映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『コドモ警察』

 
       

kodomo-550.jpg

       
作品データ
制作年・国 2013年 日本
上映時間 1時間41分
監督 福田雄一
出演 鈴木福、勝地涼、マリウス葉(Sexy Zone)、本田望結、吉瀬美智子、鏑木海智、青木勁都、秋元黎、相澤侑我、竜跳、上地春奈、本田力、北乃きい、山本裕典(友情出演)、神尾祐、鈴木亮平、宍戸開、小野寺昭 他
公開日、上映劇場 2013年3月20日(水・祝)~TOHOシネマズ梅田 他全国ロードショー

 

~福くんがデカ長に!? この可愛さはヤバいかも?~

 

kodomo-1.jpg 舌っ足らずが可愛い鈴木福くん(8歳)の映画初主演作は、石原裕次郎ばりにブランデーグラス片手にキザなセリフを連発する、『太陽にほえろ!』か『西部警察』のデカ長役だ。悪の組織レッドヴィーナスが開発した特殊ガスによって子供にされてしまった神奈川県警特殊捜査課のエリート刑事たちによる”昼の大走査線”!? ともいうべき活躍を描く。何と言っても、大人が子供になっちゃったのだから、言うこと為すこと生意気なガキの集団にしか見えないところが可愛い。形(なり)は子供でも、刑事としては優秀そのもの。ただ、時々、完全に子供の世界に陥ることがあるのがネック。

kodomo-3.jpg 子供に交じって、新たに赴任してきた国光(勝地涼)が、大人にしかできないことをこなす。「おい、新人!」とこき使われながらも、いろいろ面倒みている辺りはどう見ても”優しいお兄さん”だ。デカ長の恋人(吉瀬美智子)がまたやたら記念日大好き人間で、「昔のあなたはそうじゃなかったわ」と福くんに甘えるのに対し、「そうさ、昔はこんな舌っ足らずじゃなかったさ」なんてキザなことを天下一品の滑舌の悪さで答える。そんなギャップが堪らなく可笑しくて可愛い。

kodomo-2.jpg まるで“名探偵コナン”が沢山いるみたいだが、デカ長をはじめ、マイコやナベさんやブルなど、懐かしい刑事ドラマで活躍したキャラクターと重なり、刑事ドラマパロディー決定版としても大いに楽しめる。コドモ刑事たちレギュラー陣に加え、スペシャルゲストとして、北乃きい、山本裕典、小野寺昭などが参加し、大人に戻れない刑事たちを翻弄する。(ちなみに、福くんの髪の毛は、てっきりカツラだと思ったら地毛だそうだ。)

(河田 真喜子)

公式サイト⇒ http://kodomokeisatsu.com/
© 2013映画「コドモ警察」製作委員会