映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『パッション』

 
       

passion-550.jpg『パッション』

       
作品データ
原題 PASSION
制作年・国 2012年 フランス・ドイツ 
上映時間 1時間41分
監督 ブライアン・デ・パルマ
出演 レイチェル・マクアダムス、ノオミ・ラパス、カロリーネ・ヘルフルト、ポール・アンダーソン
公開日、上映劇場 2013年10月4日(土)~TOHOシネマズ(梅田、なんば、二条、西宮OS)他全国ロードショー

 

~女は怖いよ~!って思わず叫びたくなる…だって怖  いもの~ののの  

 

 赤と黒のコントラストが目に残るプレスシートや宣伝チラシは、一瞬、ペドロ・アルモドバル監督作品かと思うほど鮮烈!後で、アルモドバル監督とタッグを組んできたホセ・ルイス・アルカイネが撮影監督だと知り、大いに納得した。

 女同士の関係性は、いったんほころぶと、実に大変だということを何度か経験してきたが、なぜ大変なのかというと、妙なライバル意識、男性あるいはキャリアをめぐってのジェラシーが陰湿に絡み合うからだ。むろん、オトコだってそういう陰湿さとはけして無関係ではないのだが、なぜか女同士は長引く…ような気がして仕方がない。

passion-2.jpg さて、ブライアン・デ・パルマ監督がえぐって見せたのは、女と女の間に生じた深淵である。ほんのわずかの傷口だと思ったものが、いつの間にか内へ内へと向かっていき、気づけば、どうにもこうにも回復不能な致命傷となる恐ろしさだ。ここに2人の女がいる。著名広告代理店の重役レイチェルと、その部下イザベルだ。夜を徹して新製品のプロモーションビデオを制作したイザベルの尽力により、クライアントへのプレゼンテーションはみごと成功するが、レイチェルはそれを自分の手柄にしてしまう。これが、2人の間に開いた最初の傷口である。

passion-3.jpg まるでレズ的な言動をイザベルに対して示すかと思えば、皆の前でイザベルの醜態をビデオに映したりと、レイチェルの不可解なやり口がイザベルを翻弄する。セクハラとパワハラのダブル攻撃で、どんどんイザベルは追いつめられ、身も心もだんだんとすりきれていくのだ。そうして、或る夜、ついに殺人事件が発生するのだが、映像を2分割にして彼女2人を映す場面の緊張感!しかも、その後のストーリーには第3の女も濃密に関わってきて、いったいどうなるのかとハラハラさせられ、思わぬどんでん返しに、サスペンス好きならついにんまりしてしまう。ネタばらしはできないけど、3人の女はすべて怖い、とだけ言っておこう。

(宮田彩未)

  

公式サイト⇒ http://passion-movie.jp/#footer

 

 

 (C)2012 SBS PRODUCTIONS - INTEGRAL FILM - FRANCE 2 CINEMA