映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『拝啓、愛しています』

 
       

haikei-1.jpg

       
作品データ
原題 英題 LATE BLOSSOM
制作年・国 2011年 韓国
上映時間 1時間58分
原作 カン・プル
監督 チュ・チャンミン
出演 イ・スンジェ、ユン・ソジョン、キム・スミ、ソン・ジェホ、ソン・ジヒョ、オ・ダルス
公開日、上映劇場 2012年12月22日(土)~シネスイッチ銀座、シネマート銀座、テアトル梅田、シネマート心斎橋、2013年1月5日(土)~シネ・リーブル神戸、お正月第二弾~京都シネマ 他全国順次公開


~老いらくの恋と、長年連れ添った愛。その美しき二重唱~

haikei-2.jpg 世の中、『若い=美しい』の大行進である。その圧力に弾き飛ばされるのが、ああ、悲しや『老い』なのだ。年を重ねてより美しくなっていく人はいるし、老人と呼ばれる人だって胸がときめき、恋をすることだってもちろんあるのだが、世間はなかなかその点に目を向けたがらない。しかしながら、こういう映画が韓国で大ヒットし、しかも、その原作がこれまた大ヒットしたコミックだということに少なからず衝撃を覚え、喝采を送りたくなった。

haikei-3.jpg ソウルの街。仕事ではすでに引退したが、牛乳配達のアルバイトで小遣いを稼いでいるマンソクは、リヤカーを引いて古紙回収をしている同年代の女性ソンが坂道で転んだのを助け、それがきっかけで彼女と知り合う。マンソクは、亡き妻以外の女性を愛するなんて思ってもいなかったのに、控え目で孤独な影のあるソンと会うのをいつしか心待ちするようになる。一方、駐車場の管理人グンボンは誠実な男で、長年、生活を共にしてきた妻が認知症になった現在も、彼女への愛おしさは変わらない。その妻が徘徊した事件により、老境に達したこの2組のカップルが支え合うようになるが…。

 haikei-4.jpg身寄りがなく、文字が読めず、名字しか持たないソンのために、イップンという名前までつけてあげて、その名前の意味が「あなただけ」とは、もう、恋する老人を遥かに超えたマンソクの献身ぶりだ。ソン・イップンとなった女性を見つめるまっすぐな目や行動力にユーモアを感じる一方、切なさも胸にしみてくる。そんなマンソクに対してイップンが下した決断、それは老いという問題に絡まって、これまたじんとくる。グンボン夫婦には悲しい出来事が待っているが、それもまた一つの愛の証明。握りしめた手と手は、共に過ごした年月を確かめ合っているかのよう。一つだけ余計だと感じたのが、歌詞入りのBGM。センチメンタル過ぎて少し引いてしまったが、それを除くと、脚本力もしっかりしているし、実に素敵な作品だと思う。(宮田 彩未)

公式サイト⇒ http://www.alcine-terran.com/haikei/ 
(C)Next Entertainment World All rights reserved.