映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『リターン・トゥ・ベース』

 
       

R2B-1.jpg

       
作品データ
原題 R2B
制作年・国 2012年 韓国
上映時間 1時間54分
監督 キム・ドンウォン
出演 チョン・ジフン(RAIN)『スピード・レーサー』、ユ・ジュンサン「棚ぼたのあなた」、シン・セギョン『青い塩』、キム・ソンス「フルハウス」、イ・ハナ『フェアラブ』、イ・ジョンソク「シークレット・ガーデン」
公開日、上映劇場 2012年12月1日(土)~梅田ブルク7、シネマート心斎橋、T・ジョイ京都 ほか全国ロードショー

 

~韓国“トップガン”による超音速バトルアクション~

 

R2B-2.jpg 北朝鮮の工作員と韓国の諜報部員との恋を描いた『シュリ』(2000年)ではソウル市内で諜報活動の攻防戦が展開されたが、本作では南北の戦闘機による空中戦がソウル市街で展開され度肝を抜く。韓国と北朝鮮は、1953年の休戦協定以来大がかりな実戦はないものの、いまだ戦争状態にある。それを韓国版『トップガン』よろしく、チョン・ジフン(RAIN)を主演に、無鉄砲で型破りなパイロットが活躍するスタイリッシュな娯楽作品に仕上げている。決して絵空事ではないだけに、見ていてハラハラしてしまう。

R2B-3.jpg 本作は、『JSA』や『シルミド』『大韓民国1% 海兵隊特殊捜索隊』などとは違い、最強戦闘機F-15Kを駆使した空軍の活躍と臨戦態勢の強化がメインに描かれている。特に、13,000m上空で繰り広げられる超高速戦闘機バトルアクションには目を見張るものがある。それもそのはず、飛行シーンは、ハリウッドから『インセプション』『ダークナイト』の航空撮影スタッフを呼び寄せ、韓国空軍サポートのもと撮影されたというから半端ではない。超音速を体感するようなスピード感と、かつてないほどのスケール感は桁違いの迫力で楽しませてくれる。

R2B-4.jpg【STORY】
優れた飛行技術を持つテフン(チョン・ジフン)は、航空ショーで禁止されている危険な技“ゼロノート”を敢行し、空軍特殊飛行チーム「ブラック・イーグルス」から外され、第21戦闘飛行隊へと飛ばされる。そこでは、飛行隊の「トップガン」と称されるチョルヒ(ユ・ジュンサン)がテフンの型破りな行動に睨みをきかせ、飛行対決ではテフンがチョルヒに敗れて自尊心を傷つけられる。テフンは優秀な女性整備士セヨン(シン・セギョン)と組んで、ボラメ空中射撃大会での勝利を目指す。そんな矢先、北から一機の戦闘機が休戦協定ラインを越えて侵入してくる。亡命パイロットか? と思いきや、他の戦闘機も韓国内に侵入し、ソウル市街で空中戦が繰り広げられ、犠牲者が出でしまう。北朝鮮では、韓国との戦闘をキッカケにクーデターを企む軍人が暗躍して、朝鮮半島の平和を脅かす一触即発の危機が迫っていたのだ。

(河田 真喜子)

公式サイト⇒ http://www.r2b-movie.jp/
(C)2012 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.