直行したくなる映画です。飲んで、大トラになったら怖いもんなんてない!矢でも鉄砲でもエイリアンでも飛んで来い!ッつ~の!? (もう酔っぱらってる?)一晩で12軒のパブを制覇するなんて、あなたなら何軒までイケますか?私は4軒目でギブアップかな!?……いえいえ、決して耐久レースの映画ではありません。エイリアンと戦う英雄奇譚とでも言いましょうか、エイリアン制圧よりパブ制覇の方が大事というか、『ハングオーバー』より共感して笑える、そして、エイリアンも呆れるとんでもない酒飲みパワー炸裂の映画です!…多分?

WE-2.jpg 『宇宙人ポール』で主演・共同脚本を手掛けたあのエイリアンオタクコンビ(サイモン・ペッグ&ニック・フロスト)が、今度は母国イギリスのパブをハシゴしながらエイリアンと戦う物語を、『ホット・ファズ-俺たちスーパーポリスメン-』のエドガー・ライト監督で撮ってしまった!? という、まさかの映画。今度も脚本・製作にも参加して、どこまでエイリアンが好きやねん!?  と言いたくなるような“超ド級呑べえ天国”の映画でもある。
 



 【STORY】
 1990年、UKロック絶頂の頃、肩で風切って闊歩していた悪ガキ5人組は、高校卒業記念に一晩で12軒のパブを制覇する“ゴールデン・マイル”に挑戦。12軒目のパブ「ワールズ・エンド」を目指していたが、途中トラブルって挫折。それから音信不通となっていたリーダー的存在のゲイリー(サイモン・ペッグ)が、20年ぶりに突然4人の前に現れ、20年前のリベンジ決行を宣言する。だが、それぞれ仕事も家庭もあるアラフォー世代。弁護士のアンディ(ニック・フロスト)、建築屋のスティーヴン(バディ・コンシダイン)、不動産屋のオリヴァー(マーティン・フリーマン)、自動車ディーラーのピーター(エディ・マーサン)の4人は、今さらリベンジには興味ないと言いつつ、どうしても気になって故郷に集結する。

WE-3.jpg 街は何ひとつ変わっていないように見えた。ただ、5人を見つめる人々の視線の冷たさ以外は。早速パブを目指すが、バーテンダーの顔は変わってないが、店の作りはどこも同じで、まるでスタバチェーン店みたい!? かつての同級生や初恋の女の子など、不思議と昔のまんま! パブを巡るにつれて彼らに攻め寄られ、殴り倒してみると、なんと得体の知れない青い液体を流す生物に入れ替わっていた。街全体がエイリアンに支配されていたのだ。果たしてエイリアンに乗っ取られつつある地球を救うことができるのか? “ゴールデン・マイル”の行方は?「ワールズ・エンド」まで辿りつけるのか?
 



  5人の面々がいい! サイモン・ペッグとニック・フロストのオタクコンビは言うまでもないが、他の3人もイギリスを代表する個性派ばかり。キャスティングのポイントは、「大人になりきれないガキみたいなアラフォー」だったらしい。『思秋期』のような渋いシリアスドラマを監督したパディ・コンシダイン。『ホビット』シリーズの主人公ビルボを演じているマーティン・フリーマンは、TVドラマ『SHERLOCK』でワトソン役でも有名。エディ・マーサンも映画やTVドラマで大活躍する名バイプレイヤーだ。そこに紅一点のロザムンド・パイクが花を添え、ただのドタバタでは終わらない名優達の競演と共に、35ミリフィルム撮影にこだわり、往年のSF映画へのオマージュが込められた、映画への愛とユーモアたっぷりのエンタテインメントコメディなのだ。UKロックファン感涙もののサントラも、本作のポテンシャルを高めている。

 さあ、あなたもおバカな5人と共に、パブ巡りに参加しましょう♪ 飲まなくても元気になれるから不思議。でも、くれぐれも飲み過ぎないように!(自戒を込めて。)

(河田 真喜子)

『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!』公開記念スタンプラリー開催!詳細はニュース をご覧ください。 

 公式サイト⇒ http://Worldsend-movie.jp
 © 2013 UNIVERSAL STUDIOS

月別 アーカイブ