映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『ヒステリア』

 
       

hysteria-550.jpg『ヒステリア』

       
作品データ
原題 Hysteria 
制作年・国 2011年 イギリス・フランス・ドイツ 
上映時間 1時間40分
監督 ターニャ・ウェクスラー
出演 マギー・ギレンホール、ヒュー・ダンシー、ジョナサン・プライス、フェリシティ・ジョーンズ、ルパート・エヴェレット
公開日、上映劇場 2013年5月11日(土)~シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋、5月18日(土)~シネ・リーブル神戸 ほか全国順次公開

 

~あまり大きな声では話せない“救世”が生み出されるまで~

 

 古代ギリシャの時代から女性の気の病は“ヒステリー”と呼ばれていたそうな。今ではそんな病名は存在しないが、その“ヒステリー”の治療方法として、女性の大事な部分をマッサージする方法が執られていたというから、びっくり! しかも、19世紀末の頃まで医師が直接手でマッサージしていたというから、正に“Oh,my God!”である。本作は、19世紀末ヴィクトリア朝のロンドンが舞台、ある若い医師により発案された機械:電動バイブレーターが、女性にとって救世主ならぬ救世“手”となった実話を基にした、痛快ラブコメ。

hysteria-1.jpg 第二次産業革命真只中の近代都市ロンドンでも、まだ細菌学の認識も甘く、清潔、不潔の区別もされない病院が多かった。そんな状況に嫌気がさしていた若い医師モーティマー・グランビル(ヒュー・ダンシー)は、ダリンプル医師(ジョナサン・プライス)の精神科クリニックを求職活動のため訪ねる。そこは女性患者が殆どで、様々な気の病で来院しては、ダリンプル医師の特別な治療を受け、みな満足気な表情で帰っていった。なんと、女性患者の欲求不満を解消するある方法が執られていたのだ。モーティマーも同じような治療を始めると、若くてイケメンの医師とあって、患者数は倍増。だが、さすがに手首が腱鞘炎になってしまって、治療にも支障が出るようになる。

hysteria-2.jpg ダリンプル医師は、モーティマーにクリニックを継がせようと次女のエミリー(フェリシティ・ジョーンズ)と婚約させる。ところが、社会奉仕活動ばかりして一家にとっては問題児の長女シャーロット(マギー・ギレンホール)が現れて、事態は思わぬ方向へ変化していく。貞淑で美しいが保守的なエミリーに比べ、シャーロットは女性の自主性を重んじる先進的な考えの持ち主だった。貧しい人々の力になろうと、子供たちの教育や女性の仕事や医療に一所懸命尽力していた。モーティマーがこだわった細菌学の知識にも長け、一緒にいるだけでわくわくする何かを感じるようになる。ところが、シャーロットが暴力沙汰を起こし逮捕され、裁判にかけられることに・・・。

hysteria-3.jpg モーティマーは、発明好きの友人エドモンド(ルパート・エヴェレット)の家でたまたま手にした回転器のようなものを見つけ、治療に役立てるのでは?と思いつく。果たして、その器具は“ゴッドハンド”の代わりになれるのだろうか? シャーロットとの関係はどうなるのか?

  あまり口に出して語られることがなかった電動バイブレーターを、アダルトプレイグッズの一つだと誤解していた。まさか医療用器具として特許登録されていたとは驚きだ。しかも、それによって気の病が改善し幸せな日々を送れるようになるとは、この画期的な発明器具への認識を改めなくてはね!

 デリケートな話題だが、急速に変化しつつあった時代を背景に、保守的な階級社会への皮肉や、女性への偏見や蔑視など様々な問題をコミカルに描いて、実に小気味いい。マギー・ギレンホールの明るい笑顔に勇気付けられて、爽快な気分になれる。

(河田 真喜子)

公式サイト⇒ http://hysteria.ayapro.ne.jp/

© 2010 Hysteria Films Limited, Arte France Cinema and By Alternative Pictures S.A.R.L.