映画レビュー最新注目映画レビューを、いち早くお届けします。

『プレイヤー』

 
       

players-1.jpg

(C) 2011 JD PROD, BLACK DYNAMITE FILMS, MARS FILMS, M6 FILMS, COOL INDUSTRIE

       
作品データ
原題 Les infideles
制作年・国 2012年 フランス
上映時間 1時間49分
監督 ミシェル・アザナヴィシウス、フレッド・カヴァイエ、アレックス・クルテス、エリック・ラティゴ、エマニュエル・ベルコ
出演 ジャン・デュジャルダン、ジル・ルルーシュ、ギョーム・カネ、サンドリーヌ・キベルラン、アレクサンドラ・ラミー、マチルダ・メイ
公開日、上映劇場 2012年6月23日(土)~ヒューマントラストシネマ渋谷、6月30日(土)~梅田ガーデンシネマ 他にて公開

~おバカな男たちの爆笑生態オムニバス映画~

 今年のアカデミー賞を賑わせたサイレント映画『アーティスト』で主演男優賞を受賞したジャン・デュダルジャンと監督賞受賞のミシェル・アザナヴィシウス監督のコンビ最新作は、マシンガントークのセクシャル・コメディー9話からなるオムニバス映画。といっても、アザナヴィシウス監督作は第3話の「良心」だけ。ニヤケた顔のジャンに、どうやってもモテない惨めな男を演じさせて痛快だ。『すべて彼女のために』や『この愛のために撃て』のフレッド・カヴァイエ監督の「プロローグ」では、ジャン・デュダルジャンとジル・ルルーシュという既婚男性二人が夜な夜な女漁りにふける様子を、呆れるような大胆な描写で見せる。

  players-2.jpgこの濃い顔の二人は、第9話「ラスベガス」では自らが監督を務め、浮気というよりセックス依存症の男たちの行き着く果てを、これまたアッと驚くシーンを盛り込みながら笑わせる。だが、“おバカな男たちよ”とあなどるなかれ! ジャンが実生活での妻サンドリーヌ・キベルランと夫婦を演じた第6話「質問」では迫真の会話劇を見せ、第4話「ロリータ」ではジルが若い恋人(女子大生)に振り回される愚かな中年男を演じて、能天気なだけではない男の弱さと孤独も描いている。ギョーム・カネのショートコントがまたかわいらしい。

players-3.jpg  一番のお気に入りは、アレックス・クルテス監督の第8話の「浮気男 友の会」だ。浮気を止められない男たち13人(ジャンもジルもギョームも勢揃い)が女性カウンセラーのグループ治療を受ける。それぞれに好きな女性のタイプや性癖を語らせたり、性衝動を我慢する訓練をしたりと、それまでとは違うキャラで登場させ、いろんな顔の彼らを楽しむことができる。

  短編で綴るセクシャル・コメディーこそ、コメディアン出身で俳優・作家・監督でもあるジャン・デュダルジャンの真骨頂と言えるのかもしれない。日本では未公開だが、一人娘を殺された刑事役を演じたシリアスドラマでは、彼が放つ華やかなオーラは封印され、暗い感じであまりパッとしなかった。ジル・ルルーシュの方が役を選ばず様々なドラマで活躍できそうだ。二人のセクシーショットのオンパレードですが、肩の力を抜いて、笑って見てやってください。(河田 真喜子)

公式サイトはコチラ

(C) 2011 JD PROD, BLACK DYNAMITE FILMS, MARS FILMS, M6 FILMS, COOL INDUSTRIE